「#グランドピアノ調律 神奈川」タグアーカイブ

日本が誇った高品質なピアノ。

2022年9月に入った途端に最高気温も下がり過ごしやすくなって来たが6月7月8月の35℃36℃などの異常な暑さの後では、31℃は、過ごしやすい。人間の経験値とは凄いものだなぁ~なんて変な感心を抱いていると台風シーズン。これは、何度も経験して詰まる所、人間は無力だと思いしらされた経験値なんでしょう。昨日から沖縄九州に猛烈な威力の台風が上陸してこれから日本全土を横断するらしい。今日は、大人しく息をひそめて自宅でパソコンに向かっている。今回は、そんな9月の様子を記事にしたいと思います。

3年余り我慢に我慢を強いられていた音楽家の方々がようやく大手を振って活動を始められた。ピアノ講師の先生も遠慮なくコンクールに発表会にと前向きな話が飛び交う。弊社もコンサートにレコーディングに発表会とどんどん予定が埋まっていく。コロナ前と同じとは言えないまでも皆無だった時期を経験するともう大繁盛の様な錯覚に陥る(笑)。これは私の愚かな経験値たる物なのでしょう。しかし、それが錯覚であったとしてもとっても気分が良い(笑)。もうそんなちょっと浮かれた日々を過ごして居るとまた新たな仕事も舞い込んで来たりしてちょっと楽しい。そんな調子に乗っている所に電話が入って「調律をお願いしたいのですが?」「はい!お伺いしますよ。」すると「かなり古いピアノで他所で見積もりをして貰ったら40万掛かると言われたんです。」「ピアノのメーカは、何でしょうか?」と聞くと「即答でYAMAHAです。ただアメリカで購入した物なんです。」「それは、背の高さが低い118cm位の木目のピアノでしょうか?」と聞くと「そんな感じです。」過去に何台も輸出用のYAMAHAを調律した事があるので大して問題は無いだろうと想像したが他社で40万円の見積もり???何だかその中途半端な金額に違和感を抱きながら「とりあえずお伺いしてピアノを見てみましょう。それから考えましょう!」と言って後日お伺いした。

立派なお宅の奥の方の部屋に鎮座しているピアノは、シンプルでとっても素敵なデザインのYAMAHAでした。お客様がアメリカ転勤の時に中古で購入したピアノで年式とか全く記録が残っていないが中の使用部品を見るとそんなに古い物ではありませんでした。と言っても30数年、いや40年近い位前のピアノだと思われるが湿度の関係でアクション(機械)の動きが悪く鍵盤が下がったままの所が沢山ある。音は、半音の半分位、物凄くピッチが下がっているので弾ける状態ではありませんでした。しかし40万の見積もりをひねり出す要因が何一つ見当たらないのでお客様に「そんなにお金を掛けなくても大丈夫ですよ。3万円に消費税、33.000円で今日、とりあえず弾ける状態に出来ます。3~4時間位、お時間掛かりますが・・・お時間は、大丈夫ですか?」と告げると「お願いします。」と即答して頂いて集中して作業に没頭した。コンソールピアノ(背丈の低い,弦長の短い)ですが、そこはさすがYAMAHA、アクション(機械部)の精度は抜群に高く耐久性も抜群修理や整調(調整)もすんなり進む。ピッチ上げの調律も何ら問題なくあっという間にピアノが仕上がった。まぁ~鍵盤調整とかハンマーファイリングや整音などなど、やる所は沢山あるが、まぁ~それは追々お客様のご要望に応じてでとりあえず、きれいな音で普通に弾ける状態になってお客様も大層に喜んで頂いた。やっぱり昔のYAMAHAは、良いなぁ~いい仕事してるなぁ~と改めて日本製品の質の高さに舌を巻いた。

