kamakura のすべての投稿

コロナウィルスの影で!

世界中で猛威を振るっているコロナウィルス。オリンピックも延期になり不要不急の外出禁止要請。長年生きてきて初めての出来事です。全く先の見通しがつかないこの事態が一日も早く終息する事を願って最近の様子を時系列に沿って記事にしたいと思います。

例年通り2月は、普段の仕事に加え、学校調律の時期ですがいつもと様子が違う。体育館で調律をしていると先生方が卒業式の準備をしているが、パイプ椅子の数が少なくあっと言う間に準備が終える。「もう終わりですか?」と先生に聞くと「今年の卒業式は、生徒だけで行うんですよ。コロナウィルスの影響ですね!」卒業式や入学式にも影響を及ぼしてご両親にとっては残念でならないであろう。更に東関東大震災で入学式が中止になった子供達が9年経って中学の卒業式にこのような事態が起きようとは、誰にも予想出来ない事で可哀想でならない。どうか、この様な因果に負けじと明るく強く育って欲しいと心から願う。

今年の初めからポロポロと売れ続けたピアノの納品準備が連日続く。ピアノ買取価格の高騰の影響で中古ピアノ販売価格も当然上がり中古とは思えない金額になってしまっている。既に十分良い状態に仕上がっているピアノですが、購入が決まるとお届け前に再度調整を繰り返して飛びっ切りの良いピアノに仕上げてお届けするのが弊社の使命だと考えて連日作業に没頭する。一つ手を入れるとピアノが喜んでいる様でついつい大して減っても居ない部品もついでに交換しちゃおう、どうせなら高い部品に交換しよっと!と調子に乗って作業を進めるとあからさまに利益が減って「ちょっと安く売り過ぎたかなぁ~」と後悔するがどんどん良い音・良いタッチに変わって行くとそれだけで自己満足してまぁ~損はしてないから良いか!と心に言い聞かせる(笑)。実際そのピアノに掛かった作業時間も計算に入れると・・・考えただけで後悔するので考えない事に(笑)。

 

その作業時間ですが、経験と技量により差は出ますが、実際は使う工具や道具によって大きな差が出ます。もちろん調律師によっては、2~3カ所部品交換や調整はやった事があってもピアノ一台88鍵となるとやった事が無い調律師が多いかもしれません。経験は、それを何台も作業する事で養われます。何度も失敗してやり直したり作業効率を上げるために新たに治具を作ったり試行錯誤を重ねると経験と技量が上がると考えます。きっと沢山失敗した方が経験値があがりそれを克服するために色々考えぬいて技術が向上するのでしょう。また、新たな治具や工具を新調すると早く使ってみたくて、もうそれはワクワクして楽しくてたまらない。それを作業時間計算に入れるのは?ちょっと気が引けるので考えない事にしています。本当にそんなので良いのかな(笑)?ちょっと不安!

 

 

そんな折に仕事先の観光協会の方々との話で旅館関係は、中国人観光客のキャンセルが立て続けで当然日本人もキャンセル。開店休業状態と深刻な様子。弊社の仕事もコンサートの中止の連絡が軒並み入り加えて2月から4月までの結婚披露宴の延期の連絡が入る。そんな3月の3連休は、山梨県に仕事で出かけた。コロナウィルスの影響で高速道路も空いているだろうと思いながらも早めに家を出たが連休の初日だったせいかはたまたお彼岸なのか大大大渋滞。天気に恵まれた事も重なり最初のお客様宅に1時間30分遅れの到着。遅れたにも関わらずお土産まで頂いて上機嫌で友人と待ち合わせしたレストランへ。3~4年前に知り合った山梨に住む実業家であり学者でもありオーデイオのプロである大先輩に会いに遅れて到着した。そのイタリアンレストランは、キングスウェルといって落ち着いた雰囲気に上質なサービスと美味しい贅沢な料理が振舞われる。手入れの行き届いたイングリッシュガーデンにコンサートホールを併せ持つ。珍しく木造建築で品の良い自然な響きが心地良いホールには、ベーゼンドルファーとパイプオルガンが鎮座している。大先輩の計らいでオーナー自らが案内して頂いてベーゼンドルファーとパイプオルガンを触らせて貰った。今まで触ったどのベーゼンドルファーよりも音がふくよかで伸びる。あ~良いピアノだ!ホールの響きも相まって思わず調律したくなる(笑)。パイプオルガンは、正しく楽器の王様。少し鍵盤を押さえるだけでホール中に響き渡る大迫力に圧倒され身も心も清められていく感じがした。大先輩と友人と共に楽しい時間を過ごして上機嫌で帰路に就いた。帰りも当然大渋滞でしたが如何せん上機嫌なので全く疲れ知らずにちょっと遅くに帰宅した。「世の中、コロナウィルスで大変なのに大渋滞だったよ。驚くよ!」と妻に報告すると「あなたも遊びに行ったんでしょ?同じじゃない(笑)!」と一喝され、あいなく撃沈された。

