「#ピアノ調律 横浜」タグアーカイブ

スタンウェイのアグラフ折れました!

2023年気持ち新たにスタートしたと思ったらもう2月。昨年12月の入院騒ぎで益々スケジュールの遅れが生じて御ひいきのお客様には、大変ご迷惑をお掛けしております。未だ完全には解消できておりませんが徐々に解消して来ておりますのでもうしばらくお待ちくださいます様お願い申し上げます。なお緊急の不具合などご連絡を頂けますと最優先で対処しておりますので遠慮なくご連絡くださいます様お願い申し上げます。今回は、そんな緊急のお仕事など最近の様子を記事にしたいと思います。

音楽教室のグランドピアノ 

新年、最初のお仕事は学校調律でした。昨年の10月位からの予約で学校が始まると同時に2日に分けての作業。1月から3月末の年度末まで続く学校調律は、体育館から音楽室に視聴覚教室などと13㎏の調律鞄を持って歩き回るのだから結構疲れる。学校って広いなぁ~と改めて思うのと同時に先生方、体力付くだろうなぁ~なんて思いながら作業に取り組むが何はともあれこの時期の学校は、寒い!これから2月3月と思いやられる!

体育館のグランドピアノは、湿気を吸い込んでいる。

横浜市立の学校は、どこも神奈川県立の学校と比べてピアノが圧倒的に新しくて素晴らしく良い。これが学校のピアノ?と思えるくらい良いピアノが入っている。同じ神奈川県なのに財布が違うとこんなに違うのかと唖然とさせられる。ただ、そんな良いピアノが入っていても過酷な環境の学校ピアノでは、調律が適切で無かったり十分な作業が施されていなかったりするとさっぱり良い音がしない。それを敏感に感じる音楽専科の先生方が不満に感じるのは、当然の事です。学校調律の問題点をここでは、あえて書きませんが以前の記事を読んで頂けると大方の事がご理解頂けると思います。ただピアノ調律師がしっかりと仕事をすれば何ら問題は無い訳です。しかし学校調律を単なる収益先として捉えれば最低限以下の仕事しか出来ないと云うのは現状でしょう。私は、日本人誰しもがお世話になって来た学校であるからにして恩返しのつもりで誠心誠意学校のピアノに向き合い社会人としてボランティア精神で作業に取り組まなければならないと考えています。ただ、めちゃめちゃ寒いんだ体育館!

ネジがぽっきり折れたアグラフ 3つの穴の中にそれぞれ弦が通る。

初めてのお客様から電話が鳴った「もしもし、初めまして○○に住む○○と申します。実は、スタンウェイのグランドピアノを持って居るのですがアグラフが折れてしまったので修理をお願い出来ますか?」と「はい!出来ますよ。」と言うとすぐさま「え~良かった!色んな所にお願いしたのですが全部断られて御社が4件目です。」と言われた。「アグラフが折れたんですよねぇ?」と不安になって聞き返すと「3本張りのアグラフです。調律師の方にいらして頂いてこれは、鎌倉ピアノ芸術社さんにお願いしてみてくださいと言われましたのでお電話差し上げました。」との事でした。その調律師さんを私は存じ上げませんでしたが、さすが同業者、弊社にどう伝えたら良いかか親切丁寧に分かりやすくお客様に伝えて頂いて居たので直ぐに部品を取り寄せてお伺いする事が出来た。

アグラフ交換した所だけ金ぴかに輝いでいる。

かなり使い込んでいるスタンウェイ。

グランドピアノのアグラフが折れる事は、珍しい事では無いのですがそうそう頻繁にある事でもありませんので調律師が全員交換の経験がある訳でないようです。また、それなりの工具も必要となる上に今回の様な交差弦のアグラフ交換は、一番厄介で何より面倒である。私は、何度も交換経験があるのでそれなり、いやそれ以上の工具を持っている。何時もの様にチャンチャンと折れたネジを取り除いたら終始その様子を横で見ていたお客様は、思わず「お~取れた(笑)!」と思わず声があがって笑いあった。新しいアグラフは、ぴったり方向が合うまで幾つか付けては外しを繰り返してようやくぴったり合った。お客様は、その様子を見ながらとっても嬉しそうにニコニコされていた。3本の弦を外しては、はめるの作業は、それなりに時間が掛かる。ようやく出来上がると交換されたアグラフだけがピカピカと輝いてその存在をアピールしている。それから調律に入りピアノを安定させて作業終了!かなり狂ったピアノの調律を合わせると3時間ちょっと掛かった。お客様には、綺麗に仕上がったピアノの音色にととっても満足してい頂いた。その後、美味しそうなお茶菓子を出して頂いてしばし色んな雑談に花が咲いて夕食の時間を大幅に過ぎた所でお土産まで頂いてお客様宅を後にした。新たな出会いに感謝をして都内の大渋滞へ車を走らせ帰路についた。

