久々のearl windsor

今年もあと一カ月半余りと何だか今年はとっても早く感じる。最近またまた世界中でコロナウィルス感染者が急増して日本でも大変な事態になりつつある。昔流行ったスペイン風邪は、終息に2年程掛かったと聞くが、今回のコロナウィルスもやはり2年位掛かるのか?今の医学の進歩をもってしても未だ終息の兆しさえも見えない。仕事で車を走らせると各地で閉店・廃業された店舗物件がやたらと目につく。経済への打撃の傷跡が町のあちらこちらに点在する様子から別の意味で恐怖を覚える。これから人々の生活や社会の仕組みが変わって行くんだろうなとそんな光景を目の当りに見せつけられると先行きの不安を感じずにはいられない。冒頭からちょっと暗い感じになってしまったが、今回は、久々に大好きなEarl Windsorというピアノと向き合ったのでその様子を記事にしたいと思います。

今年の初めにお客様より電話が入った「横浜の○○と申します。」と言った所で私は、その声とお名前で直ぐに分かって「はい、ご無沙汰しております。」「昔、梅根さんにずっと調律でお世話になって最後にお電話頂いた頃にちょっと色々と立て込んでいてすっかりご無沙汰してしまって。今回ピアノの事でちょっとご相談が有るんです。」とお話をしていると昔、調律にお伺いしていた頃の事がまるで昨年もずっとお伺いしていた様に蘇って直ぐにお客様宅に駆け付けた。1983年からというとかれこれ37年の長きお付き合いのお客様。当時小学生だったお嬢さんは、もう良いお母さんになられて娘さんがこれからピアノを始められる。今回は、ご実家に同居するのを機に家を立替えするのでその間、弊社でピアノを保管してその間に汚くなった外装を剥がして全塗装して新品の様に綺麗にしてお届けするというミッション。当然、内部の調整やら消耗部品交換をしてとっても良い音とタッチにしてお届けします。このピアノは、Earl Windsorで当時、某量販店からの依頼で調律にお伺いしたのがお付き合いの始まりでした。お使いになっていたお嬢さんもお年頃なられてここ15年位誰も使ってなかったピアノを綺麗に再生して次の娘さん、2世代に渡って弾き継いで頂く訳です。昭和58年ピアノ業界もまだまだ花盛りの時代で今では考えられない位にピアノが売れている時代です。浜松界隈には、ピアノ関連産業が沢山並んでいました。何か困ると取りあえず浜松に行けばどうにかなる。つまり専門職人が沢山いて何処をどう伝っても簡単に部品の調達から大掛かりな事まで誰でも安価に気軽に利用させて頂けた。今では、ピアノ工場は元より専門職や職人さん、何一つ誰一人残って居なくなってしまった。気軽に頼んでいた仕事も依頼先が無くなると自分でやるしかない!簡単に手に入っていた部品も入手が困難なら自分で作るか海外から取り寄せるか。今は、全て自前のネットワークで設備を整えて何でも自分で出来る様にするしかない訳です。

この時代のピアノの塗装は、ラッカーからウレタンやポリ色々とあるがヤマハ・カワイ以外のメーカーの一部は、カシュー塗装を使用していた。その理由は、色々とあるが一言で言うならば安価だった。黒色の濃いカシューは、とっても綺麗だが何十年と月日が経ち紫外線にさらされると灰色に焼けてくる。ウレタン・ポリみたいに磨いても綺麗にならずに剥げてくる。剥げるのであれば簡単に剥離出来そうですが剥離剤を使用しても化学変化をしないので全く剥げない。根気を持って手で剥がすしかないという、まぁ~機械を使って人力でチマチマと作業するしかありません。しかし綺麗に剥がして現代の塗料で塗装をするとまぁ~何とも綺麗な仕上がり・・・ちょっと惚れ惚れします。