 

 

 

コロナウィルスに怯えながら!

今年の冬は、異常な位の暖冬で順調な新年のスタートをしたと思いきやコロナウィルス騒動。弊社にも少し先のコンサートとイベントの中止の連絡がありました。主催者や会場関係者は、断腸の思いの決断でしょう。一日も早い事態の収束を心から願います。そしてこの夏には、いよいよ東京オリンピック。これまた、交通規制などの関係からこの夏の物流を一時ストップするなどの連絡がチラホラ。早めに受注してくださいと言われてもちょっと困惑している最中。2020年日本は、大丈夫かなぁ~とちょっと心配になっている今日この頃の様子を記事にしたいと思います。

2月3月は、学校関係の調律・保守点検の時期になる。以前の記事にも書きましたが入札で行われる調律には、大いに問題があり湿度や温度管理の全くなされていない埃だらけで雑に扱われる学校のピアノの仕事は、普通のピアノとは、ちょっと違った想像を超えたトラブルがある。それ故に結構真剣に取り組まなければならないのですが入札制度での低金額では、しっかりとした仕事は、出来ない・・・そんな低価格入札競争の結果、学校のピアノが酷い結果になっている。弊社は、この入札に一切参加していない事をここで付け加えておきます。ただ、今年は暖かいが体育館は、関係なく指先の感覚が無くなるほど寒い!

倉庫にピアノが続々と入荷している。まぁ~売れれば無くなるので当然補填入荷するのだが、入荷すると又それを商品に仕上げなくてはならないので数台を並行して作業していく。ただし、最終調整は、一台一台の作業となるのでとにかく時間が掛かるがどんどん音が良くなって行く様子は、楽しくてたまらない!その入荷ですが昨年調律師協会の仲間から見せられた資料によるとピアノ業界の最盛期には、年間およそ40万台の生産を誇った日本が現在4万台弱の生産。最盛期の10分の一になっている。鍵盤楽器販売の大半が電子ピアノに代わってしまっている。それも需要に応えた結果そして時代なんでしょう。その反面、年間8万台以上の中古ピアノが日本から海外に輸出されているとあった。それぞれの数字が正しいのかは、裏付けをしていないので定かではありませんが私の知る大手買い取り業者の話によると月4000台国内から買い取って輸出をしていると数年前に聞いて現場を見て来た。その会社だけで年間48.000台の輸出になる訳ですから日本全体で年間8万台と云うのは、あながち大げさでは無い事が伺える。その弊害としてマスコミ広告やネットを利用しての買取合戦は、当然価格の一番高い所にお客様は、買い取って頂く。買取価格の高騰です。その弊害として日本国内の中古ピアノ価格は、高騰してつまり販売価格は、ひと頃の中古ピアノの倍以上になってしまった。中国市場は、その人口の多さによる需要と抜群の日本製信仰により中国業者の購入価格もどんどん上がってより高級で高いピアノに移行してきた。中国の方々の子供教育の熱心さとその豊かさが垣間見れる。この調子で行くともう数年の内に日本から良いピアノが無くなって行く事になる。

