「#ピアノ調律 鎌倉」タグアーカイブ

2020年秋のお仕事の様子。

2020年10月は、キンモクセイの香りが例年になく強烈に漂って秋の気配が・・なんて思った途端、急に寒くなり慌てて暖房を入れた。近年秋をまったりと楽しむ風情が無くなったなぁ~とぼやきながらも10月からコンサートやレコーディングに加え婚礼など段々忙しくなってきました。そんな秋の近況や凄く感動したコンサートの様子を記事にしたいと思います。

9月に営業再開宣言をこのホームページで告知した途端に長いお付き合いのお客様から電話が相次いだ。「今年は、時期になっても電話が無いわ、どうされてるのかしら?と思ってホームページ見たらコロナで自粛していると分かったから、その内電話があるだろと思ってたんですよ!そうしたら、再開されたと書いてあったので電話しちゃったんですよ(笑)!特にうちは急がないから・・・何時でも良いですよ!」とお電話を頂くと嬉しくて直ぐ予定を決めてお伺いします。勿論、アルコール除菌の後にゴム手袋とマスクと慎重を期してお伺いして「あらら大変ですね~!そんなの良いのに(笑)」と言って頂きながら世間話に花が咲いてついつい長居をしてしまう。ありがたい事でこれって仕事なんだよなぁ~と楽しい一時を満喫している。そんな中、友人が家の立替えの間グランドピアノを預かって欲しい。ついでに綺麗にして新築に届けて欲しいと申し出があったので当然引き受けた。ただ、家が出来上がるのは1年以上先なんだそうだ。そんなに古いピアノでは無いのにサビと汚れと汚れと汚れ・・・ただただ汚いピアノで可哀想な状態。グランドピアノの保管は、通常ピアノの3本の脚とペダルを外して布団でぐるぐる巻きにして立てて保管するのが通例ですが弊社は、調律師のピアノ屋さんなので何時でも弾ける状態での保管をしております。保管スペースは、布団ぐるぐる巻きの3倍以上ですから他社では当然保管料は、通常の3倍以上と高く付きます。高価なグランドピアノを良い状態に保つには、梱包を解いて演奏できる状態で調律管理が何時でも出来る状態が自然です。弊社は、調律師の立場から全ての預かり保管ピアノは、通常の値段で梱包を解いて何時でも弾ける状態で保管しております。今回の友人のピアノも同じく梱包を開いて保管をするのですが1年以上もここに汚いピアノが有るのも他のピアノが全てピカピカなのに気持ち悪いから引き取って友人に断りも無く外装を綺麗にして倉庫に搬入。

これから一年かけて内部の調整をしながらビックリする位に良い音とタッチにしてあげようと思います。でも、あんまりのんびりしているとあっという間に一年経っちゃうから取敢えず毎月調律して弾きながら調整して物凄く良い音で良いタッチにして遊ぼうかなぁ~(笑)!そして来年沢山請求してやろ~と思ってます。ついでに新しい全塗装したピアノも倉庫に運び入れてやらなきゃいけない仕事は、山積み状態です。

8月のある日、音楽プロデューサー・キーボード奏者・作曲家・アレンジャーと世界的に活躍する現役ミュージシャン西脇辰弥さんから「10月に新たなコンサートを企画しているので調律をお願いします。」と連絡を頂いた。当日の内容は、ボーカルがAKANE LIV エレクトリックハープがSANAE  西脇辰弥PRESENTS「音の醸し人コンサート・世界は日の出を待っている~」ピアノは、ベーゼンドルファーのグランドピアノですと告げられた。直接の調律依頼に感謝しながらどんなコンサートになるんだろうと当日を待ち遠しく思ったが日々の慌ただしさに追われているとあっという間に時は過ぎて昨日がそのコンサートの日でした。

 

