「#グランドピアノ調律横浜」タグアーカイブ

久々のearl windsor

今年もあと一カ月半余りと何だか今年はとっても早く感じる。最近またまた世界中でコロナウィルス感染者が急増して日本でも大変な事態になりつつある。昔流行ったスペイン風邪は、終息に2年程掛かったと聞くが、今回のコロナウィルスもやはり2年位掛かるのか?今の医学の進歩をもってしても未だ終息の兆しさえも見えない。仕事で車を走らせると各地で閉店・廃業された店舗物件がやたらと目につく。経済への打撃の傷跡が町のあちらこちらに点在する様子から別の意味で恐怖を覚える。これから人々の生活や社会の仕組みが変わって行くんだろうなとそんな光景を目の当りに見せつけられると先行きの不安を感じずにはいられない。冒頭からちょっと暗い感じになってしまったが、今回は、久々に大好きなEarl Windsorというピアノと向き合ったのでその様子を記事にしたいと思います。

今年の初めにお客様より電話が入った「横浜の○○と申します。」と言った所で私は、その声とお名前で直ぐに分かって「はい、ご無沙汰しております。」「昔、梅根さんにずっと調律でお世話になって最後にお電話頂いた頃にちょっと色々と立て込んでいてすっかりご無沙汰してしまって。今回ピアノの事でちょっとご相談が有るんです。」とお話をしていると昔、調律にお伺いしていた頃の事がまるで昨年もずっとお伺いしていた様に蘇って直ぐにお客様宅に駆け付けた。1983年からというとかれこれ37年の長きお付き合いのお客様。当時小学生だったお嬢さんは、もう良いお母さんになられて娘さんがこれからピアノを始められる。今回は、ご実家に同居するのを機に家を立替えするのでその間、弊社でピアノを保管してその間に汚くなった外装を剥がして全塗装して新品の様に綺麗にしてお届けするというミッション。当然、内部の調整やら消耗部品交換をしてとっても良い音とタッチにしてお届けします。このピアノは、Earl Windsorで当時、某量販店からの依頼で調律にお伺いしたのがお付き合いの始まりでした。お使いになっていたお嬢さんもお年頃なられてここ15年位誰も使ってなかったピアノを綺麗に再生して次の娘さん、2世代に渡って弾き継いで頂く訳です。昭和58年ピアノ業界もまだまだ花盛りの時代で今では考えられない位にピアノが売れている時代です。浜松界隈には、ピアノ関連産業が沢山並んでいました。何か困ると取りあえず浜松に行けばどうにかなる。つまり専門職人が沢山いて何処をどう伝っても簡単に部品の調達から大掛かりな事まで誰でも安価に気軽に利用させて頂けた。今では、ピアノ工場は元より専門職や職人さん、何一つ誰一人残って居なくなってしまった。気軽に頼んでいた仕事も依頼先が無くなると自分でやるしかない!簡単に手に入っていた部品も入手が困難なら自分で作るか海外から取り寄せるか。今は、全て自前のネットワークで設備を整えて何でも自分で出来る様にするしかない訳です。

この時代のピアノの塗装は、ラッカーからウレタンやポリ色々とあるがヤマハ・カワイ以外のメーカーの一部は、カシュー塗装を使用していた。その理由は、色々とあるが一言で言うならば安価だった。黒色の濃いカシューは、とっても綺麗だが何十年と月日が経ち紫外線にさらされると灰色に焼けてくる。ウレタン・ポリみたいに磨いても綺麗にならずに剥げてくる。剥げるのであれば簡単に剥離出来そうですが剥離剤を使用しても化学変化をしないので全く剥げない。根気を持って手で剥がすしかないという、まぁ~機械を使って人力でチマチマと作業するしかありません。しかし綺麗に剥がして現代の塗料で塗装をするとまぁ~何とも綺麗な仕上がり・・・ちょっと惚れ惚れします。

どのメーカーのピアノでもウィークポイントの一つや二つは、あります?まぁ~非の打ち所がない高価なピアノもありますが、このピアノは、棚板と筬にあります。特にバランスレールの経年変化による調整の狂いは、ちょっとお客様宅で修正するには費用を頂かないと定期調律の時にチャンチャン簡単にやれるほど簡単ではなくちょっと大掛かりになります。それとペダル関係。その他に多いのは、ハンマーレールの乾燥不足が有り永年放置しているとブラケットに止めてあるビスが完全腐食して朽ちてしまう。などとこう書き込むと何だかひどいピアノみたいだが問題さえ見抜く事が出来たら、綺麗に調整が出来たなら物凄く良い音がします。全体的に音圧が低く抑えられていて華やかで深みのある素晴らしい音。家庭に置くピアノとして最高のピアノ。今、この様なピアノが日本から完全に姿を消してしまった事が残念でならない。