この様な話を調律にお伺いした折にお話ししていると過去に弊社で販売したお客様よりピアノを買い取って欲しいと電話が入る。話を聞くとそれぞれに色んな事情があって手放す決断をされています。ありがたい事に皆さん口を揃えて「このピアノを知らない方に手放すより長年お世話になった鎌倉ピアノ芸術社さんに引き取って頂いた方が安心だから」と仰って頂ける。ありがたい話です。当時からメーカーの倉庫にピアノを選びに行ったりした当たりピアノばかりなのでピアノの事は、もとよりお客様宅の様子からご家族の様子まで全て承知していますのでこちらも安心。ネットの普及も入札も時代の流れには、逆らえませんがやはり人と人との繋がり、お付き合いには適いません。今年も良いピアノが続々と入荷して仕事に追われて嬉しい悲鳴です。さて来月には毎年の事ですが横浜市の中学校で職業講話が始まります。いつも生徒達へのメッセージは、「好きな事を仕事にする事が一番の幸せです。一番好きな事を見つけてけてください。」この言葉通りに私の仕事は、一番好きなピアノの仕事です。調律に修理に販売と好きなピアノといっても仕事内容は、幅広い。そして沢山のお客様に支えられて今があります。もっとピアノの素晴らしさや芸術性・奥の深い所を多くの皆様にお伝えしたい!そんな気持ちが沸々と湧いて来て2020年がんばるぞ~!といってもコロナウィルス大丈夫かなぁ~?人混みは、ちょっと避けようっと!

令和2年1月の出来事

2020年,新年を新たな気持ちで意気揚々とスタートしたと思ったら、もう2月になってしまった。今年は、「今日できる事は、今日やる!」これを肝に命じて士気を高めて仕事に取り組もうと考えています。まぁ~何時もの事ですから最初だけになりそうですが事あるごとにこの目標を思い出して充実した一年に成る様に努力していきます。そんな1月の様子を今回は、記事にしたいと思います。

今年は、1月5日からのスタート。昨年11月に開いたピアノ発表会の録音を編集・マスタリングして出演者それぞれにCDにして配布しなければなりません。今の時代は、携帯でそれぞれ録画しているでしょうから今更CDといってもそうそう喜ばれないでしょうが良い音と音楽性を高めたマスタリングをして良き記念にして頂ければと思います。昨年にある程度の作業は進めていたのですが最終仕上げとなるとまるまる1日掛の作業となった。何度となくそれぞれの演奏を聞き返しての作業になりますが何時ものプロの演奏と違って子供達の演奏には、小さな心の張り詰めた緊張が音に表れていてとても新鮮。途中で間違えて戸惑う様子、緊張でついつい演奏が速くなったり止まりそうに遅くなったり。繰り返し聴いていると今、目の前で演奏が繰り広げられているかの様にリアルな光景が頭の中で蘇ってくる。きっとこのCDを手にした親御さん達もあの日の緊張と心配と不安な気持ちが蘇り、きっと同じ気持ちになる事でしょう。良い思い出として喜んで頂けると嬉しいのだが(笑)。大変でしたがちょっと楽しい作業だった。

昨年から弊社在庫のピアノで仕上がっているが一つの鍵盤が欠けているのでお客様にお見せしていないピアノがある。忙しくてなかなか手を付ける事が出来なかった可哀想なピアノなので「ほっておいてごめんね!」と心の中で謝って全鍵盤交換する事にした。既存の白鍵盤を全て剥がして木部を調整をした後に新しい鍵盤を張り付ける。完全に接着が出来た後に木部からはみ出ている部分をベルトサンダーで削る。まぁ~これが白い粉が沢山出るので完全防護で作業するが、気が付くと顔から頭や全身にまるでパウダーを浴びた様な状態になる。最後は、やすりを手にして人力で全鍵盤を削って仕上げる。2日掛の作業ですが「今日できる事は今日やる!」今年の目標なので他の仕事の合間合間に士気高く作業に取り組んで綺麗に仕上がってようやくピアノ喜んだ・・・と思う。その翌日、初めてのお客様から電話が入る「〇〇先生にピアノを習っている者ですがピアノを購入しようと思うのですが相談に乗って頂けますか?」と電話が入る。この日は、事務仕事で書類と格闘している最中だったのですが「それでは、もしご都合が宜しければ今日これからピアノを見ながら色々と相談に乗りましょうか?」と申し出ると「是非!お願いします。」急ぎスーツに着替えてお迎えに伺った。おっ綺麗な奥様だ!ちょっとテンションが上がり気味で倉庫にご案内した(笑)。ピアノの設置場所の問題や肝心なご予算のお話をしながら色んなピアノをお見せして最後に昨日鍵盤張り替えを終えたあのピアノを弾いて見せると「なんて綺麗で澄んだ音!」と言ってとても気に入って頂いた。昨年、私が忙しくて修理してあげられなかった可哀想なピアノ。昨日出来上がったらもうお客様がついた!ピアノもきっと嬉しくて張り切って良い音出したのかな(笑)?と不思議な気持ちになった。是非、このピアノをお客様に使って頂きたいという気持ちになった。決してお客様が綺麗とか可愛いとかそんな事ではありません・・・決して(笑)。だがちょっと予算オーバー!大出血サービスしてクレジット決済をしてキャッシュバックを計算に入れてめでたく購入して頂いてその翌週無事に納品して、とっても喜んで頂いた。