ベーゼンドルファーのダンパー部

昨年暮れにお伺いするはずのお客様。ご主人様は、声楽家で奥様は、ピアニスト。ピアノは、ベーゼンドルファー。ここ数年、湿気と乾燥の影響でダンパーの戻りが悪くなって来てその場しのぎの対処でごまかしていたのですが、その数がかなり多くなって音が止まらなくなって来たのでそろそろ根本的に修理をしなければと。ただその作業は結構いや かなり いや相当大変で調律師誰しもが一番やりたくない作業の一つだと私は思う。それに時間も掛かる。そこで12月のレッスンが全て終わった後の年末に半日空けて貰ってダンパー修理と調律にお伺いする予定にしていたのだが私の入院で年を越してしまった。今年になって新たに先生に予定を空けて貰った。昨年既に覚悟を決めていたので新年になろうともその覚悟は変わらず気合を入れていや、ご迷惑をお掛けした分更に気合が入って作業に取り掛かった。ダンパーアッセンブリーを取り外すといってもダンパーを全て外す訳ですから終わったら取り付けてダンパーの走りからダンパーの掛かり、総上げと総下げにソステヌートの調整。結局ダンパーに手を付けると全てをやり直す事になる。それに加えてヤマハ・河合のダンパーアセンブリーを外すのは、大変ではありませんが、ベーゼンドルファーは、ちょっと面倒臭い。言い方を変えるとかなり頑丈に取り付けてある(笑)。当然、取り付けも大変。正直な所、ヤマハ・カワイピアノのダンパーの取り回しは、とっても扱いやすいとつくづく感じる。スタンウェイの場合は、ビス止めじゃなく接着されていて物凄く厄介は時代のピアノもあるし元々ダンパーアセンブリーの構造が少し違う。これは、SHIGERUKAWAIも同じくでスタンウェイのをパクったのかな?なんて無責任に書いちゃうと叱られそうだが、いずれにせよとっても調整が難しい部分であることには間違いない。先生のベーゼンドルファーは、取り外すと大半がスティック状態で相当数のセンターピンを交換する事になった。また、ダンパーワイヤーの滑りが悪いので当然ワイヤーを磨いて取り付けて調整をしてそれから調律をして昼から夕食時間過ぎまで掛かった。この作業も調律師全員がやった事があるという訳では無いであろう。ピアノ全盛期の時は、調律師の仕事は、調律だけする人、修理する人、販売する人と分業制。と言うかピアノが沢山売れていて調律師が少なくて調律が間に合わなかった為に自ずと分業になってしまった。今は、もう違います。調律も修理も調律師はピアノの事何でも出来なければなりません。ご自身で修理して調整して手塩にかけて仕上げたピアノは、大切に使ってくれるお客様に買って頂いてそのピアノをずっと調律したい。古い人間だとお思いでしょうがそれが調律師のあるべき姿、調律師の仕事だと私は考えます。

 

 

 

2022年1月の奮闘

2022年は、年初からトラブルに見舞われ仕事に追われ事務仕事に追われオミクロン騒動にてんてこ舞いしてるうちに北京オリンピックが開催した。毎月更新していたホームページのアップもとうとう1月は、出来ず仕舞いになってしまいました。誠に申し訳ございません。今回は、その言い訳でもありますが1月の様子を記事にしたいと思います。

