嬉しい楽しい大変なお仕事!

令和元年5月の関東は、突然真夏の様な猛暑になったり一気に気温が下がったり起伏の激しい天候。そして北海道では、日本のどこよりも気温が高いと北と南がひっくり返った様な聞いた事も無い異常気象。そうこうしていると西日本より先に関東の梅雨入り。もう色んな意味で日本は、滅茶苦茶になって来ているなぁ~と心配になった5月6月の奮闘した出来事を記事にしたいと思います。

5月の末にサロンコンサートが開かれた。会場の梶谷ピアノ教室は、多くの方にピアノの音のすばらしさを知って頂いてピアノが大好きになって貰いたいとの思いからこの一年、何度となくサロンコンサートを開催している。今回は、洗足学園音楽大学・大学院で講師をされている「白澤暁子先生」によるコンサート。当日は、朝から調律に入り念入りに順調に作業を進めた。11時過ぎに白澤先生自ら運転されて到着。直ぐにピアノに向かってリハーサルを始めた。「下から上まで満遍なく良く鳴りますね~。」とピアノの感触を噛みしめながら当日演奏される演目ドビュッシー・リスト・モーツァルトを次々と演奏された。すると「モーツァルトは、もっとピアノと対話をしたいわ!」と言うので「大屋根を一段下げましょうか?」と申し出て一段閉めて弾いて頂くと「本番は、モーツァルトだけ大屋根を一段下げましょう」とにこやかに速やかに事が決まった。さすがに感性に優れていて状況の判断力の鋭さにビックリさせられた。私は、当日の演目の中にドビュッシーが入っていたので特に和音の響きに気を配って念入りに調律をした。白澤暁子先生の絶妙な演奏テクニックで決して広くない会場に奏でる音が綺麗に舞って見える様でとても嬉しくなった。昨年私が手塩に掛けて6月に納品したスタンウェイのグランドピアノは、この一年で大勢の方に見て聞いて弾いて頂いて、その音色とタッチと木目の美しい様を皆様に誉めて頂けてとても幸せな気持ちで一杯です。この様なコンサートによって梶谷先生の思いが多くの方に伝わって教室の繁盛へと実を結んでいる。そのお手伝いをほんの少し出来ているかな(笑)?この子(ピアノ)を先生宅に嫁がせて良かった思えて親心で喜びを噛みしめた。

6月3日に嘉山路晴・淳子夫妻のコンサートが某ホール開かれた。演目は、「冬の旅」。毎年の事ですが前もって調律の依頼を受けていて当日は、一日開けて楽しみにしていた所、5月の末に突然「3日、宜しくお願いします。」と電話が入った。「はい!こちらこそよろしくお願いします。」するととても申し訳なさそうに「梅根さん、もしよろしければなんですが当日録音お願い出来ませんか?もし無理なら私達で適当に録音しますからいいのですが・・・」嘉山先生とは、10年ほど前に先生宅にベーゼンドルファーを搬入してからのお付き合いで毎年のコンサートも担当させて頂いていますが何時も決まった録音の方がいらしてCDを製作していました。「あれ!今年は、いつもの方はどうされたんですか?」と聞くと「それが先週突然亡くなられたんです。もうご高齢でしたし・・・突然でビックリしてしまって・・・今年もお願いしていたんですがその様な事情で・・・」「え~毎年とてもお元気だったのに・・・」とか何とか色んなお話をしながら「ちょっと電話を切ってお待ち頂けますか?」と言って電話を切り直ぐに友人に電話を入れて事情を話すと友人は、「そんな事情なら喜んでお手伝いするよ!」と二つ返事で引き受けてくれた。丁度新たな機材を購入した所だったので本番数日前に弊社倉庫で友人と二人で新製品を使った録音テストをやった。当日、あたふたして録音失敗では、済まされないので念入りにテストを繰り返した。

