「#ピアノ調律 鎌倉」タグアーカイブ

学校のピアノ調律について

2021年、新年を迎えたら緊急事態宣言になってあれよあれよと気が付いたらもう月末。あっという間に一月が過ぎ去った。何をしていたんだろうと思い返すとまぁまぁ例年通りに忙しくなって来た。昨年の緊急事態宣言と違って学校は、お休みでは無いのでご家庭の生活リズムは、通常通りに刻まれている様で唯一リズムを乱しているのは、ご主人様や社会人のお子様がリモートワークで自宅に居る為に奥様の生活リズムが大いに乱されてストレス!ずっと食事つくってるわよ!とご機嫌ななめ(笑)!話がそれてしまったが、我々の仕事は、1月から3月にかけて学校調律の時期に入る訳です。今回は、今月に行った学校のピアノ調律について書き記したいと思います。

SNSが皆さんの生活に深く入り込んで誰もが情報の収集や遠く離れた見ず知らずの人達とも気軽にコンタクトが取れて知りたい情報を教えて貰ったり意見交換が出来たりと想像を超える便利な時代になった。昨日、ピアノ調律師のSNSで「学校のピアノは、どうして良くならないのか!皆さんの意見を聞かせて欲しい。」と問い掛けがあった。ピアノ調律師やピアニスト・ピアノ講師・ピアノ愛好家の集いなので色んな意見が交わされていますが、それぞれ年齢・経験や立場の違いによる意見の食い違いが有る様で私がそこに書き込んで変に誤解されて炎上するより、弊社ホームページに私の考えや経験や弊社の方針を書き述べた方が良いかなぁ~とこの時期にベストタイミングの問い掛けだと思った次第です。2015年2月9日にアップした「学校のピアノこわれてるんだよ!」に学校調律の問題点に少し触れていますが今回は、その問い掛けに多少沿う様な形でピアノの様子と作業内容などを書き記したいと思いました。一つ申し上げて置く事は、弊社は学校調律の入札には一切参加しておりません。さて昨年夏位からいくつかの公立学校よりピアノ調律のSOSの連絡を頂きました。内容は大方、「とにかくピアノがガタガタで音が直ぐに狂ってタッチや音色もひどいんです。一度見て頂けませんか?」といった内容で何か壊れて弾けないとかそういった事ではありませんでした。まぁ~よくある話なのでその時は、この酷暑の影響かな?なんて思っていました。

今年、1月に入り連絡を頂いた学校に順次お伺いする事になった。初めての学校で音楽室にグランドピアノ・音楽準備室にアップライトピアノ・体育館にグランドピアノを朝から一日掛けて作業をする事に。ここからは、専門的な用語が少し出てきて技術的な内容になります。専門用語ですから訳が分からない方もどうか勘弁して頂いて読み進んでその雰囲気をご理解ください。まず、朝9時30分よりアップライトピアノからの作業。納品されて6年程の真新しいピアノでピッチを測るとさほど下がっていないが全体的に緩んで随分だらしない音がしている。鍵盤は、カラがひどい・レットオフも大方10ミリ以上という事は、過去に整調は、全くされていないと予測出来るのでこの短時間で良い状態にする優先順位を決めてまずは、弦合わせ作業をして鍵盤カラ取りに入る次に下調律でピッチを上げた。簡単に鍵盤ならしとあがきを見て次にレットオフを全て合わせて調律を合わせて全体の整調を見て最後にペダルを合わせをして掃除。最後に試弾をするともの凄く良い感じに仕上がって満足満足・・・終了!。直ぐに隣の部屋のグランドピアノに取り掛かる。年式の浅い学校のピアノとは思えない綺麗なピアノですが、ピッチを測ると15セント下がっている。全く反応の無いタッチは、全く整調(機械の調整)を行っていない事が分かる。レットオフが中音部で8ミリほどドロップは、全く機能していない。ベッティングもパコパコ音がしている。「音楽教室でこんな新しいピアノでこれじゃ~可哀想だなぁ~!」と11時位から作業に入った。まずは、アクションを引き出して掃除してベッティングスクリューを合わせて打弦距離を合わせた。その状態で下調律でピッチを上げる。レットオフからドロップスクリューなど整調関係を調整して多少バラツキの有る弦合わせしてハンマーを整える。次に大まかに鍵盤ならし・あがきをみてバックチェックを合せる。そこで13時を回ったので急ぎ車に走り車内で昼食とお昼休みを20分取った。13時30分からまた作業に取り掛かり調律をして同時発音とざっと整音をして念入りにレペティションレバースプリングを調整している所に音楽専科の先生がいらっしゃった。「大丈夫ですか?こんなに時間かけて頂いて・・・」「いや、もう少しで終えます。まぁ~ビックリする位に変わりましたよ。でもまだやる事は沢山あるんですが、まだまだ良くなりますから少しづつやって行きましょう!」と言って作業を終えたのが15時40分位でした。