朝9時会場入りして調律の予定で11時からリハーサルと聞いていたので通常のコンサートと同じ感覚で会場を一人独占して集中してベーゼンドルファーの調律を楽しめると思っていたが、ほぼ全員が9時に会場入り。グランドハープの業者搬入から映像配信部隊のスタッフから音響スタッフのセッティングが同時進行。当日のタイムスケジュールを渡されると10時30分リハーサル開始と書いてあった。急ぎピッチ下げ調律を開始した。調律師にもよるだろうけれどピッチ上げよりピッチ下げの方が大変だと私は感じている。きっと大半の調律師も同じ意見だと思うが1時間30分で一流のピアニストが演奏して録音・配信に耐えうる状態に調律を仕上げる。この騒音の中。いや~まいったなぁ~と思えども時間は、刻々と過ぎて行く。タイムスケジュールでは、昼食休憩が12時から1時までとあるので修正は、そこでやれば良いなと気を楽に構えて楽しんで作業を無事終えた。リハーサルは、クラッシックコンサートと違って配線のチェックや雑音、音量や残響音と全体のバランスなど音響スタッフとの打ち合わせと確認作業が念入りに繰り返され、加えて撮影スタッフとの打ち合わせと大忙し。しかしプロ集団の集まりなのでそこは、肝は押さえて坦々と完璧に準備が進んだ。お昼休みに入ったのでピアノを再確認すると若干の修正はあったものの、さすがベーゼンドルファー音の保持は、惚れ惚れする良いピアノ。午後のリハーサルが始まるとボーカルのAKANE LIVさんは、表情豊かに美声を張り上げてとても魅力的だ!まだメイク前なのになんて美しく何でこんなに顔が小さいんだろう?そしてエレクトリックハープのSANAEさんも金髪でマスク姿だが何とも美しい。録音エンジニアに「ハープ奏者って何人も知ってる訳じゃないけど美女揃いだよね~!」と言うと「そうなんですよね(笑)!」するとSANAEさんが「え~凄いハードル上げられちゃってる(笑)!男性もいるんですよ!ヨーロッパは、男性の方が断然多いんですよ。」と教えてくれたがどう想像しても男が優雅にハープを演奏しても???増しては、太ったハゲてるおじさんがハープ奏者だったら?なんて、あんまりここに書き込むと色々と問題が起きそうだからこの辺にして置くが今回は、SANAEさんが優雅に演奏して美女揃いのコンサートで良かった!無事に準備も終えて後は、本番待ち。今回は、ソーシャルデスタンスでお客様の数も少なく少人数のコンサートでしたが開場の1時間30分前からお客様が雨の降る中お待ちになられていて、その人気ぶりを鑑みる事が出来た。本番が始まるとさすがプロの演奏と舞台進行、何より西脇氏のお話は、音楽への造詣の深さに笑いをちりばめてお客様を飽きさせない。そこにAKANE LIVさんの突っ込みが絶妙で笑いを招き、お客様全員が一音一句聞き逃さない。まぁ~全員熱烈なファンだから当然と言えば当然なんだけれど。AKANE LIVさんの歌は、流石プロで声量と音域の広さそして絶対に音程を外さない。出来そうで出来ないそこがプロ。そして美しくスタイルも良しとなれば申し分が無い、人気があるのがうなづける。そこに今回初めてエレクトリックハープが入り流石グランドハープとても演奏がゴージャスでピアノとハープだけとは思えない大迫力に圧倒された。中盤に西脇辰弥氏がハーモニカの演奏を披露した。ハーモニカと言うと僕的に昔のフォーク歌手がフォークギターをかき鳴らして雄叫びの様な下手なハーモニカを吹き鳴らすというか雑音の様なイメージしか残っていないがここで聞いたハーモニカは違っていた。哀愁漂う旋律に演奏者の思いを感情をそのまま音にくるんで、聞いている人の心を直接揺さぶる演奏と音色だった。あ~なんて良いんだろう!何とも言えぬ気持ちの良い演奏が心に深く刺さった!あ~ハーモニカがこんなに良いなんて!きっと如何なる楽器も優れた演奏者の手に掛かれば多くの人を感動させられるのだろう!素晴らしい体験だった!コロナ禍の最中、万全の注意を払って開かれたコンサート。音楽映像の配信も時代の流れなのでしょう。しかし生の演奏に敵う物は何も無いな!と改めて思った。西脇氏が奏でる僕が調律したピアノの音色に聞き入って「やっぱり俺って天才だな(笑)!」といつもより余計に天狗状態になって都内の大渋滞にはまっても上機嫌で帰宅した。