どのメーカーのピアノでもウィークポイントの一つや二つは、あります?まぁ~非の打ち所がない高価なピアノもありますが、このピアノは、棚板と筬にあります。特にバランスレールの経年変化による調整の狂いは、ちょっとお客様宅で修正するには費用を頂かないと定期調律の時にチャンチャン簡単にやれるほど簡単ではなくちょっと大掛かりになります。それとペダル関係。その他に多いのは、ハンマーレールの乾燥不足が有り永年放置しているとブラケットに止めてあるビスが完全腐食して朽ちてしまう。などとこう書き込むと何だかひどいピアノみたいだが問題さえ見抜く事が出来たら、綺麗に調整が出来たなら物凄く良い音がします。全体的に音圧が低く抑えられていて華やかで深みのある素晴らしい音。家庭に置くピアノとして最高のピアノ。今、この様なピアノが日本から完全に姿を消してしまった事が残念でならない。

 

以前の記事にも書きましたが、上記の様なウィークポイントは、ただただ調律師にとって面倒臭い。というか、やった事の無い作業は、どう合わせたらいいか分からないから手に負えない。当然誹謗中傷が広まり調律師の中で評判が悪くなる。当時は、ピアノが沢山売れて調律師も大忙しだったので一軒のお客様宅に沢山時間を掛けられないという時代背景がありましたから今思えば当然と言えば当然の成り行きでしょう。逆に今は、幸か不幸か(笑)たっぷりと時間が掛けられる時代です。これからの時代を担う若き調律師さん達は、どうか日本製のピアノに愛情を込めて丁寧に向き合う時間を楽しんで頂きたいと思う。私が最近如実に思う事は、最近の若い調律師は、女性が多くて仕事が丁寧で調律の精度も高い。これからは、若くて綺麗なお姉さんが高い技術力を持ってこの業界を盛り上げていくんだろうな!若い男の調律師を見るとつくづくそう思う。ご両親にはとても見せられないが、作業場で汗まみれ埃まみれなっても楽しそうに作業してる若き女性調律師を見ているととっても微笑ましく、ついつい誰にも教えたくない苦労の末に身に着けた技術や知識を惜しげも無く教えてしまう。何時までも若いつもりで居たが時代が変わったなと改めて老いを実感する。

2020年秋のお仕事の様子。

2020年10月は、キンモクセイの香りが例年になく強烈に漂って秋の気配が・・なんて思った途端、急に寒くなり慌てて暖房を入れた。近年秋をまったりと楽しむ風情が無くなったなぁ~とぼやきながらも10月からコンサートやレコーディングに加え婚礼など段々忙しくなってきました。そんな秋の近況や凄く感動したコンサートの様子を記事にしたいと思います。

9月に営業再開宣言をこのホームページで告知した途端に長いお付き合いのお客様から電話が相次いだ。「今年は、時期になっても電話が無いわ、どうされてるのかしら?と思ってホームページ見たらコロナで自粛していると分かったから、その内電話があるだろと思ってたんですよ!そうしたら、再開されたと書いてあったので電話しちゃったんですよ(笑)!特にうちは急がないから・・・何時でも良いですよ!」とお電話を頂くと嬉しくて直ぐ予定を決めてお伺いします。勿論、アルコール除菌の後にゴム手袋とマスクと慎重を期してお伺いして「あらら大変ですね~!そんなの良いのに(笑)」と言って頂きながら世間話に花が咲いてついつい長居をしてしまう。ありがたい事でこれって仕事なんだよなぁ~と楽しい一時を満喫している。そんな中、友人が家の立替えの間グランドピアノを預かって欲しい。ついでに綺麗にして新築に届けて欲しいと申し出があったので当然引き受けた。ただ、家が出来上がるのは1年以上先なんだそうだ。そんなに古いピアノでは無いのにサビと汚れと汚れと汚れ・・・ただただ汚いピアノで可哀想な状態。グランドピアノの保管は、通常ピアノの3本の脚とペダルを外して布団でぐるぐる巻きにして立てて保管するのが通例ですが弊社は、調律師のピアノ屋さんなので何時でも弾ける状態での保管をしております。保管スペースは、布団ぐるぐる巻きの3倍以上ですから他社では当然保管料は、通常の3倍以上と高く付きます。高価なグランドピアノを良い状態に保つには、梱包を解いて演奏できる状態で調律管理が何時でも出来る状態が自然です。弊社は、調律師の立場から全ての預かり保管ピアノは、通常の値段で梱包を解いて何時でも弾ける状態で保管しております。今回の友人のピアノも同じく梱包を開いて保管をするのですが1年以上もここに汚いピアノが有るのも他のピアノが全てピカピカなのに気持ち悪いから引き取って友人に断りも無く外装を綺麗にして倉庫に搬入。

