「ひと言」カテゴリーアーカイブ

営業再開のお知らせ

お客様各位

平素は鎌倉ピアノ芸術社をご利用頂き、厚く御礼申し上げます。新型コロナウィルスによりお亡くなりになられた方々には心よりご冥福をお祈りすると共に、そのご家族や親族の皆様には、謹んでお悔やみを申し上げます。緊急事態宣言も延長され不要不急の外出自粛を余儀なくされる中、お客様より営業再開のお問い合わせが増えてまいりました。お客様と従業員の安全を第一に感染予防の対策を万全に心掛けて営業を段階的に再開させて頂きます。

感染予防の対策

お客様宅にお伺いするピアノ調律について

①調律師の健康管理の徹底。(毎日の検温、手洗い消毒の徹底)常時作業員は、車内にアルコール消毒液を携帯しております。お客様宅に入る直前に必ず消毒の徹底を行います。

②感染防止の為に必ずマスクを着用させて頂きます。

③お客様宅に入る前に必ずゴム手袋を着用して直接お客様宅の物に触れない事を徹底致します。ピアノ調律作業中もゴム手袋着用のまま作業させて頂きます。

④ソーシャルディスタンスを心掛け一定の距離を保ってお客様とのご対応に努めます。

ピアノ販売について

弊社のピアノ販売スタイルは、不特定多数の方が来社する事がありませんので従来通り複数のお客様が同時に来社する事がありません。今迄通り電話予約をして頂いてお客様には、マスクの着用をお願い申し上げて存分にご試弾いただけます。

ピアノ修理作業について

修理・再生作業は、従来通り丁寧にこだわりを持って作業させ頂いております。

3月以降の定期調律のお客様へ

例年では、定期調律の時期に弊社担当者よりお電話を差し上げておりましたが、今回の新型コロナウィルス騒動の混乱と弊社の調律業務におけるお客様の安全確保の対策を模索しておりました関係上、ご案内のお電話は、差し控えさせて頂いておりました。此度、ようやく安全確保の為の用具も万全に整い段階的に再開してまいります。当面は、お問い合わせを頂いたお客様とご了解を頂いたお客様から優先的にご対応させて頂きます。多くのお得意様の定期調律の時期が少し遅れてご迷惑をお掛けいたしますが、時節を鑑みて徐々にお客様の大切なピアノのご対応をさせて頂きますので何卒、鎌倉ピアノ芸術社を宜しくお願い申し上げます。

鎌倉ピアノ芸術社 

代表取締役 梅根 恒紀

 

 

 

休業宣言の最中に!

コロナウィルスの影響で4月9日より休業を宣言して早3週間。いよいよゴールデンウィーク突入。ニュースで鎌倉や江の島界隈の大渋滞が報道されると私の自宅町内では、早朝から「鎌倉には、お出かけにならない様に!」と不要不急の外出を自制する呼びかけ放送が鳴り響く。暖かく気持ちの良い晴天に誰もが活動的になるこの時期の自粛要請は、かなりのストレスが溜まる事でしょう。そんな休業を余儀なくされたこの頃の様子とふと思い出した昔のお話を今回は、記事にします。

不要不急と言えども食料の買い出しはしなくては、飢え死にしてしまうのでいそいそとスーパーや商店街に買い出しに出掛ける。すれ違う人、通りを歩く人、車を運転している人、目に入る人ほぼ全員がマスクをしている。もうその異様とも言える光景が事態の深刻さを表している。若いお姉さんや昔若かった女性も顔の半分は、自然とマスクに隠れる。もう綺麗なのかそうで無いのかすら判断出来ない。男に関しても怪しげな人なのか危ない人なのか判断出来ない。「緊急事態宣言てこういった意味も含まれてるんだなぁ~(笑)!」とくだらない事をつぶやくと横で妻が呆れたを通り越した冷ややかな目でちらっと見た。あ~ストレスが溜まって来ているんだなぁ~と良い様に解釈する(笑)。ニュースで海外の様子が映し出されると海外でも行き交う人皆がマスクを着用している。もう世界中の人間が全員マスクしているんだ!これから人類は、マスクするのが当たりまえになるのかなぁ~。もう一生みんなで半分顔隠すともう誰が誰だか分んなくなっちゃうなぁ~!これは一大事だ!なんてまたまたくだらない事を考えたが、今度は、叱られそうなので口にするのをグッと堪えて真摯に一日も早い事態の終息を心から願った。