このお正月休みを利用したピアノ講師のグランドピアノの修理は、お正月明け早々から直ぐに取り掛かった。そこそこ年数の経つピアノで相当弾き込んだピアノですが丁寧に使われたと言うか弾き手に癖が無いと言うのが正しいと思える。あらゆる所が綺麗に同じように摩耗していてその摩耗具合に雑な所が無く綺麗なのです。例えば鍵盤をまっすぐに弾き下ろすと鍵盤に貼られているブッシングクロスは左右同じように摩耗する。ピアノの構造上通常は、次高音から高音側は、左側が良く擦り減り低音側は、左右の右が擦り減るのが当たり前というか左右がアンバランスに減って行く訳で88鍵の鍵盤割の都合でその様になるのが通常です。中音部のセクションに置いてはよほどの癖が無い限り大方差左右均等に擦り減る。これは、ピアノ調律師であれば良く目にする事でしょうしピアニストやピアノ講師の方々も大体分かると思います。もし想像がつかなかいようでしたらお知り合いのピアノ調律師に説明を頼んでみてください。喜んで説明してくれると思います。しかしこのピアノは、通常と違ってとっても運指が綺麗な方に弾かれていたことが推察できる。実際に彼女の演奏は、何度となく聞いて居ますが、芯のある音を出すかなり打弦の強いタイプだったのでちょっと驚いた。

今回のピアノ講師宅は、数年前に弊社で防音室を施工して夏冬ガンガンにエアコンを使用するので色んな木部の変形やネジの緩みが多い。考えられる作業はすべてお預かりしている間にやろうと奮起して作業をしてお約束の納品日に間に合わせた。お届けしてすぐに先生は、別の新品のピアノを弾いているみたいと大層に喜んで頂いた。その翌日、先生から「昨日は、ありがとうございました。音の違いが分かる生徒達がとっても喜んでいます。ありがとうございました。」と嬉しいメールに年末からお正月休みを返上して間に合わせた作業が報われてとっても良い気分になった。

その奮闘中。1月6日に久々に関東に雪が積もりその翌日の朝、パソコンを起動すると完全にフリーズしてとうとう息を吹き返さなかった。ちょっと前から調子が悪いなぁ~と思い買い替えをと思いながら使い続けていたらとうとう壊れてしまった。また、この壊れた時期が悪い。弊社の決算時期で事務処理の最中。データーは、税理士事務所にバックアップされているので大丈夫だったが問題は、コロナウィルスの影響で半導体不足が影響して直ぐにパソコンが調達できない。古いノートパソコンを引っ張り出して事務処理を済ませたが、問題はそう簡単ではなくて壊れたパソコンには、昔の珍しいピアノの写真やめったに使わないがあると便利な書類の作成済フォームなど使い慣れた物が詰まっている。それを復活させる為にいろいろと奮闘したりと何だか落ち着かない新年のスタートとなった。そんな時に、とある由緒あるお寺から調律依頼の電話が鳴る。本番3日前の夜に「ピアノの音が出ない所が沢山あるとピアニストに言われて急で申し訳無いのですが本番に間に合うように調律をお願い出来ますでしょうか?」予定が詰まっていて対応が出来そうにないが調子が悪いままではコンサートで演奏出来ないしそれではピアニストもお客様もお寺も困ってしまうだろうと思うとどうにかしてあげたくなって「明日の夜でよろしかったらお伺い出来ますよ」と急な申し出に応じた。

広いお堂の片隅に鎮座する古いグランドピアノ。早速ピアノを触てみると押しても音の出ない所が沢山ある。ピッチもかなり下がっている。とりあえず不良個所にチェックを入れてざっと修理をしてざっとピッチ上げの調律をする。お堂に暖房が入れてもらってだんだんピアノが温まってくるとどんどんスティック(音が出ない所)が増えてくる。新たにチェックが増える。これは簡単じゃないなぁ~!よしやるかぁ~と独り言をつぶやいて本腰を入れて作業に没頭する。夕方から作業を始めて気が付くと辺りは真っ暗。たった一人で夜のお堂で調律はちょっと怖い。しかしお堂に煌々と明かりが点いていると近所の人達なのか?夜にもかかわらず次から次へとお参りに来る人が絶えない。当然お参りにきてピアノの音がしているのでしばらく見ていかれる。ガラス越しに覗かれて私も気が付いてにっこり微笑むと何だか間の悪い顔をしてぎこちない笑顔が返ってくる。しかしよほどグランドピアノの調律が珍しいのか一向に立ち去らない。夕飯の支度とかしなくていいのかなぁ~とかこのお爺さんの格好なら近所の人だな!なんてのんきに勝手な想像をしたりして、しばらくそんな攻防が続いてふと気付くと音もなく居なくなっての繰り返し。お陰様であんまり怖くなかった(笑)。当日のコンサートは、別の仕事で聞きに行けなかっのが残念だったがきっと上手く行っただろう!