当日、朝9時に会場入りして調律を始めるのだが、今回は機材の搬入があるので30分早めに搬入口に到着して受付の手続きをすると若い警備員さんが「会場は9時からじゃないと入れません。この業務エレベーターも9時からじゃないと使えませんので9時までお待ちください。」ときっぱり!私は「会場の係りの方は、9時少し前だったら搬入出来ますよと言われてるんですが?」「いえ私共は、いかなる場合でも9時と言われていますのでお待ちください」とまたまたきっぱりと。心の中で「こいつじゃらちが明かないな!」とつぶやいてエレベーターの前に機材を運んだ。すると受付の窓口から警備員がずっと私を監視している。何か怪しい危険な奴だと思ってるのかなぁ~とか色々と考えながら時間が経って9時3分前になった時に女性が出社して来て業務用エレベーターに乗り込んだので慌てて機材をエレベーター内に運び始めたら警備室から若い警備員が飛んで来て「まだ9時になっていません!」と言いながら運び込んだ機材をエレベーターから運び出した。「おいおい、もう9時でしょ?」と言うと「いえ、まだです!」とまたまたきっぱり!こいつ監視して走って来たな!と随分気分を悪くした。そうこうしているとまた若い警備員がやって来て「9時になりました・・どうぞ」と言って私の機材をエレベーターに運ぶのを手伝ってくれた。何だ職務に忠実な好青年ではないかと少し気分を良くした。「全く朝から調子狂っちゃうなぁ~(笑)!」と心でつぶやいて、そんな自分に呆れながら大きな台車で大量の機材を会場に運び込んだ。この日は、天気が良く気温も高かったので会場のスタッフにエアコンを入れてくださいとお願いして自動車を駐車場に移動しに行って直ぐに戻って調律を始めるのだがもう9時40分になっている。11時からリハーサルなのにちょっと間に合わないかな?と思いながらピアノを触ると何とピッチが3Hz上がってる。今日は、バリトン歌手の冬の旅だから困ったな!いよいよ間に合わないぞ!と覚悟を決めて指定のピッチに下げる調律に取り掛かった。10時30分に友人がまたまた大量の機材を運び込んで来てセッティングを始めた。11時嘉山先生が「梅根さん、おはようございます!」と会場入りされた。「申し訳ございません。もうちょっと時間が掛かります。」と伝えると「大丈夫ですよ!ごゆっくり」と言って頂いてほっとした。11時を随分過ぎて調律を終えた。直ぐに先生がピアノを弾き始めて「弾きやすいわ!」と気持ちよさそうに演奏をしてOKを貰った。直ぐに私の機材のセッティングを始めてようやく全ての機材がつながってレベル合わせやマイクの位置の見直しなどなど慌ただしい時間が通り過ぎたらもう開場の時間になっていた。大勢のお客様が席に着いたと思ったらもう開演。慌ただしい時間が過ぎて本番が始まり先生の素晴らしい歌声と心地よいピアノの音色に酔いながら一気に24曲歌いあげるパワフルさに圧倒されながらの至福の時間は、あっという間に過ぎ去った。さて今度は、機材の撤収作業。何だか今日は、目の回る忙しく体力のいる慌ただしい一日だったなぁ~。翌日、先生から「昨日は、ありがとうございました。何時頃CD出来上がります?早く聞きたい」と言われたので「出来るだけ急いでやりますからちょっと待ってて!」と言って電話を切った。今回は、私がDSD11.2の高音質と44.1マルチ録音の2種類で友人がDSD5.6の高音質と計3種類の録音をしている。これから録音の聞き込みをして編集してマスタリングしてCDデーターを作る一番大変な作業が残っています。本職のピアノの仕事を普通にこなしながら空いた時間を全てこの作業に費やしてもまだまだ作業は、延々と続きます。調子に乗って大量機材を投入して3種類も録音しちゃったから単純に考えても普通の作業の3倍じゃん(笑)!もう~急がなきゃ!

令和の時代に

5月1日より元号が令和へと変わり新たなおめでたい気持ちでスタート。大方の皆様は、連休明けが新たなスタートになるんだろうなぁ~なんて考えながら弊社の4月・5月の弊社の様子を記事にしたいと思います。

