「#ピアノ販売 中古ピアノ 中古グランドピアノ 横浜 鎌倉 神奈川」タグアーカイブ

1月2月のちょっと嬉しかった事!

2024年2月6日には、鎌倉にも雪が積もり一面冬景色。と思いきやここ数日は、季節外れの暖かさ。いったい近頃の地球はどうなっているんだ何て考えを巡らせても老いぼれ調律師には、気象の事などさっぱりと分からない。しかし、その暖かさに助けられ気持ちよく仕事に取り組めた1月2月の様子やちょっと嬉しかった出来事を書き記したいと思います。

毎年この時期にピアノ調律師のSNSで話題になるのが学校のピアノについてです。大方、卒業式前というか年度末のこの時期に一斉に学校調律が集中する。弊社の場合は、指名調律以外はやらない事にしているがそれでも結構な数になる。現に今年令和6年最初の仕事は、公立小学校の調律からスタートでした。この時期の学校は特に体育館は、寒さとの戦いで全身防寒対策の格好で行くのですが今年は何だかとっても暖かくてそこそこの防寒着で事足りてとっても身動きが楽なので軽快に作業が出来た。特に横浜市は、予算が潤沢にあるのか兎に角ピアノが新しくてとっても良い。しかし如何せん学校ですから扱いが雑でホコリと傷と湿気でコンディションは悪い。ピアノを何時でも良い状態に長く保つには、年に1回の調律では、とても足りない。残念ながら維持管理費には、潤沢な予算は割り当てられない様で本来は、公共事業入札制度で業者を決めると云う一見公正な方法で仕事が発注されるがピアノ調律・保守点検では、入札金額が安くなりすぎて安かろう悪かろう、いや安かろう酷かろうになっているのが現実です。この安かろう酷かろうがこの時期、調律師のSNS上で騒ぎになる訳ですがそろそろネタが尽きたのか毎年同じ人が同じ様な内容のぼやきを繰り返すだけで何ら進展が無いので昨年あたりからトーンが下がり盛り上がりに欠けている(笑)。レベルの高いしっかりした音楽専科の先生がいらっしゃる学校では入札業者では無く弊社の様な専門業者に指名調律を依頼をしてピアノを良い状態に保たれている学校もあります。弊社も毎回一台一台に良い音が奏でられるまで十分に時間を掛けて採算度外視で作業をする。調律師として駆け出しの若い頃は、会社の諸事情もあってそうも言ってらなかったが熟年調律師になった今となれば色んな意味でゆとりやおおらかさが少しだけ身について子供たちの教育の為にいや誰しもがお世話になった学校への恩返しのボランティア精神で取り組んでいます。お陰様で音楽専科の先生達には、とっても喜んで頂けてる・・・・と勝手に思ってます。

そんな中、長年お伺いしている高等学校でちょっとビックリした事があった。今年も依頼を受けてお伺いするとピアノの状態が驚くほど良く近々で誰かが調律やったのかな?と思うくらい狂いも少なく状態が良かった。昨年に音楽専科の先生が転任されて来てピアノの管理方法など色んなお話をしたことを覚えている。元々ファゴット奏者である先生ですからあのデリケートな楽器の取り扱いをされているので楽器に対する神経の使い方が自然と板についていらっしゃる。今年お伺いすると各ピアノには、「ピアノに朝日が当たるのでしっかりカーテンを隅まで閉めてください」などと各ピアノに指示ポスターが貼ってある。どのピアノも丁寧に扱われていてこちらの先生は、きっと生徒達にとても質の高い音楽教育をされているのだろうと想像できた。実際にグランド2台にアップライト1台、合計3台のピアノどれもとっても綺麗でコンデションも良い事が全てを物語っていた。ここの生徒達は、生涯自然と物を大切に扱う大人になるんだろうなぁ~とあのポスターを見て教育の根幹を垣間見た気がした。採算度外視で作業を続けて来た事が報われた様な気がしてとっても嬉しかった。