そうこうしていると世間では、オミクロンが大流行して来た。そんな折に昨年の秋からお預かりしている親の形見のピアノを綺麗に元通りに修理して欲しいとの依頼のピアノ。全塗装を終えて内部の最終調整に入り納品期日もそろそろ迫っているので作業を進める。しかし今年は例年よりちょっと寒い感じがする。作業場は、冷暖房完備ですが倉庫の方は広いのでとっても寒い。ストーブをつけても何しても寒いがここは沢山着込んで頑張るしかない。この年代のピアノが材質も良く頑強に作られている事が良くわかる。大きく寸法を狂わせた所が無いのは、さすがYAMAHA素晴らしいピアノだなとつくづく思う。長年放置したピアノは、40年位調律をしていないので全音位音が下がって海真近にお住まいだったのでサビが凄くてかなり苦労したが手を入れる度に調律をする度にどんどん蘇ってくる。長年放置されて湿気を含んでいたハンマーは、最初からやり直しの様な下針から打ち直す始末だったが、あまりに一所懸命に整音を繰り返すとだんだんピアノの機嫌が良くなって音が踊りだす。そうしてくると、ももっともっと欲が出てきて家に帰ってもこのピアノの事が気になって次は、あれやってこれやってと色々と考え実際に作業してを繰り返すとピアノそれに応えてくれて、どんどん良い音になって響いて踊りだして歌いだしたので寒いのを忘れて何だかとっても楽しかった。満を持して出来上がったピアノの報告お客様にすると「ありがとうございます。楽しみにしていたんですよ。ただ家族がオミクロンにかかってしまって治るまでちょっと待っててください。」あれれ、どうぞお大事になさってください。と納品が延期になってしまった。こんな所でコロナの影響を受けるなんて・・・ちょうど北京オリンピックが開催されたのでテレビ観戦しながらオミクロン感染拡大の一日も早い収束を願いながら新しいパソコンでこのホームページの記事を書いております。2022年は、古いパソコンが壊れたのを機に新しいパソコンで新たな業務管理体制を構築して新たな気持ちでピアノと向き合って参ります。本年も健康で楽しくピアノに向き合いその様子を情報発信して参りますので今まで同様に皆様、何卒お付き合いの程よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

賑わいを取り戻した11月!

コロナウィルス感染者数激減のニュースにようやく街に活気が戻り大勢の人であふれだした。日本だけがあの数字???ちょっと疑問に思うが「この数字って交通事故死傷者数よりぜんぜん少ないでしょ?これって完全に終息したってことでしょ!」なんて巷の噂話も妙に説得力があって力付けられる。道行く日本人の皆さん、ちゃんとマスクをして店内入店時には、アルコール消毒をワンプッシュしている。店側もお客様の入れ替わりの度にアルコール噴霧器で消毒してと一手間二手間、利用する側もおもてなしする側も当たり前の様に感染防止が板に付いている。さすが律儀な日本人、感染激減の数値はうなずける。今回は、人々の活気に引きずられての11月の様子を記事にしたいと思います。

弊社で保管しているグランドピアノ。友人のピアノで家の建て替えの間、保管してついでに綺麗にクリーニングして中身も調整してくれとのオーダー。かれこれ1年半もお預かりしているがいよいよお届けの日が近くなった!どんな豪邸を建てたんだろう(笑)?真新しい新居に綺麗になって良い音のするグランドピアノを収めるのは、楽しみでならない(笑)。そこで最後の仕上げ調整に入った。ダンパーの調整をしてペダルのゴム関係を全て新しく交換、ペダル支え棒は、腐食が激しく磨いてもあまり綺麗にならなかったのでついでに新品に交換して調律・整調を見直してこれで何時でもお届け出来る状態になりました。あとは、友人の家の完成を待つだけとなった!と書き込んでいる最中に友人から家の完成の連絡が入り、ピアノのお届けの日程が決まった。それまでにもう一回調律して最後にちょっと弾いて、別れを惜しもうかな(笑)!