9月の初めにピアノ修理でハンマー交換という作業があるがその真新しいハンマーに適切な角度の穴をあける。私は、この穴あけ作業が特に好きで電動工具と戯れながら道具を使いこなして完璧に綺麗に仕上がった真新しいハンマーの並んだ姿が何とも言えずに好きなのにそんな時に限って携帯電話が鳴る。何時もの友人からなのでちょっと忙しそうに不機嫌に出ると「おっ、今忙しいんだ!でもちょっと良い?今、友達んちに来てるんだけどボロボロのピアノがあって調律やって無いって言うからやってあげてよ!直るでしょ?」と言うので「ボロボロのピアノじゃ~やだよ!あんたが見てボロボロと思うんだったら完全にボロボロだろ。」「友達に凄い調律師が居るからそいつなら何でも直るって言っちゃったよ~(笑)!」「何のピアノなの?」「奥さん曰く、有名なピアノ製作者のピアノとか言ってるよ・・・おっカタカナでディアパソンて書いてある」「カタカナ?」そんなこんなのやり取りで友人のそのまた友人宅にその友人と共に伺った。見ると本当にボロボロのキークロスにカタカナでデイアパソンと書いてある。日本のピアノ史に名工として名高い大橋幡岩氏設計のピアノです。古くてボロボロでアクション修理をしているとピアノの中からボロボロに錆び付いた調律工具のクロスリーマーが出て来た。昔、調律師が作業した時に工具をピアノの中に忘れて行った様です。また、切断したセンターピンのカスが沢山あった。その数からして相当悪戦苦闘したんだなと想像できた。残された工具を手に取りどんな人が持って居たんだろうと想像しながら悪戦苦闘してようやく調律修理を終えた。本来ならばオーバーホールしなきゃならないピアノでしたが案外深い音を奏でてとっても趣のあるピアノだった。さすが大橋幡岩さんのピアノ、毎年ちゃんと調律してたら物凄く良いピアノだったのになぁ~!残念(笑)。それから数日後に初めてのお客様から調律の依頼があった。今まで来て頂いてた調律師が廃業されたとの事で私に依頼があった。お伺いして見るとOHHASHIピアノだった。何でも大橋幡岩さんのご親戚の方だそうで毎年調律された大橋ピアノ。贅を尽くした作りのピアノでとても良い音を奏でてる。何でも昔の物が良いとは言わないが名器と言われるものにはそれなりの理由がある。高品質な材料をふんだんに使い手間を惜しまずに丁寧なつくり。職人の誇りが詰め込まれたピアノは、芸術品です。ちゃんとした調律師が手を入れていただけあって何ら問題なく伸びやかな良い音がする。大橋ピアノは、生産台数が4500~4600台位だったと思うが現存しているピアノが何台あるのかは、分からない。元々の台数が少ない希少なピアノだからこそ、このピアノをきっちりと管理してまた後世に残す様にとピアノが私に訴えかけている様でもある。残りの調律師人生は、質の高い仕事を追求しながら楽しく沢山稼がなきゃ!なんて、年取ってちょっと欲張りかな(笑)。

 

 

LESTER PIANO覚悟の修復

2022年も半分が過ぎて梅雨らしからぬ陽気。昔の梅雨は、来る日も来る日もシトシト雨が降り続けてピアノの調子が悪くなる過酷な季節でした。しかし近年は、各家庭の気密性やエアコンの性能が著しく進化してピアノ調律師がこの季節はと過酷に感じる事は少なくなった。また近年の異常気象が一番の影響なのでしょうか?しっとりとシトシト降り続ける梅雨とは随分様子が違って来ている様に感じる。今回は、そんな5月から6月の様子を記事に書き記したいと思います。

コロナウィルス騒動で大人のピアノ人口が増えたと業界報道があった。弊社も新規のお客様に大人の方が随分増えた事は、実感していた所です。また、子供の頃に使用した思い出のピアノを綺麗に大修理したいとの依頼が以前に比べると圧倒的に多くなりました。思い出のピアノを大切にする大変喜ばしい事ですがその作業は、困難を要する。というのは、ピアノ業界全盛期のピアノは、大量生産したので個体差があって意外にも大手メーカーの新品ピアノも根本的に歪な調整のまま場当たり的な調整で出荷された商品も少なからずありました。メーカー問わずどのメーカーも生産が追い付かないが故のピアノメーカー花盛りの事情だった訳です。その様なピアノに出会うと間違いを正す様な正義感でピアノと向き合い正しい寸法に直して良い音に仕上げるのが弊社の仕事だと思って奮闘している。