そんな中、いつもの鎌倉のお寺から調律の依頼が。「いつもお世話になっております。鍵盤の戻りが遅い鍵盤がいくつかあるので急ぎ調律をお願いします。今は、お二人のピアニストが毎月演奏されていますのでもう少し良い状態に出来ないでしょうか?」と「もう完全オーバーホールをしなければどうにもならない位に弾き潰されていますからね~。」すると「大掛かりな修理の予算はありませんので以前言われていた弾き潰れたハンマーを削って綺麗にする方法で良くならないでしょうか?多少であれば予算が掛かっても大丈夫です。」「承知しました、ただ天気の良い日にしか出来ないので日程は、お天気次第で(笑)」と言って日程を決めた。というのも本堂に設置されているピアノですからハンマーを削る作業は、外でやる必要があります。常時観光客から参拝者が出入りされるのであのフェルトの毛羽を本堂に巻き散らすわけには行きません。まぁ~そんな事すると当然の様に罰が当たりそう!そんな志が叶って当日は、晴天でとっても暖かく本堂には、暖房が効いていて極楽の様な快適な環境。

昔、寄贈されたこのピアノは、前の持ち主の時に2度ほどハンマーファイリングをした事が分かる。残念ながらとっても歪に削られている上に弾き潰して打弦点は、中音部で12ミリ位の打弦面に潰れておりこれを丸く削るのは至難の業、かなり慎重に神経を使って削る必要ある。ファイリングの為にアクション(ピアノ機械部分)をお寺の中庭の渡り廊下に設置した。池の向こうには、お堂が見えてその小窓から仏様が見える。何とも言えぬ景色に心が洗われる気がする。暖かい日差しの中、このピアノにとっては、最後のファイリング。慎重にと書き込んだが手慣れた作業なのであっという間に終わった。しかしファイリングは、これからが時間が掛かる。弦合わせに同時発音に整音、整調と暖房の効いた本堂で参拝客や観光客に作業を覗き見られながら黙々と作業を進めた。その昔このお寺で関西のおばちゃん観光客に話しかけられピアノを弾かされた事がありましたが、今回も多くの人がピアノの近くまでいらしたが、誰一人として話しかけられる事はありませんでした。それだけ真剣に集中して見えたのでしょうか?たまたま大阪のおばちゃん達が居なかったのでしょうか?昼から始めた作業も全て終えると6時を大きく回っていた。ピアノは、激変して弾きやすく音色も豊かになり満足のいく仕上がり。暖かく快適な作業も休憩なしの作業とくれば相当に気力体力を消耗する。仕上がり上々のピアノを前にして「案外俺もまだまだ行けそうだな。」何てそんな気になった。これも仏様のご利益なのかな?とっても良い一日だった。

 

 

粗悪品と極上品、ピアノの話

令和6年1月あっという間に過ぎあと10日あまり。お正月の地震による混乱は、未だライフラインも確保できていない所が沢山あると報道で聞き及んでおります。この地震によりお亡くなりになられた方々に対し、心よりご冥福をお祈りすると共に極寒の中、被災した方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。さて昨年後半からの忙しさをそのままにホームページのアップも出来なくてご心配をお掛けして誠に申し訳ございません。今年に入ってお客様より「お元気なの?お忙しいのかしら?」とお仕事の依頼の電話が鳴り続いています。予定が遅れてご迷惑おかけしておりますが順次対応しております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。そんな言い訳を今回はさらっと記事にしようかなと思ったのですがちょっと粗悪なピアノに出会っちゃったのでそれも付け加えて手短に書き記したいと思います。