コロナウィルス騒動の影響で在宅ワークなど自宅に居る事が多くなったのでまたピアノでも・・・とまたピアノを始める方が多くなった。ピアノ講師の方達から生徒さんが増えたとか大人の生徒さんが増えていると報告されて新規のピアノ調律の依頼がとっても多くなったのは、意外な現象だった。どのケースも長年放置していたピアノの調律ですからこの機会に又始めた事が良く分かる。また、始めたいんだけど近所に聞こえるのが恥ずかしくてと言って消音ピアノユニット(サイレントシステム)の取り付けの依頼も増えた。半導体不足で弊社の取引先商品が生産中止になった事は、前回の記事に書き込みましたが新タイプを用意して早速取り付けを始めた。各社、それぞれに長所短所色々あるもののこの類のシステムは、どれも非接触光センサー方式なので取り付けの正確さが性能の差に表れる。当たり前の事ですが丁寧に手を抜かずにちゃんと取り付けなければならないという事です。ピアノによっては、想定外に時間が掛かる時もあります。時間が掛かるというよりピアノ自体をちゃんとした寸法に戻してから取り付ける必要があると言った方が正しい。定期調律では、手を出せない費用の掛かる作業をこの機会に作業出来てピアノが正しい状態になる、どれもこれも面倒な作業ですが、ピアノの不備を根本的に良い状態にしてみせるというピアノ調律師としての格別な喜びが面倒な作業の裏にある。

緊急事態宣言解消のニュースを受けてお客様より定期調律の催促の電話が鳴り響く。昨年よりのコロナウィルス騒動で弊社の定期調律の予定は、相変わらず遅れておりお客様には、大変ご迷惑をお掛けしております。徐々にではございますが解消して来ておりますのでもうしばらくお待ちくださる様お願い申し上げます。そんな中、大先輩の調律師さんから仕事の依頼があった。91年位前のグランドピアノの調律依頼だった。ロール紙式自動伴奏装置(電動エアー式)のニューヨークスタンウェイだった。空気の力で動く自動伴奏装置で実際にこのピアノを使って自動伴奏の実演奏をコロンビアレコードから5枚リリースされている。事前に象牙鍵盤の剥がれがある事やお客様の要望を打ち合わせしてそれなりの準備をしてお伺いした。まずは、弾ける状態にして欲しいとの事でしたので注意深くピアノの状態を確認しながら時間を掛けて断線しない様に壊さない様にピッチを上げて行った。鍵盤は、以前の調律師さんが剥がれた象牙鍵盤をボンドで貼り付けてありそれがまた全て剥がれていた。これが実は、厄介でそのボンドを綺麗に剥ぎ取る必要がありかなりの時間が掛かった。今後、この自動伴奏をどうやって行くのか大きな宿題となった。直ぐに劣化するビックリを通り越してバカバカしくなる程高価なマニア向けアメリカ製ゴムチューブにほとほと愛想を尽かしてしまったお客様。これからいい方法を模索して蘇らせてあげたい衝動にかられ、また新しい勉強材料を見つけるきっかけを作ってくれた大先輩にちょっと感謝しながら異業種の仲間たちと早速相談を始めた。何時になるかは、分かりませんがまたここで報告していきたいと思っています。

電動と足踏み式と使用が異なるが同様のスタンウェイ足踏み式ロール紙自動伴奏グランドピアノは、浜松の楽器博物館にあり実際に時間により実演奏を披露している。(現在演奏されているかどうかは、ここ数年立ち寄っていないので分かりません。以前は、披露していました。)時間になると博物館勤務の綺麗なお姉さんがピアノに座って足踏みオルガンの様に両足でペダルを交互に一所懸命に延々と踏み続けて空気を送って自動伴奏装置を動かすという過酷な演奏披露です。数曲演奏披露をするので相当な体力が消耗されると思われるが綺麗なお姉さんは、顔色一つ変えずに、にこやかにピアノの解説から曲の紹介と仕事をこなしていた。ある時、演奏披露が終えたのでお姉さんに「これは、何曲もやるからかなりの重労働ですね?」と聞くと「ええ~ふくらはぎが鍛えられます。でもエクセサイズと思えば(笑)(笑)」とうっすらと汗ばんだ顔でニッコリ笑った顔が好印象であった事をよく覚えている。今回依頼のピアノは、電動式なので構造や付帯装置がかなり大掛かりになっている為にかなりの難題である。これが足踏み式で綺麗なお姉さんが踏んで演奏するとなれば友人達は、あれやこれやと積極的にアイディアが浮かんで来ると思うのだが(笑)。綺麗なお姉さんは、必要ないとなれば純粋に仲間達と慎重に取り組んで新たな対処方法を模索していかなければならない。この希少なピアノとの出会いを純粋に喜んで難題である新たな勉強材料に今は、ただただワクワクしている!