 

以前の記事にも書きましたが、上記の様なウィークポイントは、ただただ調律師にとって面倒臭い。というか、やった事の無い作業は、どう合わせたらいいか分からないから手に負えない。当然誹謗中傷が広まり調律師の中で評判が悪くなる。当時は、ピアノが沢山売れて調律師も大忙しだったので一軒のお客様宅に沢山時間を掛けられないという時代背景がありましたから今思えば当然と言えば当然の成り行きでしょう。逆に今は、幸か不幸か(笑)たっぷりと時間が掛けられる時代です。これからの時代を担う若き調律師さん達は、どうか日本製のピアノに愛情を込めて丁寧に向き合う時間を楽しんで頂きたいと思う。私が最近如実に思う事は、最近の若い調律師は、女性が多くて仕事が丁寧で調律の精度も高い。これからは、若くて綺麗なお姉さんが高い技術力を持ってこの業界を盛り上げていくんだろうな!若い男の調律師を見るとつくづくそう思う。ご両親にはとても見せられないが、作業場で汗まみれ埃まみれなっても楽しそうに作業してる若き女性調律師を見ているととっても微笑ましく、ついつい誰にも教えたくない苦労の末に身に着けた技術や知識を惜しげも無く教えてしまう。何時までも若いつもりで居たが時代が変わったなと改めて老いを実感する。

2回目の営業自粛のお知らせ

最近のコロナウィルスの急激な感染拡大の知らせを受けまして弊社は8月7日より夏期休暇に入りその後、8月末までコロナウィルス感染拡大防止の為に休業する事を決めました。若年層の感染者が増えて家庭内感染の比率が多くなったと報告されている事。ご高齢のお客様や御両親と同居のご家庭が多くいらっしゃる事。また、酷暑の折にエアコンなど室内換気が不十分になりがちな事。コンサート、レコーディング、など全ての音楽事業がキャンセル又は、延期のままである事。など総合的に鑑みると現在の爆発的な感染拡大の時期にお客様宅にお伺いする事は、控えた方が良いと考えました。お客様の安全と弊社従業員の安全を第一に8月7日より休業致します。営業再開については、様子を見ながら改めましてホームページにてご報告させて頂きます。お客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますがどうぞご理解を頂きまして今後共、鎌倉ピアノ芸術社を宜しくお願い申し上げます。

                  代表取締役 梅根 恒紀

令和2年1月の出来事

2020年,新年を新たな気持ちで意気揚々とスタートしたと思ったら、もう2月になってしまった。今年は、「今日できる事は、今日やる!」これを肝に命じて士気を高めて仕事に取り組もうと考えています。まぁ~何時もの事ですから最初だけになりそうですが事あるごとにこの目標を思い出して充実した一年に成る様に努力していきます。そんな1月の様子を今回は、記事にしたいと思います。

今年は、1月5日からのスタート。昨年11月に開いたピアノ発表会の録音を編集・マスタリングして出演者それぞれにCDにして配布しなければなりません。今の時代は、携帯でそれぞれ録画しているでしょうから今更CDといってもそうそう喜ばれないでしょうが良い音と音楽性を高めたマスタリングをして良き記念にして頂ければと思います。昨年にある程度の作業は進めていたのですが最終仕上げとなるとまるまる1日掛の作業となった。何度となくそれぞれの演奏を聞き返しての作業になりますが何時ものプロの演奏と違って子供達の演奏には、小さな心の張り詰めた緊張が音に表れていてとても新鮮。途中で間違えて戸惑う様子、緊張でついつい演奏が速くなったり止まりそうに遅くなったり。繰り返し聴いていると今、目の前で演奏が繰り広げられているかの様にリアルな光景が頭の中で蘇ってくる。きっとこのCDを手にした親御さん達もあの日の緊張と心配と不安な気持ちが蘇り、きっと同じ気持ちになる事でしょう。良い思い出として喜んで頂けると嬉しいのだが(笑)。大変でしたがちょっと楽しい作業だった。