ご自宅を新築に建て替える間、弊社で保管してその間に修理をする仕事で上記のケースに当てはまるピアノで修理に手を焼く。鉄骨とアクションが歪に湾曲して取り付けられて大きくたわんだ状態。何度も寸法を測りながら位置を決めて調整を繰り返す。ようやく平行が出たら今度は、全てのアクションの整調をするが最初のダンパーは、大方全てをやり直す羽目になる。ピアノ調律師ならば出来れば避けたい作業だと思いますがどうやら避けられない最初の作業になる。覚悟を決めて思い切れば案外何てことなく出来るのだが面倒な作業なのでなかなか重い腰が上がらないのが現状でしょう。もちろん、この作業をお客様宅でやるなんて私も絶対にやりたくない。ただこれが決まるとまるで自分が名医にでもなったような気分でピアノが正当に蘇っていくのを実感できる。

6月に昨年9月にピアノの状態を見に行ったお客様より上品な声で「どうしても、あのピアノを処分する気持ちになれないのでピアノの修理をお願いしたいんです。」と電話があった。昭和41年製のLESTER PIANOでべろんべろんに音が狂っていました。各所に著しく音の下がった所が何か所もあってピンズルである事が触っただけで確認できた。ピアノを慎重に観察すると17年前までは毎年調律されていましたがチューニングピンが緩く2本太いピンに交換してありましたが既にそのピンのトルクも緩くなっていてその横方向のピンが全てピンズル。すなわちピン板が割れている可能性がある。響板も割れあり過乾燥であった事が想像出来た。お客様に聞いてみるとすごく初期の全館空調が入っていたそうで今は、壊れていて使ってないとの事でした。私は、ピン板の交換やその他木工修理に塗装と概算でもかなりお金額になる事を告げました所、また、その金額でしたらもっと良いピアノが買えますよと提案したがお父様が買ってくれた思い出のピアノなので他のピアノにする気は全くないと仰られてお客様宅を後にした。9カ月ほど経ってお気持ちが固まったとお電話頂いた次第です。先日ピアノを引き取ってざっと調律をしてみるとやはり調律が出来る状態ではありませんでした。これからピアノを分解してピン板から全てを作り直して新品のピアノの様に再生するお仕事。難しい仕事なので、たっぷりとお時間を頂いて綺麗に仕上がるまで何度でもやり直して上品なお客様に見合う綺麗なピアノに仕上げるのは、重責を担うがとってもやりがいがあって楽しみでならない!

4年程前の話ですが、長い間お世話になっているピアニストから電話が入る。「お世話様、○○です。来月あたりに八千代市に引っ越す事になったんですよ!ピアノの移動と調律をお願いします!」「八千代市って何処ですか?」「八千代市知らないの?千葉よ、東京のちょっと先だからそんなに遠くないのよ・・・住所を教えるから・・・」と移転先が何処なのか良く解らないままに強引に押し切られた。大変お世話になった先生なので少々遠くても喜んでお伺いしたいと思って地図で調べるとまぁ~遠い遠い片道2時間半掛かります。最初は、ちょっと気が重くなりましたが弊社で高価なグランドピアノを2台購入して頂いて長年大変お世話になっている大先生ですから喜んでお伺いさせて頂く事にしました。ドライブ気分でコロナ過も関係無く年2回程お伺いして今年も3月にお伺いしたのですが5月の金曜日、昼過ぎに電話が入る。「お世話様、○○です。弦が切れちゃったわ、高い所のFisの音。遠くて申し訳ないけれど来て頂ける?」「もちろんお伺いします。」「お忙しいでしょうからご都合のいい時に直ぐ来て欲しいわ(笑)。」「それは、急いで直ぐ来いという事ですね(笑)?」というと「ご都合付くのかしら?」「明日の土曜日は、朝一番で倉庫にピアノの入荷があります。それが終え次第そちらに向かいますから先生の都合は大丈夫ですか?」と告げると「助かるわ~じゃ~明日待ってるわね!」と嬉しそうに電話を切った。翌日、いつもの運送屋さんが朝一番早々にやって着て9時過ぎ早々に搬入作業を終えたので急ぎ八千代市に向かった。コロナの外出自粛規制解除もあって高速道路は、かなりの交通量で渋滞もありののろのろ運転で混雑しているがお昼前にピアニストの家に着いた。直ぐに作業をして12時には、全ての作業が終えてしまった。ピアニストのお主人様がピザトーストを調理して3人で雑談をしながらのお昼ごはんをご馳走になった。お主人様が「今日は、ご予定があったんじゃないですか?いつも無理ばっかり言って本当に申し訳ないと思って居るんですよ(笑)。」「いえいえ、今日は朝一で倉庫にピアノが入ったのでその後、そのピアノの整備でもしようかなぁ~と思っていた所に先生から電話でそれは何をさて置き、いの一番で駆け付けなければと丁度良かったです(笑)!」すると先生が「この後は、会社に帰って作業なさるのかしら?」「いやいやこれから帰ってももう今日は作業にならないですよ(笑)ちょっと早く来すぎちゃいましたね(笑)」というと「ここの近くに京成バラ園があるんだけどちょうどバラが満開よ!寄っていかれたら!」と言って一緒に京成バラ園に向かった。一面色とりどりの満開のバラに圧倒される。なんて綺麗なんだろう。年を重ねるとバラの美しさと香りが身に染みる。とっても贅沢な時間を過ごしたが物凄い人出にコロナ大丈夫かな?と思わず心配になる!。そしてバラ園の綺麗なお姉さんに勧められて初心者用の香りの強い「プリンセスヴェール」というバラの苗木と薬や土などなど色んなものを勧められて買い込んで上機嫌で帰宅した。すると妻が「一人でバラなんて買い込んで来て・・・」と不機嫌になった。というのは、私も京成バラ園に行きたいとその様な訳で次の土曜日に妻のご機嫌を取る為にまたまた京成バラ園に向かった。見事なバラの美しさに妻も上機嫌になってバラの苗を4鉢追加購入した。翌日は、一日掛けてつつじを全部抜いて計5鉢のバラを地植えしてその後、3週間に渡って毎日バラが咲き乱れた。YouTubeでバラの育て方を沢山見過ぎてちょっと混乱しているが毎朝、水やりをして見事に咲いているバラをひとしきり眺めてから出かける素人丸出しの日々が始まった。何より義母と妻が大層に喜んで家庭が明るい。女性は皆いくつになってもバラが大好きなんですよ。まるで猫とマタタビの様に!とFacebookでお友達の著名な園芸家が教えてくれた。60代にして初めて興味を持った薔薇の世界に今はとってもワクワクしている。何せ女房の機嫌が良いから家庭が明るくて安心して日々の生活が送れます。凄いなぁ~薔薇って奴は、やっぱりマタタビなんだなぁ~(笑)!