急ぎ体育館に行くが学校という所は、階段を上ったり下がったり廊下を延々歩いて重い鞄を持って意外に骨が折れる。早速、ピアノを触ると「おっ!ピッチは下がってないじゃん~ルンルン!」でもステックが数カ所あったので早速、修理して一連の作業工程で調律を始める。体育館は、湿度が高い上に使用頻度が少ないので意外に音は、狂わない。しかし湿気の具合で機械の動きが悪いとかハンマーがたっぷり湿気を吸って残念な音になってしまう。サクサクと作業を進めて中音部の一音に3本針を押し針で数カ所刺した。すると音にボリュームが出て太い音が含まれて遠くに音が飛んだ!「良い感じじゃ~ん!もうちょっと刺したろか!」と極寒の体育館で独り言をピアノに発して適所に数回針を刺した。「お~良いねぇ~良いじゃない~!完璧じゃ~ん~!」とピアノに語り掛けて「よしこれに合したろ~!」と凍える手で延々と楽しく整音作業を繰り返し繰り返し鼻をすすりながらやってると先程の音楽専科の先生がいらして「寒い中、ありがとうございます!もう、全然違う!凄い良い音になって嬉しいです!」と興奮気味にお話された。「こっちのピアノも相当良くなりますから楽しみにしていてください!」と言ってまた作業に没頭した。針を刺す度に開花する様に音が生き生きと蘇る様は、この上ない面白さ楽しさで、このピアノとの対話は調律師だけが経験出来る至福の時間です。ただ技術と経験が足りなくてピアノがへそを曲げて手に負えなくなった時は、地獄の時間となります。この歳になるとそうそう突飛な事も無くて調律前に比べるとボリュームも大きくなって遠くに音が飛んで行く感じで音の膨らみは肌理(きめ)が細かく尚且つ華やかで見違えるいや聞き違える感じのピアノに仕上がった。が時間は、18時30分を回っていて外は、真っ暗でことさら底冷えがした。ようやく一日の仕事が終えた。これだけの作業内容と時間を鑑みると通常では相当額の技術料を請求する事になるが、公立学校の調律代は、一般家庭の定期調律代より安価で請け負っている。それを考えると途端に足腰立たなくなって疲れがどっと押し寄せる。しかし大層に疲れはしたもののとっても楽しかったからまぁ~良いか(笑)?

学校のピアノは、とにかくひどいんだ!学校調律は、料金が安いから調律師が適当な仕事をしているからガタガタになるのは当然だ!とか学校の体質が悪いんだ!とか安いから新卒の経験の無い調律師が練習の為に出向いている。とか色んな立場の人が色んな事を責任を取らない安全な所から正論を吐くが、どれも当たらずとも遠からずと言った所でそれぞれに事情がある。学校側のピアノ調律に対する理解の問題や発注に関わる書類のやり取りなど長い年月のやり方を一変させる事は、公立学校の場合は、無理でしょう。また、安い料金に見合う仕事という事も理解できない訳ではありません。しかし弊社としては、私を探して指名してSOSの依頼をして頂いた公立学校に関しては、ボランティアだと思ってその場で出来うることを精一杯取り組む事にしています。そもそもSOS依頼は、学校側の事情では恐らくルール違反の苦肉の策であろうとお察しします。そこにも色んな事情、社会の事情が有るのですから、そこまでしてご依頼を頂いたのですからそれ相応の覚悟で仕事に取り組む事が社会人としての礼儀だと思っております。公立学校のピアノは、皆さんの税金で購入された大切なピアノです。ピアノ調律師として、いつも良い状態に保って使って頂きたいものです。料金的に全く採算が合わなくても公立学校の場合は、それで良いじゃないかな!なんてちょっと格好つけています。長年このピアノ業界で生きて来たからこそピアノの事でほんの少し社会に貢献出来た気になって調律師冥利に尽きて妙に善人になった気になっちゃう。何とも単純で愚かだなぁ~と笑えるが、それで皆丸く収まっていれば、そんなんで良いみたい(笑)!