1カ月間、仕事を休んだのは、今から25年位前だったかなぁ~!33Kgの愛犬を抱っこして自宅階段を踏み外して左足を骨折した時以来である。その時は、左足にギブスで松葉杖なのでピアノ調律をしようにも出来ない状態。覚悟を決めて療養に専念して安静にしていた。それでも世間は、通常通りの経済活動なので横になっていても電話は、鳴るわちょっと来てくださいなんて事もあって左足骨折だったので車を運転して行くとお客様が驚かれて数年経っても「あの時、梅根さん松葉杖で片方革靴で片方サンダルでしたね~(笑)。あんな時にいらして頂いて申し訳なかったです!」と笑い話になる。その時期、お休みしている時に携帯が鳴った。「横浜の○○区の○○です。梅根さんですか?」当時、6年程のお付き合いのお客様でした。最初にお伺いした時は、親戚に譲って頂いたKAWAIのピアノで購入して1回しか調律していない為にピッチが全音下がっているひどい状態での作業でした。古い日本建築の大きな家で玄関を入ってすぐの和室にピアノがあり障子の向こうに一面芝生の広い庭と大きな木が印象的な落ち着いた雰囲気の家。記憶が定かでは無いが4時間位かけて正常の音の高さに上げて弾ける状態にしたというのが最初の出会いでした。調律をするとかなり良い音になったが15年程放置されたピアノで1回しか調律してない言わば寝たきりの人を叩き起こしてさぁ~全速力で走りましょう!なんて訳には行かないのと同じで次の調律までには、又随分音は下がるだろうとそんな感じの説明を丁寧にお客様にすると「折角、縁があってこの家に来たピアノですからこれからは、ちゃんとしてあげたいんです。」と仰った。息子一人と娘二人の三人のお子さんを持つご家庭で全員がピアノを習い始めていました。ある年、調律の時期になってお電話差し上げても誰も電話に出られないのでどうしたのかなと思いながら、確か3カ月程、時期が過ぎていました。携帯で「はい、梅根です。お世話になっております。お元気で居らっしゃいますか?調律のご連絡を何度も差し上げたんですがどなたも電話に出られないのでどうされたのかな~?と思っていた所でした。」と申し上げると「そうだと思って、ごめんなさいね!私、今入院していて子供達は、実家に預けているんです。」「そういえば昨年もちょっと調子が良くないとおっしゃっていましたから、ちょっと心配していたんですよ!」と申し上げると「よく覚えていてくださいましたね。昨年から入退院を繰り返しているんです。それで今は、自宅に誰も居ないし調律をお願い出来ない状態なんです。ピアノ大丈夫でしょうか?」「ちゃんと毎年調律しているので大丈夫ですよ!退院されて落ち着かれたらお電話ください直ぐにお伺いしますよ。そんな事よりもお体お大事になさってください。」「今年の調律は、そういった事情で無理ですが来年の調律の時期にお電話くださる?これからもずっと毎年の調律宜しくお願いします。」と病床からいつもと違う、か細い声でこれからも毎年の調律宜しくお願いします、の言葉が良くない状況を察知させて僕の心に深く刻まれた。翌年の調律の時期にお電話するとご主人様が電話に出られてあの電話を頂いて間も無くお亡くなりになられた事を知らされた。その後、弾く機会を著しく失ったピアノですが、「妻が病院からそんな電話をしていたんですね。」とご主人様も奥様の気持ちに応えて毎年の調律を続けていらっしゃる。私もその思いに応えて丁寧に繊細に毎年の調律作業をさせて頂いて何時でも良い音で良いタッチで弾けるとても状態の良いピアノに仕上がっている。昨年、お伺いした折に次女に女の子が生まれた事を聞かされて「数年したらお孫さんがピアノをつかってくれますね!」と言うと「そうだと嬉しいですね(笑)!」とご主人様が仏壇の遺影写真に微笑みかける様子に僕の心がきしんだ!1台のピアノを通じてなんて素晴らしいお客様と知り合えたんだろう。この仕事をしていて本当に良かったと思える瞬間でした。そんな出来事を思い出して悦に入っているとあの買い出しに出掛けた時の妻の冷やかな顔がよぎった!あ~改めて一日も早いコロナウィルスの終息を心の底から望んだ!

 

コロナウィルスの影で!