今年は、ゴールデンウィーク10連休というお客様は、沢山いて「どこかにお出かけになりますか?」と聞くと「いや~ようやく空いてる旅館を見つけましてね・・・」とか「沖縄に行くんですよ!」とか「近場かな?どこに行っても混んでるでしょう(笑)」なんて声も。皆さんお休みが多いとちょっと大変そうです。そんな中、弊社は何時もの様にゴールデンウィーク中にお伺いする事になってるお客様やピアノの修理でお休みは、ほんのちょっとでした。5月1日からは、新たな気持ちで作業場でピアノ講師のピアノのアクション鍵盤修理に没頭した。レッスンがお休みの時に修理と言われての作業です。何度となくこなしているバットスプリングコード交換と鍵盤に付いているフェルト(ブッシングクロス)を全て新しい物に交換です。いつも思うのですが、鍵盤ブッシングクロス交換は、最初にすり減ったブッシングクロスを剥がす作業から入り新しい物を治具を噛ませて貼るといった云わば簡単な作業ですが鍵盤数88でフロント・バランスと2カ所を交換ですから合計176カ所のフェルトを剥がして貼る訳です。ただただ根気のいる地味な仕事です。その簡単な作業も時代と共に昔教わった方法や治具や接着方法では、今の家庭の空調設備には、ちょっと合わなくなって来ている。各自それぞれ研究をして経験を沢山積んで一番良い方法を見つけ続けなければなりません。連休中に新たな方式で丁寧に作業しながら弊社の令和がスタートした。

 

KORGピアノ消音ピアノユニットが新しい機種へとバージョンアップした。新機種をゴールデンウィーク前と休み明けに2台の取り付けをした。新機種と言っても見た目がちょっと変わった位で何処がどう変わったのか良く分からない変更で値段が少し上がった。実際に取り付けてみると確かにタッチの感触がよりリアルになって音も良くなっている。5000円アップですがこれらならばお客様も喜ばれるだろうと安心した。ただ、きっちりと取り付けするとかなりの時間が掛かる。ネットなどで取り付け3時間とよく見かけるが取り付け400台を超える僕が一心不乱に丁寧に作業すると5~6時間は掛かる(笑)!きっとまだまだ修行が足りないんでしょうが是非、取り付け部品、特に消音バーや取り付け金具のバージョンアップも切にお願いしたい。

毎年の事ですが5月12日に鎌倉プチロックフェスティバルVol.5が開催された。今回は、天気に恵まれて過去最高の人出になった様です。今年も前もってピアノの調律にお伺いすると昨年11月のフェスティバルが雨だったのでピアノが濡れて内部のアクション(機械)が沢山痛んでいた。想像していた通りで海風の塩分と雨による湿気。最悪の環境に一日置かれたピアノは、こうなるんだと良い勉強になります。トラブルが無い様にきっちりと作業して当日、朝9時に公園に搬入して直ぐに調律に入った。朝の海浜公園に一人スーツ姿でピアノの調律をする姿を関係者に隠し撮りされました。ひと声掛けてくれればカメラ目線でポーズ取ったのに!ちょっと悔やまれる(笑)。いずれにせよアコースティックサウンドだけのお祭りでお客様の楽しそうな顔を見ると毎回、音楽って素晴らしいと心から思う。

前回記事をアップした後4月11日にピアノテクニシャンフォーラムが開催され沢山のピアノ調律師が会場の新宿に集まった。今は、協会の開催関係者広報として参加しました。会場にいらしている知らない調律師を選んでインタビューをすると「那須から高速バスで来ました。昨日、雪が積もったので心配したんですが大丈夫でした(笑)。」前日は真冬の様な寒さで山間などは、積雪が記録されましたが当日は気温は、やや低いものの晴天に恵まれた。そんな中、テクニシャンフォーラムには、ピアノ関係の業者のブースも開設される。その中に弊社が30年に渡り取引をしているイトーシンミュージックというピアノ部品や付属品の販売会社も出店していた。30年位前に一度だけその会社によって調律工具を購入しましたが、その後、今に至るまで電話だけで注文を済ませるといった横着な取引で電話で無理難題を押し付けても快く対応して便宜を図って頂いている。取引はあっても僕は、今の担当者の顔を知らないし見た事も会った事も無い。申し訳ない思いでとても申し訳ない顔をしながらブースを訪ねると「梅根社長いつもお世話になっております」と会った事ないのに分かるんだ~とビックリして、申し訳なさ過ぎてばれちゃったのかなぁ~と一瞬で色んな事考えて,そうか関係者の名札を付けていたんだと思い返して「梅根でございます。こちらこそいつもお世話になっております。」というと「やっとお会い出来ました(笑)。」電話の声で勝手に想像していたイメージとは全く違っていたが、いつもの声がとても心地よくて直ぐに顔と声のイメージが一致した。「いつもお伺いするすると言いながら(笑)。ちょっと遠いからね~(笑)。」と申し訳なさそうに言うと「いえいえ、いつもご注文ありがとうございます。」と言って後ろから新しい商品カタログが出来上がったんですと言って分厚い冊子が差し出された。「じゃ~これ見てまた注文するね!」というと「よろしくお願いします。」といつもの声が響いた。それだけで今日来た甲斐があったなと、とても良い気分になった。