 

2021年 あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、コロナウィルス騒動で世界中が大混乱の一年でした。老舗のお店や気心の知れた行きつけのレストランも廃業に追い込まれてしまい我々が経験をした事の無い一年を過ごす事になりました。音楽業界もコンサート・イベントなど壊滅的な状態で最近の感染者の増加でまた回復の兆しが閉ざされてしまいました。この令和3年は、普通の事を普通に過ごせる、ただそれだけの些細な事なのですが、一日も早くコロナウィルスの終息を希望を持って願うばかりです。そんな状況下でもステイホームなど家に居る事が増えた方がもう一度ピアノを始めたという良いニュースを耳にする嬉しい事も多々ありました。そんな中、昨年12月後半には、物凄く程度の良いというかビックリする程の素晴らしい2台のグランドピアノが入荷しました。まず今年は、これらのピアノを丁寧に調整を重ねて物凄く良い音と良いタッチに仕上げるという楽しいお仕事が待ってます。本当にピアノが大好きで大切に使って頂ける方にご縁があります様にと願っております。どうぞ皆様、本年も鎌倉ピアノ芸術社をよろしくお願い申し上げます。

 

鎌倉ピアノ芸術社 

代表取締役 梅根 恒紀 

 

2020年秋のお仕事の様子。

2020年10月は、キンモクセイの香りが例年になく強烈に漂って秋の気配が・・なんて思った途端、急に寒くなり慌てて暖房を入れた。近年秋をまったりと楽しむ風情が無くなったなぁ~とぼやきながらも10月からコンサートやレコーディングに加え婚礼など段々忙しくなってきました。そんな秋の近況や凄く感動したコンサートの様子を記事にしたいと思います。

9月に営業再開宣言をこのホームページで告知した途端に長いお付き合いのお客様から電話が相次いだ。「今年は、時期になっても電話が無いわ、どうされてるのかしら?と思ってホームページ見たらコロナで自粛していると分かったから、その内電話があるだろと思ってたんですよ!そうしたら、再開されたと書いてあったので電話しちゃったんですよ(笑)!特にうちは急がないから・・・何時でも良いですよ!」とお電話を頂くと嬉しくて直ぐ予定を決めてお伺いします。勿論、アルコール除菌の後にゴム手袋とマスクと慎重を期してお伺いして「あらら大変ですね~!そんなの良いのに(笑)」と言って頂きながら世間話に花が咲いてついつい長居をしてしまう。ありがたい事でこれって仕事なんだよなぁ~と楽しい一時を満喫している。そんな中、友人が家の立替えの間グランドピアノを預かって欲しい。ついでに綺麗にして新築に届けて欲しいと申し出があったので当然引き受けた。ただ、家が出来上がるのは1年以上先なんだそうだ。そんなに古いピアノでは無いのにサビと汚れと汚れと汚れ・・・ただただ汚いピアノで可哀想な状態。グランドピアノの保管は、通常ピアノの3本の脚とペダルを外して布団でぐるぐる巻きにして立てて保管するのが通例ですが弊社は、調律師のピアノ屋さんなので何時でも弾ける状態での保管をしております。保管スペースは、布団ぐるぐる巻きの3倍以上ですから他社では当然保管料は、通常の3倍以上と高く付きます。高価なグランドピアノを良い状態に保つには、梱包を解いて演奏できる状態で調律管理が何時でも出来る状態が自然です。弊社は、調律師の立場から全ての預かり保管ピアノは、通常の値段で梱包を解いて何時でも弾ける状態で保管しております。今回の友人のピアノも同じく梱包を開いて保管をするのですが1年以上もここに汚いピアノが有るのも他のピアノが全てピカピカなのに気持ち悪いから引き取って友人に断りも無く外装を綺麗にして倉庫に搬入。

これから一年かけて内部の調整をしながらビックリする位に良い音とタッチにしてあげようと思います。でも、あんまりのんびりしているとあっという間に一年経っちゃうから取敢えず毎月調律して弾きながら調整して物凄く良い音で良いタッチにして遊ぼうかなぁ~(笑)!そして来年沢山請求してやろ~と思ってます。ついでに新しい全塗装したピアノも倉庫に運び入れてやらなきゃいけない仕事は、山積み状態です。

8月のある日、音楽プロデューサー・キーボード奏者・作曲家・アレンジャーと世界的に活躍する現役ミュージシャン西脇辰弥さんから「10月に新たなコンサートを企画しているので調律をお願いします。」と連絡を頂いた。当日の内容は、ボーカルがAKANE LIV エレクトリックハープがSANAE  西脇辰弥PRESENTS「音の醸し人コンサート・世界は日の出を待っている~」ピアノは、ベーゼンドルファーのグランドピアノですと告げられた。直接の調律依頼に感謝しながらどんなコンサートになるんだろうと当日を待ち遠しく思ったが日々の慌ただしさに追われているとあっという間に時は過ぎて昨日がそのコンサートの日でした。