 

 

 

営業自粛の様子NO.2

2020年7月は、梅雨前線の影響で熊本県南部を中心に今までに無い記録的豪雨による被害が発生した。この前線の影響は、岐阜県やその他の地域にも及んで多数の死者や行方不明者・浸水被害に土砂災害と未だ予断を許さない。この災害によりお亡くなりになられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げると共に被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。弊社は、微力ではありますが、各地の異業種の仲間達と力を合わせて活動の支援を行ってまいります。さて今回は、前回の続きで自粛中の様子を記事にしたいと思います。

ゴールデンウィークも自粛であっと言う間に過ぎて5月9日を迎え営業自粛宣言が終了した。しかし何だか世間の様子からしてお客様宅に電話を入れるにはちょっと気が引けて躊躇しているとお客様の方から続々と電話が入った。「ホームページで休業しているのを知っていたのでお電話するのもどうかなと思っていたんです。もう再開されましたか?」と「ホームページ見て頂いてありがとうございます。弊社もアルコール除菌の後にゴム手袋とマスクをしてお客様宅にお伺いする事にしておりますが、もしそれでよろしければ是非お伺いさせて下さい。」そんなやり取りしてご連絡頂いたお客様から徐々に仕事を再開する事にしました。そんな折にホームページからのお問い合わせで新規のお客様からの申込み重なりお伺いすると「在宅勤務で時間が出来たというより少しゆとりが出来てまたピアノを始めたいなと思って」また別のお客様は「またピアノを始めたいんですが近所に聞かれるのが恥ずかしくて消音ピアノユニット(サイレントピアノユニット)を取り付けて頂きたいんです。」または、以前私がお伺いしていたお客様で「ご無沙汰しております。またピアノを始めたので調律をお願いします。」などなど休業明けにお客様からのお電話やメールに私も徐々にエンジンが掛かって来て弊社はすんなり再開する事が出来ました。その新規のお客様の中に関西のご実家からアップライトピアノを運んで使える様にして欲しいとのご依頼があった。運んでいざピアノを見るとYAMAHA U3H。長年調律を行っていないので相当に音が下がっている。フレンジーコードは、想像通り沢山切れている。88鍵分全てのフレンジコードを交換して整調・整音・調律をする事にした。十分に休息は取ったので有り余るエネルギーで仕事がはかどるはかどる。やっぱり仕事は、良い物です。何よりどんどんピアノが蘇ってくると楽しくてならない。

休業中も弊社商品倉庫でピアノの入れ替えに伴い在庫ピアノの手入れや保管ピアノの出荷と完全に休業とは行かなく「今日出来る事は、今日やる!」の意気込みでモチベーションを保った。体をいたわりながらゆったりと休みを取り入れて仕事をこなしているとミスも無く意外に早く仕上がる。今までの集中して一気に短時間で仕上げる方法とトータル的には大きな時間の差は無い事に気づいた(笑)。性格なんでしょうね、集中すると終わるまで止めたくない性格。しかしゆっくりと取り組むと作業が進む毎に片づけをしながら掃除をしながらまた作業を進めるとかえって効率が良く気分も良く何より体が楽!この歳になるまで何やってたんだろう!とちょっと凹んだが、これも休業して時間のゆとりが出来て気持ちの上で見つめ直す良いきっかけとなった。