ピアノを通じて嬉しい事が!

すっかり春になって気分もハレバレしている所に日本全国誰もが関心を持った4月1日新元号発表。その日は、鎌倉から都内に移転したご高齢のお客様宅に朝から調律にお伺いしていました。お母様お1人住まいで「都心に移転して遠くなるけれど必ずあなたに来て頂きたいの」とお手紙を頂いて閑静な素敵なマンションに初めてお伺いした。11時30分ちょっと前から二人でソファーに座ってその発表を待った。随分待たされてようやく「令和」と発表になった時に顔を見合わせてお互いが「令和」と言ってほほ笑んだ。お互いに昭和・平成そして令和と三つの元号を生き抜く訳で新元号の発表をお客様宅で見た事が深く心に刻まれました。帰りしなに「お体に気を付けて沢山ピアノ弾いてください(笑)。お怪我だけは、くれぐれを気を付けてください。」と言うと「来年も桜の時期にお待ちしてますから。」と言って頂いて客様宅を後にした。今回は、時代と共に変わってしまった仕事ととても嬉しい出来事があったのでその事について書き記したいと思います。

横浜市立中学校から職業講話の依頼を受けて3月19日に2時間講話と体験の授業をしてきました。ここ数年、依頼を受け続けているので少しは手馴れて来たのか、授業の時間配分も臨機応変に出来る様になって来たつもりでいます。横浜市のカリキュラムの優れていると感心する所は、後日、必ず授業を受けた生徒全員から手紙が届く事です。これは、国語の授業で手紙の書き方として指導があるのだろうと想像しますが拝啓に始まり季節の書き出し文から御礼と感想そして敬具で締めくくられる。生徒がそれぞれの便箋に丁寧にその思いが綴られる。弊社が何年も複数校からのこの依頼を受け沢山のお礼状を頂いて今回初めて「ピアノ調律師への興味が湧いてきました。」との一文が目に入った。その喜びたるもの自分自身驚きでした。生徒達には、ピアノを通じて私の体験談を基に「将来一番好きな事を仕事にすることが一番の幸せです。」と伝えたいと思って取り組んでいます。大半の生徒にその思いは、少しは伝えられたかな?と思って来たつもりですが、初めて調律師に興味が湧いたと書いてあると何とも言えぬ喜びに何度も何度も読み返した。既に段ボール箱一杯になって大切に保管している手紙の中でお金で買えない飛び切りの喜びを頂いた事にただただ感謝すると共にこのボランティア活動に対する喜びと更なる意欲が湧いて来た。