 

朝9時会場入りして調律の予定で11時からリハーサルと聞いていたので通常のコンサートと同じ感覚で会場を一人独占して集中してベーゼンドルファーの調律を楽しめると思っていたが、ほぼ全員が9時に会場入り。グランドハープの業者搬入から映像配信部隊のスタッフから音響スタッフのセッティングが同時進行。当日のタイムスケジュールを渡されると10時30分リハーサル開始と書いてあった。急ぎピッチ下げ調律を開始した。調律師にもよるだろうけれどピッチ上げよりピッチ下げの方が大変だと私は感じている。きっと大半の調律師も同じ意見だと思うが1時間30分で一流のピアニストが演奏して録音・配信に耐えうる状態に調律を仕上げる。この騒音の中。いや~まいったなぁ~と思えども時間は、刻々と過ぎて行く。タイムスケジュールでは、昼食休憩が12時から1時までとあるので修正は、そこでやれば良いなと気を楽に構えて楽しんで作業を無事終えた。リハーサルは、クラッシックコンサートと違って配線のチェックや雑音、音量や残響音と全体のバランスなど音響スタッフとの打ち合わせと確認作業が念入りに繰り返され、加えて撮影スタッフとの打ち合わせと大忙し。しかしプロ集団の集まりなのでそこは、肝は押さえて坦々と完璧に準備が進んだ。お昼休みに入ったのでピアノを再確認すると若干の修正はあったものの、さすがベーゼンドルファー音の保持は、惚れ惚れする良いピアノ。午後のリハーサルが始まるとボーカルのAKANE LIVさんは、表情豊かに美声を張り上げてとても魅力的だ!まだメイク前なのになんて美しく何でこんなに顔が小さいんだろう?そしてエレクトリックハープのSANAEさんも金髪でマスク姿だが何とも美しい。録音エンジニアに「ハープ奏者って何人も知ってる訳じゃないけど美女揃いだよね~!」と言うと「そうなんですよね(笑)!」するとSANAEさんが「え~凄いハードル上げられちゃってる(笑)!男性もいるんですよ!ヨーロッパは、男性の方が断然多いんですよ。」と教えてくれたがどう想像しても男が優雅にハープを演奏しても???増しては、太ったハゲてるおじさんがハープ奏者だったら?なんて、あんまりここに書き込むと色々と問題が起きそうだからこの辺にして置くが今回は、SANAEさんが優雅に演奏して美女揃いのコンサートで良かった!無事に準備も終えて後は、本番待ち。今回は、ソーシャルデスタンスでお客様の数も少なく少人数のコンサートでしたが開場の1時間30分前からお客様が雨の降る中お待ちになられていて、その人気ぶりを鑑みる事が出来た。本番が始まるとさすがプロの演奏と舞台進行、何より西脇氏のお話は、音楽への造詣の深さに笑いをちりばめてお客様を飽きさせない。そこにAKANE LIVさんの突っ込みが絶妙で笑いを招き、お客様全員が一音一句聞き逃さない。まぁ~全員熱烈なファンだから当然と言えば当然なんだけれど。AKANE LIVさんの歌は、流石プロで声量と音域の広さそして絶対に音程を外さない。出来そうで出来ないそこがプロ。そして美しくスタイルも良しとなれば申し分が無い、人気があるのがうなづける。そこに今回初めてエレクトリックハープが入り流石グランドハープとても演奏がゴージャスでピアノとハープだけとは思えない大迫力に圧倒された。中盤に西脇辰弥氏がハーモニカの演奏を披露した。ハーモニカと言うと僕的に昔のフォーク歌手がフォークギターをかき鳴らして雄叫びの様な下手なハーモニカを吹き鳴らすというか雑音の様なイメージしか残っていないがここで聞いたハーモニカは違っていた。哀愁漂う旋律に演奏者の思いを感情をそのまま音にくるんで、聞いている人の心を直接揺さぶる演奏と音色だった。あ~なんて良いんだろう!何とも言えぬ気持ちの良い演奏が心に深く刺さった!あ~ハーモニカがこんなに良いなんて!きっと如何なる楽器も優れた演奏者の手に掛かれば多くの人を感動させられるのだろう!素晴らしい体験だった!コロナ禍の最中、万全の注意を払って開かれたコンサート。音楽映像の配信も時代の流れなのでしょう。しかし生の演奏に敵う物は何も無いな!と改めて思った。西脇氏が奏でる僕が調律したピアノの音色に聞き入って「やっぱり俺って天才だな(笑)!」といつもより余計に天狗状態になって都内の大渋滞にはまっても上機嫌で帰宅した。