「#神奈川ピアノ調律#ピアノ調律横浜#グランドピアノ調律神奈川#ピアノ調律関東」タグアーカイブ

コロナウィルスに怯えながら!

今年の冬は、異常な位の暖冬で順調な新年のスタートをしたと思いきやコロナウィルス騒動。弊社にも少し先のコンサートとイベントの中止の連絡がありました。主催者や会場関係者は、断腸の思いの決断でしょう。一日も早い事態の収束を心から願います。そしてこの夏には、いよいよ東京オリンピック。これまた、交通規制などの関係からこの夏の物流を一時ストップするなどの連絡がチラホラ。早めに受注してくださいと言われてもちょっと困惑している最中。2020年日本は、大丈夫かなぁ~とちょっと心配になっている今日この頃の様子を記事にしたいと思います。

2月3月は、学校関係の調律・保守点検の時期になる。以前の記事にも書きましたが入札で行われる調律には、大いに問題があり湿度や温度管理の全くなされていない埃だらけで雑に扱われる学校のピアノの仕事は、普通のピアノとは、ちょっと違った想像を超えたトラブルがある。それ故に結構真剣に取り組まなければならないのですが入札制度での低金額では、しっかりとした仕事は、出来ない・・・そんな低価格入札競争の結果、学校のピアノが酷い結果になっている。弊社は、この入札に一切参加していない事をここで付け加えておきます。ただ、今年は暖かいが体育館は、関係なく指先の感覚が無くなるほど寒い!

倉庫にピアノが続々と入荷している。まぁ~売れれば無くなるので当然補填入荷するのだが、入荷すると又それを商品に仕上げなくてはならないので数台を並行して作業していく。ただし、最終調整は、一台一台の作業となるのでとにかく時間が掛かるがどんどん音が良くなって行く様子は、楽しくてたまらない!その入荷ですが昨年調律師協会の仲間から見せられた資料によるとピアノ業界の最盛期には、年間およそ40万台の生産を誇った日本が現在4万台弱の生産。最盛期の10分の一になっている。鍵盤楽器販売の大半が電子ピアノに代わってしまっている。それも需要に応えた結果そして時代なんでしょう。その反面、年間8万台以上の中古ピアノが日本から海外に輸出されているとあった。それぞれの数字が正しいのかは、裏付けをしていないので定かではありませんが私の知る大手買い取り業者の話によると月4000台国内から買い取って輸出をしていると数年前に聞いて現場を見て来た。その会社だけで年間48.000台の輸出になる訳ですから日本全体で年間8万台と云うのは、あながち大げさでは無い事が伺える。その弊害としてマスコミ広告やネットを利用しての買取合戦は、当然価格の一番高い所にお客様は、買い取って頂く。買取価格の高騰です。その弊害として日本国内の中古ピアノ価格は、高騰してつまり販売価格は、ひと頃の中古ピアノの倍以上になってしまった。中国市場は、その人口の多さによる需要と抜群の日本製信仰により中国業者の購入価格もどんどん上がってより高級で高いピアノに移行してきた。中国の方々の子供教育の熱心さとその豊かさが垣間見れる。この調子で行くともう数年の内に日本から良いピアノが無くなって行く事になる。

この様な話を調律にお伺いした折にお話ししていると過去に弊社で販売したお客様よりピアノを買い取って欲しいと電話が入る。話を聞くとそれぞれに色んな事情があって手放す決断をされています。ありがたい事に皆さん口を揃えて「このピアノを知らない方に手放すより長年お世話になった鎌倉ピアノ芸術社さんに引き取って頂いた方が安心だから」と仰って頂ける。ありがたい話です。当時からメーカーの倉庫にピアノを選びに行ったりした当たりピアノばかりなのでピアノの事は、もとよりお客様宅の様子からご家族の様子まで全て承知していますのでこちらも安心。ネットの普及も入札も時代の流れには、逆らえませんがやはり人と人との繋がり、お付き合いには適いません。今年も良いピアノが続々と入荷して仕事に追われて嬉しい悲鳴です。さて来月には毎年の事ですが横浜市の中学校で職業講話が始まります。いつも生徒達へのメッセージは、「好きな事を仕事にする事が一番の幸せです。一番好きな事を見つけてけてください。」この言葉通りに私の仕事は、一番好きなピアノの仕事です。調律に修理に販売と好きなピアノといっても仕事内容は、幅広い。そして沢山のお客様に支えられて今があります。もっとピアノの素晴らしさや芸術性・奥の深い所を多くの皆様にお伝えしたい!そんな気持ちが沸々と湧いて来て2020年がんばるぞ~!といってもコロナウィルス大丈夫かなぁ~?人混みは、ちょっと避けようっと!