桜のトンネルが続いて、ついついアクセルが緩む

冒頭で昭和・平成そして次は令和と三つの元号を生き抜くと書きましたが、昭和の時代は、楽器業界花盛り。ピアノが売れて売れてウハウハ。お子さんが居る家庭には、必ずピアノがあるといった時代で横浜市○○区○○町の区ではなく町の中で朝から一日何件もお客様宅を回って効率の良い仕事が出来る時代。一軒のマンションで朝から夜まで一日中何件も仕事をこなすといった事も珍しくない時代でした。昭和も50年後半あたりからピアノ販売も大きく落ち込み始めて昭和61年にピアノ工場の倒産や閉鎖が続き楽器業界の暗黒の時代に入ります。ただ、ピアノ調律師の仕事では、以前に購入して頂いたお客様が沢山いらっしゃったのでいきなり仕事が無くなる事も無くまた、大手販売店の倒産が相次いだ事が幸いして弊社は、お客様に支えられながら運良く順調に販売を持続する事が出来ました。平成に入りバブルの崩壊など暗いニュースが続く中、弊社の仕事のエリアに大きな変化が表れてきます。昭和では、神奈川県内といっても鎌倉、横浜を中心に限られた範囲しか商圏として網羅出来なかったのが自ずと神奈川県全域から東京の一部と必要に迫られ需要に応じて商圏が自然に広がって行き営業車の走行距離が爆発的に伸びて行く事になります。インターネットの普及により全てのビジネス形態が変わりSNSの普及により私と直接面識のない色んなお客様からのお問い合わせで新たなビジネスチャンスが広がって行きます。当然、その行動範囲は、広大になり営業車の走行距離はまたまた跳ね上がりまた、新幹線・航空機の利用も増え各地に知り合いが増えて、もちろん採算の取れる範囲内ではありますが、新たな人との出会いに心躍り有意義に楽しく仕事が出来ている事。ただただ弊社を支えて頂いているお客様達に感謝するばかりです。

ネズミの被害で散らかっている鍵盤下。パンチングクロスは、全て交換。鍵盤ブッシングクロスも沢山交換した。
西伊豆「愛の鐘響く恋人岬」

そんな中、調律修理依頼一通のメールが届きました。長年放置保管しているピアノを使えるようにして欲しいとの依頼です。西伊豆の静岡県賀茂郡からの問い合わせで片道3時間は掛かるであろうご依頼に躊躇しながらお電話を入れるとご主人様が親に買って貰ったプリマトーンというピアノで湘南の実家から西伊豆の近所の空家にシロウトが運んだというのです。そして最近、力自慢の友人達でご自宅に運び込んだとの事でした。私は、その近郊の調律師を紹介する旨を伝えましたが出来れば御社にお願いしたいと思うとの申し入れにまたまた躊躇しました。下見に行くにも遠いし何かあって後日部品を取り寄せてなんて事も出来ないなと思いピアノ全体像と内部写真をメールで送って頂くことにした。直ぐに送られて着た写真は、内部に虫食い被害がある事が分かりました。そのメールには、西伊豆でシーカヤックなども体験できる「伊豆自然学校」を運営しておりますと記載されていた。伊豆自然学校をネットで調べると海の洞窟をシーカヤックで探検している様子などが写真にあがっている。もうピアノよりシーカヤックに興味が湧いてしまって「ピアノは、見てみないと何とも言えませんが、お伺いして致命的な問題が無ければその日から使える様に修理します。」と費用の幅とまるまる一日仕事になる旨をお伝えした。翌日にメールにてご夫婦で相談した所、是非お願いしたいとの事でしたので何が有っても問題の無い様に考えられるすべての部品を取り揃えて朝6時に自宅を出て9時に到着した。早速ピアノを見てみると虫食いとネズミ入っていた事が判明した。ネズミの被害は、昔は多かったのですが最近はちょっと珍しいかも?フェルトの虫食いとネズミが食い荒らした部品をせっせと交換や修理をして何度も調律して調整しているとご近所の奥様二人が調律の様子を見に来られた。晴天でとても暖かな日に恵まれて静かでのどかな土地にとても気さくな面白い奥様ともう一方は、お隣でご夫婦でガラス工芸作家だという「生島明水」という方とお会いする事が出来とても気分良く仕事がはかどった。ピアノも息を吹き返して良い音がするように蘇らせました。17時30分に全作業が終えてお客様宅を後にする時に「来年は、泊りで是非シーカヤックも(笑)!」と言われて「シーズンに合わせてお伺いする事にします(笑)。」と約束をしてとても気分良く帰途についた。帰り直ぐ近くに恋人岬と云う名所を通り掛かったので車を止めて絶景の夕日をしばし眺めた。はっと気が付いて周りを見渡すとさすが恋人岬。平日にも関わらカップルばかり。叔父さんが一人夕日を眺めて感傷に浸るもどうにも居心地が悪いのでそそくさとその場を後にした。遠くまで仕事に来たが来てみるとそこで新たな出会いがあってネットワークが広がって行く。ピアノを通じて新たな人達との出会いに恵まれて今は、楽しくてしょうがない!

Kamakura piano artistry corporation | Tel : 0467-47-1502