これから一年かけて内部の調整をしながらビックリする位に良い音とタッチにしてあげようと思います。でも、あんまりのんびりしているとあっという間に一年経っちゃうから取敢えず毎月調律して弾きながら調整して物凄く良い音で良いタッチにして遊ぼうかなぁ~(笑)!そして来年沢山請求してやろ~と思ってます。ついでに新しい全塗装したピアノも倉庫に運び入れてやらなきゃいけない仕事は、山積み状態です。

8月のある日、音楽プロデューサー・キーボード奏者・作曲家・アレンジャーと世界的に活躍する現役ミュージシャン西脇辰弥さんから「10月に新たなコンサートを企画しているので調律をお願いします。」と連絡を頂いた。当日の内容は、ボーカルがAKANE LIV エレクトリックハープがSANAE  西脇辰弥PRESENTS「音の醸し人コンサート・世界は日の出を待っている~」ピアノは、ベーゼンドルファーのグランドピアノですと告げられた。直接の調律依頼に感謝しながらどんなコンサートになるんだろうと当日を待ち遠しく思ったが日々の慌ただしさに追われているとあっという間に時は過ぎて昨日がそのコンサートの日でした。

 

朝9時会場入りして調律の予定で11時からリハーサルと聞いていたので通常のコンサートと同じ感覚で会場を一人独占して集中してベーゼンドルファーの調律を楽しめると思っていたが、ほぼ全員が9時に会場入り。グランドハープの業者搬入から映像配信部隊のスタッフから音響スタッフのセッティングが同時進行。当日のタイムスケジュールを渡されると10時30分リハーサル開始と書いてあった。急ぎピッチ下げ調律を開始した。調律師にもよるだろうけれどピッチ上げよりピッチ下げの方が大変だと私は感じている。きっと大半の調律師も同じ意見だと思うが1時間30分で一流のピアニストが演奏して録音・配信に耐えうる状態に調律を仕上げる。この騒音の中。いや~まいったなぁ~と思えども時間は、刻々と過ぎて行く。タイムスケジュールでは、昼食休憩が12時から1時までとあるので修正は、そこでやれば良いなと気を楽に構えて楽しんで作業を無事終えた。リハーサルは、クラッシックコンサートと違って配線のチェックや雑音、音量や残響音と全体のバランスなど音響スタッフとの打ち合わせと確認作業が念入りに繰り返され、加えて撮影スタッフとの打ち合わせと大忙し。しかしプロ集団の集まりなのでそこは、肝は押さえて坦々と完璧に準備が進んだ。お昼休みに入ったのでピアノを再確認すると若干の修正はあったものの、さすがベーゼンドルファー音の保持は、惚れ惚れする良いピアノ。午後のリハーサルが始まるとボーカルのAKANE LIVさんは、表情豊かに美声を張り上げてとても魅力的だ!まだメイク前なのになんて美しく何でこんなに顔が小さいんだろう?そしてエレクトリックハープのSANAEさんも金髪でマスク姿だが何とも美しい。録音エンジニアに「ハープ奏者って何人も知ってる訳じゃないけど美女揃いだよね~!」と言うと「そうなんですよね(笑)!」するとSANAEさんが「え~凄いハードル上げられちゃってる(笑)!男性もいるんですよ!ヨーロッパは、男性の方が断然多いんですよ。」と教えてくれたがどう想像しても男が優雅にハープを演奏しても???増しては、太ったハゲてるおじさんがハープ奏者だったら?なんて、あんまりここに書き込むと色々と問題が起きそうだからこの辺にして置くが今回は、SANAEさんが優雅に演奏して美女揃いのコンサートで良かった!無事に準備も終えて後は、本番待ち。今回は、ソーシャルデスタンスでお客様の数も少なく少人数のコンサートでしたが開場の1時間30分前からお客様が雨の降る中お待ちになられていて、その人気ぶりを鑑みる事が出来た。本番が始まるとさすがプロの演奏と舞台進行、何より西脇氏のお話は、音楽への造詣の深さに笑いをちりばめてお客様を飽きさせない。そこにAKANE LIVさんの突っ込みが絶妙で笑いを招き、お客様全員が一音一句聞き逃さない。まぁ~全員熱烈なファンだから当然と言えば当然なんだけれど。AKANE LIVさんの歌は、流石プロで声量と音域の広さそして絶対に音程を外さない。出来そうで出来ないそこがプロ。そして美しくスタイルも良しとなれば申し分が無い、人気があるのがうなづける。そこに今回初めてエレクトリックハープが入り流石グランドハープとても演奏がゴージャスでピアノとハープだけとは思えない大迫力に圧倒された。中盤に西脇辰弥氏がハーモニカの演奏を披露した。ハーモニカと言うと僕的に昔のフォーク歌手がフォークギターをかき鳴らして雄叫びの様な下手なハーモニカを吹き鳴らすというか雑音の様なイメージしか残っていないがここで聞いたハーモニカは違っていた。哀愁漂う旋律に演奏者の思いを感情をそのまま音にくるんで、聞いている人の心を直接揺さぶる演奏と音色だった。あ~なんて良いんだろう!何とも言えぬ気持ちの良い演奏が心に深く刺さった!あ~ハーモニカがこんなに良いなんて!きっと如何なる楽器も優れた演奏者の手に掛かれば多くの人を感動させられるのだろう!素晴らしい体験だった!コロナ禍の最中、万全の注意を払って開かれたコンサート。音楽映像の配信も時代の流れなのでしょう。しかし生の演奏に敵う物は何も無いな!と改めて思った。西脇氏が奏でる僕が調律したピアノの音色に聞き入って「やっぱり俺って天才だな(笑)!」といつもより余計に天狗状態になって都内の大渋滞にはまっても上機嫌で帰宅した。