世界中で猛威を振るっているコロナウィルス。オリンピックも延期になり不要不急の外出禁止要請。長年生きてきて初めての出来事です。全く先の見通しがつかないこの事態が一日も早く終息する事を願って最近の様子を時系列に沿って記事にしたいと思います。

例年通り2月は、普段の仕事に加え、学校調律の時期ですがいつもと様子が違う。体育館で調律をしていると先生方が卒業式の準備をしているが、パイプ椅子の数が少なくあっと言う間に準備が終える。「もう終わりですか?」と先生に聞くと「今年の卒業式は、生徒だけで行うんですよ。コロナウィルスの影響ですね!」卒業式や入学式にも影響を及ぼしてご両親にとっては残念でならないであろう。更に東関東大震災で入学式が中止になった子供達が9年経って中学の卒業式にこのような事態が起きようとは、誰にも予想出来ない事で可哀想でならない。どうか、この様な因果に負けじと明るく強く育って欲しいと心から願う。

今年の初めからポロポロと売れ続けたピアノの納品準備が連日続く。ピアノ買取価格の高騰の影響で中古ピアノ販売価格も当然上がり中古とは思えない金額になってしまっている。既に十分良い状態に仕上がっているピアノですが、購入が決まるとお届け前に再度調整を繰り返して飛びっ切りの良いピアノに仕上げてお届けするのが弊社の使命だと考えて連日作業に没頭する。一つ手を入れるとピアノが喜んでいる様でついつい大して減っても居ない部品もついでに交換しちゃおう、どうせなら高い部品に交換しよっと!と調子に乗って作業を進めるとあからさまに利益が減って「ちょっと安く売り過ぎたかなぁ~」と後悔するがどんどん良い音・良いタッチに変わって行くとそれだけで自己満足してまぁ~損はしてないから良いか!と心に言い聞かせる(笑)。実際そのピアノに掛かった作業時間も計算に入れると・・・考えただけで後悔するので考えない事に(笑)。

 

その作業時間ですが、経験と技量により差は出ますが、実際は使う工具や道具によって大きな差が出ます。もちろん調律師によっては、2~3カ所部品交換や調整はやった事があってもピアノ一台88鍵となるとやった事が無い調律師が多いかもしれません。経験は、それを何台も作業する事で養われます。何度も失敗してやり直したり作業効率を上げるために新たに治具を作ったり試行錯誤を重ねると経験と技量が上がると考えます。きっと沢山失敗した方が経験値があがりそれを克服するために色々考えぬいて技術が向上するのでしょう。また、新たな治具や工具を新調すると早く使ってみたくて、もうそれはワクワクして楽しくてたまらない。それを作業時間計算に入れるのは?ちょっと気が引けるので考えない事にしています。本当にそんなので良いのかな(笑)?ちょっと不安!

 

 

そんな折に仕事先の観光協会の方々との話で旅館関係は、中国人観光客のキャンセルが立て続けで当然日本人もキャンセル。開店休業状態と深刻な様子。弊社の仕事もコンサートの中止の連絡が軒並み入り加えて2月から4月までの結婚披露宴の延期の連絡が入る。そんな3月の3連休は、山梨県に仕事で出かけた。コロナウィルスの影響で高速道路も空いているだろうと思いながらも早めに家を出たが連休の初日だったせいかはたまたお彼岸なのか大大大渋滞。天気に恵まれた事も重なり最初のお客様宅に1時間30分遅れの到着。遅れたにも関わらずお土産まで頂いて上機嫌で友人と待ち合わせしたレストランへ。3~4年前に知り合った山梨に住む実業家であり学者でもありオーデイオのプロである大先輩に会いに遅れて到着した。そのイタリアンレストランは、キングスウェルといって落ち着いた雰囲気に上質なサービスと美味しい贅沢な料理が振舞われる。手入れの行き届いたイングリッシュガーデンにコンサートホールを併せ持つ。珍しく木造建築で品の良い自然な響きが心地良いホールには、ベーゼンドルファーとパイプオルガンが鎮座している。大先輩の計らいでオーナー自らが案内して頂いてベーゼンドルファーとパイプオルガンを触らせて貰った。今まで触ったどのベーゼンドルファーよりも音がふくよかで伸びる。あ~良いピアノだ!ホールの響きも相まって思わず調律したくなる(笑)。パイプオルガンは、正しく楽器の王様。少し鍵盤を押さえるだけでホール中に響き渡る大迫力に圧倒され身も心も清められていく感じがした。大先輩と友人と共に楽しい時間を過ごして上機嫌で帰路に就いた。帰りも当然大渋滞でしたが如何せん上機嫌なので全く疲れ知らずにちょっと遅くに帰宅した。「世の中、コロナウィルスで大変なのに大渋滞だったよ。驚くよ!」と妻に報告すると「あなたも遊びに行ったんでしょ?同じじゃない(笑)!」と一喝され、あいなく撃沈された。