昨年、夜の11時位にピアニストの先生から携帯に電話が入る「○○です~!今日ね、弦がまた切れちゃったのね。それと裏のお宅のピアノの調子が悪いらしいのね。ついでに見て貰えるかしら。」「はい、良いですよ!切れたのは、高い方低い方?」と聞くと「高い方でちょっと前から切れてたんだけど今日また切れたら全く音が出なくなっちゃったのよ~今からでもいいわよ(笑)。」「え~(笑)。裏のお宅のピアノはどんな具合なんですか?」「良く解らないわ~なんか毎年調律してるんだけど調子が悪いって言うから私の調律師さん紹介するから大丈夫よ!と言ったのよ~。ところで先日のあなたのFBで「くびゆら」ていうの買った手書いてあったけれどどう?効くの?私も首が凝って凝って大変なのよ~どうかしら」などと何時もの感じで夜中にしばし世間話で大笑いした。後日、日を改めて裏のお宅に調律に行くと弾くと幾つかの鍵盤がカチカチと音がしている。ピアノのメーカーを見て直ぐに悪い所が分かった。そんなに古いピアノじゃないが膠(にかわ)切れ。いわば昔の接着剤の接着が剥がれちゃったて云う様な症状なのですがこのピアノの場合は、ちょっと事情が違う。生産効率を上げるために通常のメーカーでは絶対にやらない方法を使っている。写真の解説をするとハンマーシャンク(丸い棒)の先が鉛筆削りで削った様になっている。それだと接着面が少なくて数年で直ぐにカチカチ音がし出してこの様に簡単に取れてしまう。工場で製作する時は、効率が良く綺麗に仕上がるのでしょう・・・きっと。ほとんどのピアノ調律師は、この箇所が取れる経験は皆無というかここは、取れないのが当たり前。上のハンマーの取り付け箇所は、調律師さんは、度々経験されていると思います。よって本来ならば歪に削られた丸い棒を全て交換するのが安心な修理方法なのですがそれには、かなりの金額と手間が掛かるのでお客様と相談の上、お金の掛からない方法で修理してまた症状が出たらその都度修理するというか毎年の定期調律で少しづつ修理して行きましょうとなった。このメーカーのピアノは、過去にかなりの台数のクレーム処理をした経験があるので大方このピアノの事は、知り尽くしているつもりでいます。世の中には、沢山のメーカー製作した多くのピアノが存在する。今では、中国・東南アジアのピアノメーカーから色んなブランドのピアノが販売されています。それぞれ個性というか特性がある訳ですからして我々も絶えず情報収集を怠ってはなりません。何時まで経っても幾つになっても人間、日々勉強・勉強なんですね!

 

そんな中、昨年12月早々に弊社の在庫ピアノのオーバーホールで全解体で弦を取り外してなんて作業を始めた所で立て続けにグランドピアノの買い取りが発生した。声楽家の先生がご高齢の為にピアノを処分される事に。以前と言っても17年前の12月に先生宅に私が収めたピアノ。浜松の工場にグランドピアノを選び(選定)に行った正に当たりピアノです。当時、イタリア製の響板を使用したモデルで福与かで尚、華やいだ伸びのある良い音のピアノです。全く傷一つない丁寧に使われたピアノを買い戻した訳です。そうこうしていると数日後にグランドピアノの買い取りの話。同じく17年前の春にお届けしたShigeruKawaiです。とっても裕福なご家庭のお嬢様の為のピアノで同じく工場で選定をするに当たってShigeruKawaiの当時の仕上げ担当の友人に直接電話して希望を伝えて数台仕上げて貰った物の中から1台を選んでお届けしたピアノです。しかしお嬢さんは、早々とピアノの方は、諦めて殆ど弾かれなかったピアノ。欠かさず毎年、私が定期調律をして管理していたので正に新品の様な状態で消耗部分なんて全く無しといっても過言じゃない珍しいピアノ。数年前コロナ騒動の前年に同じく私のお客様からほとんど手つかずのShigeruKawaiを買い取った。その折に「ShigeruKawai買い取ったから入ったら見に来いよ!」と嬉しくて友人にポロッと話すと「それってお前が売った物なの?」「そうだよ!全く使ってないんだよ(笑)!」と嬉しそうに言うと「それ買う!もう買うわ!奥さんに」と言って弊社の倉庫に入る前に売れてしまったという出来事があった。今回の2台のピアノは、内外装も含めそんじょそこらには無いコンディション最高のピアノですからこれから色々と調律したり調整を繰り返したりして手元に置いておくことにします。そして私がこの方に使って欲しいと思う方が現れたらお譲りする事にします(笑)。殿様商売なんだから~とか言われると思いますが私が選んだピアノですからこの先もずっと触って行きたいんですよね~(笑)。それにコンディションの良いしかも身元の分かってる中古ピアノなんてそうそうありませんから。そうそう売りたくなくなっちゃうんですよね~(笑)。年を取ってただ単に我儘な頑固な調律師になっちゃって「ごめんねごめんね~!」て感じかな!