 

 

 

営業再開のお知らせ!

昔から暑さ寒さも彼岸までと良く言った物ですが9月も半ばを過ぎると途端に過ごしやすくなって来ました。9月に入りお客様からのお問い合わせが多くなり「そろそろお願いしたいのですが?」と逆に恐縮するようなお電話を沢山頂いております。ここで弊社の業務の再開をここにご報告させて頂きます。コロナウィルスについては、今まで通り予断を許さない状況が続いておりますので従来通りアルコール除菌の後にゴム手袋とマスク着用を徹底して最善の注意を払ってより一層の緊張感を持ちまして業務に努めてまいりますので皆様、何卒宜しくお願い申し上げます。

2020年は、人々の生活から経済に至るまで近年経験の無い不の連鎖の渦に世界中が巻き込まれて未だ抜け出せない状態が続いています。国の政策でGOTOトラベルやGOTOイートなど支援策が報じられていますが、我々音楽業界(コンサート・エンターテーメント関係)では、ようやく収容人数の緩和という形が報道されています。実際の所は、国も良い支援策が見出せないのか、これで集客が満たされるのか?いたずらに時間だけが過ぎて行く次第でGOTOコンサートなんてそんな支援策は全く報じられていない。プロの演奏家にとってまだまだ厳しい時間は続きそうです。そんな中、10月以降は、レコーディング・コンサート・新規イベントの依頼が増えてきました。中でも世界的に有名なキーボード奏者アレンジャープロデューサーであるTNさんから新たな試みのイベントを企画したので・・との仕事の連絡が入りこの取り組みが他の演奏家の活動のヒントになればと思い今から楽しみでならない。また、コロナウィルス騒動の中ステイホームで自宅に居る時間が増えたお蔭で改めてピアノを弾こうと思ったお客様が多くいらっしゃってピアノ講師の方々と連携を取りながら新たなお客様が増えたりまたは、ピアノ販売・ピアノ修復並びに修理は、あまり影響を受けない業務でしたので休業宣言中も出来る事はやり続けておりました。ただ、ご家庭の定期調律に関しては、春より大幅に予定が遅れております。お客様からのお問い合わせを優先させて頂いておりますが順を追ってご連絡を差し上げてまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

鎌倉ピアノ芸術社

代表取締役 梅根 恒紀

Kamakura piano artistry corporation | Tel : 0467-47-1502