2020年、あけましておめでとうございます。

令和2年。あけましておめでとうございます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

昨年もピアノと共に一年を存分に過ごし新たな発見やチャレンジがありました。もうそんなに精力的に過ごすつもりは無かったのに慌ただしくあっと言う間に一年が過ぎ去って行きました。このホームページもお客様から「最近アップ少ないですよ!」「まだですか楽しみにしているんですよ!毎週アップして貰っても良いのに(笑)。」などなど強烈な要望を受け、このつたなく長いブログを楽しみにしている皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいですがさすがに毎週は、無理です(笑)。幸いな事に次から次へとやらなければ成らない仕事の目白押しで昨年の年初においては、ドイツ製アップライト「シードマイヤー」と「ベヒシュタイン」のフルコンサートピアノの修理を完成させると意気込んで書き記していましたが、全く手が付けられておりません。どちらも売り物にする予定の無い私のコレクションピアノなのでついつい後回しになってしまいました。今年は、どうにか手を入れてその様子をご報告出来る様に頑張りたいと思っております。またこのホームページを通じて新しい出会いがあります様にしっかりと取り組んで参りますので本年も昨年同様に鎌倉ピアノ芸術社をよろしくお願い申し上げます。

令和元年秋の出来事!

9月・10月は、台風の襲来により日本各地が想像を超える深刻な災害に見舞われた。被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。被災された皆様が一日も早く平常の生活に戻る事が出来ます様に心よりお祈り申し上げます。

10月の3連休を狙ったように関東に台風が上陸した。この3連休には、ピアノの納品やレコーディングの仕事が入っていたが、当然全てがキャンセルで後日に繰り延べされた。テレビニュースでは、観測史上最強の台風で最大風速65メートル「命を守る行動をとってください」と連呼していたので、これは、尋常じゃないな!と弊社も11日の午後から後悔の無い様に作業場や倉庫のガラスサッシを養生して台風に備えた。自宅もそれなりに注意を払って準備をした。町内放送では、避難所への案内を繰り返し放送している。「これは、ちょっと尋常じゃないなぁ~。」と何だか良く分からない覚悟を決めて早々にお風呂に入って湯船にお湯を貯めて全ての窓のシャッター閉めた。ただ倉庫のピアノの事だけが気になって「被害がありません様に」と神様に祈った。夕方より強烈な風雨に家が揺れて外では、他所のお宅からガチャンガチャンと何かが壊れる音がしている。これは、ちょっとまずいなぁ~!と思ってもどうにもならずにただ台風が過ぎ去って行くのを待った。21時30分位にまるで台風の目の中に入ったのかな?と思う位静かになって突然台風は、過ぎ去って行った。翌日、テレビで関東から信州、そして東北と広範囲に台風被害が放映されているのにただただ驚かされた。思えばここの所、毎年起きる災害。それも尋常では無い被害にただただ胸が痛む。急ぎ倉庫に向かいピアノ室を確認すると幸いにも何一つ被害は、ありませんでした。9月の台風で千葉県は、大規模な停電に見舞われ私の友人の会社も業務が完全にストップしてようやく復旧したと連絡を受けたらまた台風の被害。今回弊社は、たまたま被害は免れましたがいつ何時被害に見舞われるかもしれないなと、この急激な気候変動に少なからず準備はしておかなければならないなと肝に命じた。翌日あの夜のガチャガチャ音は、隣のお宅のサンルームの屋根が吹き飛んだ音だったことが分かった。その後、天気が続いて台風により飛んできた枯れ葉や木片を掃除するとあっという間に大型のゴミ袋が何袋も一杯になってようやく通常業務に戻った。倉庫にお客様より引き取ったピアノが入庫して早速ピアノ内部のアクション(機械)を取り外してベランダで作業を進める。暖かな日差しに包まれて「よし!おじさんが滅茶苦茶に良い音と良いタッチに仕上げてあげよう!」とピアノに語り掛けてあらためて被害が無かった事に感謝した。

そんなこんなで台風の余波で大きくスケジュールがずれ込んでしまいこの10月はてんてこ舞い状態。11月に納品しなければならないピアノの整備や修理にも追われていてホームページアップが後回しになってしまい誠に申し訳ございません。そんな、本日11月3日は、鎌倉プチロックフェスティバルvol.6が開催された。天気予報は、午後から雨でしたがどうにかこうにか天気も持ちこたえてくれた。回を増すごとにお客さんも増えて大盛況!電気を使わないアコースティク楽器だけのイベント。ちょっとした丘の上でギター1本で公園中に響き渡る声量の歌手。ピアニカ、ピアノ、ベース、パーカッションの4人組グループなどいつも温かい空気が流れていていかにも心地いい。これこそが音楽の楽しみなんだろうな!とアコースティクのとても深い味わいを感じる。一所懸命に演奏するミュージシャン達、会場となる海浜公園には、5つのステージが設けられていてそれぞれに観客を交えて真剣に楽しんでいる。その様子は、YouTubeにアップされている。最初は、犬の散歩をしている脇でサーファーが通りすがる脇でポツンと調律をするのが気恥ずかしいというか野外で調律!何か露出プレイみたいな?妙な気分だったが今ではちょっと快感になっている(笑)。何だか今から来年が待ち遠しい(笑)!