別の新期のお客様宅では、調律した後で「消音ピアノユニット取り付けて頂けますか?」と、ありがたい注文を頂いた。このユニットの取り付けについては、本ホームページの記事の中で何度となく取り上げていますが、どうやらお客様は、ちゃんと記事をお読みになっているらしく一日掛かりの仕事になりますがと申し上げると「その様ですね宜しくお願いします。」と十分に下調べをされてからのご依頼であった。ありがたい事にこの様なご依頼で立て続けに消音ピアノユニットの取り付けの仕事が続いた。また、「連絡しようしようと思いながらついつい忙しくて先送りになってしまって(笑)。」そんなお客様が多数これを機に電話くださって何年ぶりの再会と成ったりと休業明けの仕事は、想像と相反して忙しくなった。しかし申し訳ございませんが、3月から6月の調律予定のお客様に置かれましては、ちょっと予定が遅れて混乱しております。まだまだコロナウィルス騒動は、収まっておりませんので徐々にご連絡を差し上げまして感染防止のご了解を頂けましたらお伺いさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。今回の騒動で私も色んな会議は、全てZOOMインターネット会議になった。年齢が年齢なので会議となると多少の発言をする機会もある?いやどちらかと言えば発言は多い方ですが(笑)、ネット会議となると何だか噛み合いが薄れて空気感が読めずに発言する気持ちが起きてこない!これから世の中、どんどん在宅ワークに打ち合わせや会議はネットに移行するようですが、本当にそれで良いのかな?もちろん全てがそうなる訳では無いでしょうが、世の中の仕組みは、その方向性にシフトして行くのでしょう。最近お伺いしたお客様達皆さん口を揃えて「主人が毎日家で仕事しているともう大変なんですよ!」「朝・昼・晩3食、食事作らなきゃいけないし子供が居るのは良いんだけど早く会社に行って欲しいわ(笑)!」と段々エキサイトして来て「仕事しているとか言って覗いてみるとYouTube見てたりしてるんですよ(笑)」と「まぁまぁ、たまたま休憩してたんでしょう(笑)」と言うと「ほとんど休憩なのよ(笑)!」とお互い他愛無い話や美味しい物の話で盛り上がって「今日は楽しかったわ!久しぶりに大笑いしたわ!」と言って頂いた。ふと、僕も休業中は、そう思われていたのかな?いや休業中、家に居る時はお昼の支度は、豪華に全て僕が作ったし率先して食材の買い出しは行ったしなぁ~?と考え直した(笑)!次に自粛要請があった時は、晩御飯も作らなきゃならないかな?

休業宣言の最中に!

コロナウィルスの影響で4月9日より休業を宣言して早3週間。いよいよゴールデンウィーク突入。ニュースで鎌倉や江の島界隈の大渋滞が報道されると私の自宅町内では、早朝から「鎌倉には、お出かけにならない様に!」と不要不急の外出を自制する呼びかけ放送が鳴り響く。暖かく気持ちの良い晴天に誰もが活動的になるこの時期の自粛要請は、かなりのストレスが溜まる事でしょう。そんな休業を余儀なくされたこの頃の様子とふと思い出した昔のお話を今回は、記事にします。

不要不急と言えども食料の買い出しはしなくては、飢え死にしてしまうのでいそいそとスーパーや商店街に買い出しに出掛ける。すれ違う人、通りを歩く人、車を運転している人、目に入る人ほぼ全員がマスクをしている。もうその異様とも言える光景が事態の深刻さを表している。若いお姉さんや昔若かった女性も顔の半分は、自然とマスクに隠れる。もう綺麗なのかそうで無いのかすら判断出来ない。男に関しても怪しげな人なのか危ない人なのか判断出来ない。「緊急事態宣言てこういった意味も含まれてるんだなぁ~(笑)!」とくだらない事をつぶやくと横で妻が呆れたを通り越した冷ややかな目でちらっと見た。あ~ストレスが溜まって来ているんだなぁ~と良い様に解釈する(笑)。ニュースで海外の様子が映し出されると海外でも行き交う人皆がマスクを着用している。もう世界中の人間が全員マスクしているんだ!これから人類は、マスクするのが当たりまえになるのかなぁ~。もう一生みんなで半分顔隠すともう誰が誰だか分んなくなっちゃうなぁ~!これは一大事だ!なんてまたまたくだらない事を考えたが、今度は、叱られそうなので口にするのをグッと堪えて真摯に一日も早い事態の終息を心から願った。