 

年度末の急ぎ働き!

2022年も早3月。毎年この時期は、会社関係の税金を納め巨額の消費税を納め一気に懐が寒々として意気消沈していると今度は年度末で無理難題が押し寄せて何かと慌ただしく時が過ぎて行くちょっと憂鬱な時期。「発注するのがついつい遅くなりました。よろしくお願いします。」と言って色んな関係各所から仕事の依頼が寄せられるが全て3月末までに会計処理をしたいと言われる。ちゃんとした所は、昨年11月あたりから依頼の打診があって既に予定を決めてあるので問題ないのですがこの「発注するのがついつい遅くなりました!」については毎年ほとほと困り果てる。といってもせっかくの依頼ですから無下に断ることも出来ずにスケジュールの合間を縫って無理やり仕事を詰め込むという何だか急ぎ働きの様な事態が繰り返される。特に今年は、この急ぎ働きの数が尋常じゃなくて、これもコロナ・オミクロンの影響だろうと勝手に決めつけて日々の仕事に追われてホームページのアップもままならなかった理由をここにご報告申し上げて心よりお詫び申し上げる次第でございます。

さて、北京オリンピックも日本人選手の活躍もあって大層に盛り上がった。色々と物議を醸した部分も大いにあった気がするが、真剣勝負の世界戦は、まさに見ているものに感動を与える。次は、パラリンピックと思っている最中にロシアのウクライナ侵攻のニュースが飛び込んだ。昨日は、ロシア軍が原発を攻撃占拠したと報じられ正に驚愕した。私の様な町場のピアノ屋さんがさもさも判ったような気になって書き記す気など毛頭ございませんがこの数年のコロナ騒動で人々の暮らしが大きく変わってしまって不自由を強いられて皆さん沸々とされている中に今度は、戦争と見通しのつかない暗いニュースが続くのにうんざりさせられます。どうか一日も早くこの紛争が一件落着して普通に笑顔で暮らせる日が来ます様に心より願うばかりです。さて本題に入り、今取り組んでいる急ぎ働きです。

 