昨年から弊社在庫のピアノで仕上がっているが一つの鍵盤が欠けているのでお客様にお見せしていないピアノがある。忙しくてなかなか手を付ける事が出来なかった可哀想なピアノなので「ほっておいてごめんね!」と心の中で謝って全鍵盤交換する事にした。既存の白鍵盤を全て剥がして木部を調整をした後に新しい鍵盤を張り付ける。完全に接着が出来た後に木部からはみ出ている部分をベルトサンダーで削る。まぁ~これが白い粉が沢山出るので完全防護で作業するが、気が付くと顔から頭や全身にまるでパウダーを浴びた様な状態になる。最後は、やすりを手にして人力で全鍵盤を削って仕上げる。2日掛の作業ですが「今日できる事は今日やる!」今年の目標なので他の仕事の合間合間に士気高く作業に取り組んで綺麗に仕上がってようやくピアノ喜んだ・・・と思う。その翌日、初めてのお客様から電話が入る「〇〇先生にピアノを習っている者ですがピアノを購入しようと思うのですが相談に乗って頂けますか?」と電話が入る。この日は、事務仕事で書類と格闘している最中だったのですが「それでは、もしご都合が宜しければ今日これからピアノを見ながら色々と相談に乗りましょうか?」と申し出ると「是非!お願いします。」急ぎスーツに着替えてお迎えに伺った。おっ綺麗な奥様だ!ちょっとテンションが上がり気味で倉庫にご案内した(笑)。ピアノの設置場所の問題や肝心なご予算のお話をしながら色んなピアノをお見せして最後に昨日鍵盤張り替えを終えたあのピアノを弾いて見せると「なんて綺麗で澄んだ音!」と言ってとても気に入って頂いた。昨年、私が忙しくて修理してあげられなかった可哀想なピアノ。昨日出来上がったらもうお客様がついた!ピアノもきっと嬉しくて張り切って良い音出したのかな(笑)?と不思議な気持ちになった。是非、このピアノをお客様に使って頂きたいという気持ちになった。決してお客様が綺麗とか可愛いとかそんな事ではありません・・・決して(笑)。だがちょっと予算オーバー!大出血サービスしてクレジット決済をしてキャッシュバックを計算に入れてめでたく購入して頂いてその翌週無事に納品して、とっても喜んで頂いた。

1月の中旬に調律師の友人から奥様のグランドピアノを買って欲しいと連絡があって浜松に行ってきた。年数は経っている物のほとんど使っていないピアノで外装も内部も綺麗な状態。奥様のご実家に置いてあったらしくご実家の処分に合わせてとりあえず浜松のピアノ工場に運び込んだらしい。さすが旦那が調律師だけあって保管状態は完璧。茶色のピアノで全く色あせも無かった。このピアノを綺麗に仕上げて内部の部品交換や調整を繰り返して良いタッチと良い音に仕上げる。ピアノを隅々まで見回しながら頭の中で蘇った音色がイメージ出来た。新年早々楽しい仕事に出会えて幸先が良い!

そんな中、ピアニストから電話が入る「以前相談したロシアのピアノの件なんですけど、友人が断捨離を進めるので処分して欲しいと言っているんですけど引き取って頂ける?」「はい、良いですよ!早速手配をしましょう」と段取りを組んで引き取った。運送屋の倉庫に入庫した所で見に行くと我々プロが今迄に見た事も聞いた事も無いピアノだった。聞く所によるとそのお客様のご主人がソ連大使館勤務でソ連で中古を購入して持ち帰ったらしい。その時は、燭台が付いていたんだけど近所の調律師に頼んでオーバーホールをして貰ったらしいが、こんな事書くのもちょっとためらうがそれはそれは、ひどい修理と塗装で現状態では、修復不可能。誰も手を付けて無くてオリジナルのままだったら良かったのに!これでは、全く使い物にならない。かなりガッカリさせられた。すると頭をよぎったのが昨年オーバーホールを頼まれたボロボロ再起不能状態のプリマトーンだった。まぁ~あれは、日本製で現代の構造のピアノだったが、綺麗に仕上がった。今回のソ連製ピアノは、恐らく100年以上は、経つであろう代物。鍵盤数も85鍵象牙。このまま廃棄するか迷いに迷ったが、恐らく日本に1台しかないんじゃないかなぁ~と思い直して修理する事にした。丁度、世界各国から仕入れた燭台の在庫もあるし商売にならないが珍しいピアノだから私のコレクションにする事にした。ここまでくると、もう道楽(笑)。仲間に笑われそうだな!

昨年12月の記事「ピアノ調律師として嬉しかった事」で書いた結婚式の件。昨日調律に行って来ました。昨日は、天気も良く海も綺麗でずっと眺めていたい気分。でも明日は、お客様の晴れの舞台いつもより調律に気合とどうか末永くお幸せにと気持ちを込めて作業を終えた。

1月もここには書けない色んな事や出会いがありましたが何だか充実したスタートが切れました。今年の目標である「今日できる事は今日やる!」この歳になって今更といった感がありますが、ここに書き記した以上努めて実行して行きたいと思います。この1月の出来事を鑑みると前向きに充実する様に取り組めている気になって少し楽しい(笑)。きっと途中、中だるみすると思いますがそんな様子を見かけたらどうぞ優しくご指摘ください。