1カ月間、仕事を休んだのは、今から25年位前だったかなぁ~!33Kgの愛犬を抱っこして自宅階段を踏み外して左足を骨折した時以来である。その時は、左足にギブスで松葉杖なのでピアノ調律をしようにも出来ない状態。覚悟を決めて療養に専念して安静にしていた。それでも世間は、通常通りの経済活動なので横になっていても電話は、鳴るわちょっと来てくださいなんて事もあって左足骨折だったので車を運転して行くとお客様が驚かれて数年経っても「あの時、梅根さん松葉杖で片方革靴で片方サンダルでしたね~(笑)。あんな時にいらして頂いて申し訳なかったです!」と笑い話になる。その時期、お休みしている時に携帯が鳴った。「横浜の○○区の○○です。梅根さんですか?」当時、6年程のお付き合いのお客様でした。最初にお伺いした時は、親戚に譲って頂いたKAWAIのピアノで購入して1回しか調律していない為にピッチが全音下がっているひどい状態での作業でした。古い日本建築の大きな家で玄関を入ってすぐの和室にピアノがあり障子の向こうに一面芝生の広い庭と大きな木が印象的な落ち着いた雰囲気の家。記憶が定かでは無いが4時間位かけて正常の音の高さに上げて弾ける状態にしたというのが最初の出会いでした。調律をするとかなり良い音になったが15年程放置されたピアノで1回しか調律してない言わば寝たきりの人を叩き起こしてさぁ~全速力で走りましょう!なんて訳には行かないのと同じで次の調律までには、又随分音は下がるだろうとそんな感じの説明を丁寧にお客様にすると「折角、縁があってこの家に来たピアノですからこれからは、ちゃんとしてあげたいんです。」と仰った。息子一人と娘二人の三人のお子さんを持つご家庭で全員がピアノを習い始めていました。ある年、調律の時期になってお電話差し上げても誰も電話に出られないのでどうしたのかなと思いながら、確か3カ月程、時期が過ぎていました。携帯で「はい、梅根です。お世話になっております。お元気で居らっしゃいますか?調律のご連絡を何度も差し上げたんですがどなたも電話に出られないのでどうされたのかな~?と思っていた所でした。」と申し上げると「そうだと思って、ごめんなさいね!私、今入院していて子供達は、実家に預けているんです。」「そういえば昨年もちょっと調子が良くないとおっしゃっていましたから、ちょっと心配していたんですよ!」と申し上げると「よく覚えていてくださいましたね。昨年から入退院を繰り返しているんです。それで今は、自宅に誰も居ないし調律をお願い出来ない状態なんです。ピアノ大丈夫でしょうか?」「ちゃんと毎年調律しているので大丈夫ですよ!退院されて落ち着かれたらお電話ください直ぐにお伺いしますよ。そんな事よりもお体お大事になさってください。」「今年の調律は、そういった事情で無理ですが来年の調律の時期にお電話くださる?これからもずっと毎年の調律宜しくお願いします。」と病床からいつもと違う、か細い声でこれからも毎年の調律宜しくお願いします、の言葉が良くない状況を察知させて僕の心に深く刻まれた。翌年の調律の時期にお電話するとご主人様が電話に出られてあの電話を頂いて間も無くお亡くなりになられた事を知らされた。その後、弾く機会を著しく失ったピアノですが、「妻が病院からそんな電話をしていたんですね。」とご主人様も奥様の気持ちに応えて毎年の調律を続けていらっしゃる。私もその思いに応えて丁寧に繊細に毎年の調律作業をさせて頂いて何時でも良い音で良いタッチで弾けるとても状態の良いピアノに仕上がっている。昨年、お伺いした折に次女に女の子が生まれた事を聞かされて「数年したらお孫さんがピアノをつかってくれますね!」と言うと「そうだと嬉しいですね(笑)!」とご主人様が仏壇の遺影写真に微笑みかける様子に僕の心がきしんだ!1台のピアノを通じてなんて素晴らしいお客様と知り合えたんだろう。この仕事をしていて本当に良かったと思える瞬間でした。そんな出来事を思い出して悦に入っているとあの買い出しに出掛けた時の妻の冷やかな顔がよぎった!あ~改めて一日も早いコロナウィルスの終息を心の底から望んだ!