数年前にあるコンサートの調律で知り合って調律にお伺いするようになったバレエピアニスト宅のピアノの修理です。以前に地方の業者さんにてオーバーホールをしたピアノで、外装などはそのままですが弦・ピン・ハンマー交換の修理がされております。当然かなりの日数と費用を掛けた修理ですが、ちょっと問題があったらしく、その業者さんとトラブルになりその後、何人かの調律師さんにお願いして回って回ってここ数年私がお伺いしております。他所の仕事にケチをつける様な事はしたくないのですが、ちょっと問題があったらしいというのがちょっとじゃなくて「おいおい、これは余りに無責任でしょう!」という大きな問題でした。その問題とは、ピアノを演奏しているとカチカチと音がする事です。色んなケースがありますが今回のケースは、ハンマー交換の時にハンマーシャンクの寸法が合わずに短いままにしてしまって膠切れというか接着不良でカチカチとあちらこちらで音が鳴るようになっている事です。ピアノ調律師さんやピアノ関係の方々は、掲載の写真で理解出来ると思いますが初めて見る方にはちょっと専門的すぎるかもしれません。ただこの様な修理の場合、仮に寸法が合わなかったらもう一度最初からやり直すしかないのにどうしちゃったんだろう???まぁ~色んな事情があるとしても当の本人は、この無責任な作業に後ろめたい気持ちでいっぱいだろうに。今回は、その他所の人がやった修理の尻ぬぐいを大至急で私が昨日から着手しております。色々とアクションを見ていると色んな所が気になってしまってお客様宅では、手を入れにくい作業は、すべてやってあげたくなって結局やる事になるでしょう(笑)。特に鍵盤は、やたらと汚くてこれもついでに研磨して綺麗にしておこうなんて、あれやこれやと作業が増えてしまう。もう問題が起きないように気持ちよく弾いて頂ける様に出来ることは全部やって早急にお届けする急ぎ働きです。といってもお届けしたらその場で数時間重要な最終の調整作業があるのですがこれは、念入りに作業を進めれば進める程どんどん音が良くなるのでとっても楽しい楽しみな時間。詰まる所、レッスンがあるので直ぐに作業を始めて早く仕上げるといった普段と何ら変わらない普通の仕事でこれのどこが急ぎ働きなんだ?と言われそうですが直ぐに着手して直ぐに仕上げてお届けする全てが急がされる仕事。これってよくよく考えると特別料金の仕事だったなぁ~!この記事書きながら今、気が付いちゃった(笑)。

共働きのお客様で日中はお留守でご自宅には、おばあちゃんがいらっしゃるお客様から「鍵盤が下がったままの所があるのと弾いても音が出ない所が数か所あるんです。」と電話があった。毎年秋に調律にお伺いしているので湿気?床暖?でも床暖を使うにしても日中は居ないしそうそう長い時間じゃないだろうに???ちょっと不思議に思った。ピアノは、外国製の有名じゃ無いピアノでそのピアノは、鍵盤の材質がウィークポイントでその事を知っていれば何ら問題の無い良い音のするピアノです。今回は、きっと寒かったし雪も積もったし暖房の影響かな?と思いながら直ぐにお伺いしてピアノを見てみると想像した通り鍵盤の木部が原因の故障でした。念の為に88鍵全てのバランスホールの調整を施して問題は簡単に解決した。作業をしながらふと気付いた事が「あれ!床があったかい。」私は、おばあちゃんに「床暖のスイッチは、いつも入れてるんですか?」と尋ねると「はい!内緒なんですけど、私は亀を飼っていて昼間は、このリビングで飼ってるんで寒いといけないので床暖入れて温めているんです。皆が帰ってくる前には、スイッチを切って私の部屋に移動するんです(笑)!」「日中は朝からずっと床暖入れているんでか(笑)!」謎が解けましたお客様は、床暖は寒い日の夜の短い時間だけと仰っていたがおばあちゃんが飼っている亀の為に内緒で日中もずっと床暖を使っていたと言う事でした(笑)。ピアノは、多湿は厳禁とされていますが実は、過乾燥や湿度変化が大きいと致命的なトラブルに見舞われます。現代の住宅事情で床暖や全館空調によるピアノの管理の難しさに我々も頭を悩ませます。まぁ~ピアノは、我々がどうにか管理するにしても、おばあちゃんの大切な亀の健康状態に関係する事なのでお客様(娘さん)には内緒にする事にしました(笑)!しかし亀ってキャベツ食べるんだ!初めて知りました(笑)。