1月の中旬に調律師の友人から奥様のグランドピアノを買って欲しいと連絡があって浜松に行ってきた。年数は経っている物のほとんど使っていないピアノで外装も内部も綺麗な状態。奥様のご実家に置いてあったらしくご実家の処分に合わせてとりあえず浜松のピアノ工場に運び込んだらしい。さすが旦那が調律師だけあって保管状態は完璧。茶色のピアノで全く色あせも無かった。このピアノを綺麗に仕上げて内部の部品交換や調整を繰り返して良いタッチと良い音に仕上げる。ピアノを隅々まで見回しながら頭の中で蘇った音色がイメージ出来た。新年早々楽しい仕事に出会えて幸先が良い!

そんな中、ピアニストから電話が入る「以前相談したロシアのピアノの件なんですけど、友人が断捨離を進めるので処分して欲しいと言っているんですけど引き取って頂ける?」「はい、良いですよ!早速手配をしましょう」と段取りを組んで引き取った。運送屋の倉庫に入庫した所で見に行くと我々プロが今迄に見た事も聞いた事も無いピアノだった。聞く所によるとそのお客様のご主人がソ連大使館勤務でソ連で中古を購入して持ち帰ったらしい。その時は、燭台が付いていたんだけど近所の調律師に頼んでオーバーホールをして貰ったらしいが、こんな事書くのもちょっとためらうがそれはそれは、ひどい修理と塗装で現状態では、修復不可能。誰も手を付けて無くてオリジナルのままだったら良かったのに!これでは、全く使い物にならない。かなりガッカリさせられた。すると頭をよぎったのが昨年オーバーホールを頼まれたボロボロ再起不能状態のプリマトーンだった。まぁ~あれは、日本製で現代の構造のピアノだったが、綺麗に仕上がった。今回のソ連製ピアノは、恐らく100年以上は、経つであろう代物。鍵盤数も85鍵象牙。このまま廃棄するか迷いに迷ったが、恐らく日本に1台しかないんじゃないかなぁ~と思い直して修理する事にした。丁度、世界各国から仕入れた燭台の在庫もあるし商売にならないが珍しいピアノだから私のコレクションにする事にした。ここまでくると、もう道楽(笑)。仲間に笑われそうだな!

昨年12月の記事「ピアノ調律師として嬉しかった事」で書いた結婚式の件。昨日調律に行って来ました。昨日は、天気も良く海も綺麗でずっと眺めていたい気分。でも明日は、お客様の晴れの舞台いつもより調律に気合とどうか末永くお幸せにと気持ちを込めて作業を終えた。

1月もここには書けない色んな事や出会いがありましたが何だか充実したスタートが切れました。今年の目標である「今日できる事は今日やる!」この歳になって今更といった感がありますが、ここに書き記した以上努めて実行して行きたいと思います。この1月の出来事を鑑みると前向きに充実する様に取り組めている気になって少し楽しい(笑)。きっと途中、中だるみすると思いますがそんな様子を見かけたらどうぞ優しくご指摘ください。