「ひと言」カテゴリーアーカイブ

70年前のスタインウェイアップライト

お客様より友人が毎年調律しているのにピアノの調子が悪いと悩んでいるからお電話してあげて・・・と早速連絡をしてみると「スタインウェイのアップライトなんですけど、かなり古いんです。鍵盤が上がってこない所があって困っているんです。」と本当に困っているのが伝わってくる。私は、前回いつ頃調律されたんですか?と聞くと「半年?いや4か月前だわね」と私は、スタインウェイで毎年調律しているのだからまぁ大した事は、無いだろうと思いすぐさまお伺いする事に。立派なお宅のリビングに一際存在が光る小柄なピアノ・・・スタインウェイです。私も初めて見る形のピアノで70年位前の製造のピアノ。細かな所まで念入りに作り込まれたピアノ、数年前にオーバーホールを長年のお付き合いの調律師に頼んだそうで流石に綺麗だ。早速ピアノをチェックするとお客様が言われる鍵盤が上がってこないと言う問題は、アクションのスティックの他に整調の問題で連打がし難い事がお客様の最大の悩みの様です。その悩みを全て解決する為に初めてお会いしたスタインウェイの作業に入る。鍵盤下のバランスレールやキャプスタンの形状は、日本製とは、違う。写真で見て頂きたいが、意外にこれが扱いやすい。昔のピアノの作業は、常に興味深く常に勉強、しかし作業は、プロフェッショナルで無ければなりません。しかし、作業を進める事に一つ一つ問題が解決していく様は、何とも楽しくてたまらない。最後に調律を終えてお客様に確認して頂く 「うん!これなら良いわ!」と・・・ナナナント滅茶苦茶に上手い。お客様は、ピアノを専門にされていたんですね?と尋ねると10年前までは、ここにグランドを置いて活動をしていたけれど今は、若いピアニストを世に送るボランティアみたいな事してるのよ。なんて謙遜されていましたが、最初に言って下さいねとお茶をご馳走になりながらピアノ談議に花を咲かせて楽しい事尽くめの仕事。毎日この様な仕事ばかりだったら会社で事務仕事は、やりたく無くなるな・・・きっと!

DSC_0400

DSC_0396

DSC_0398

DSC_0402

グランドピアノの騒音対策!

お客様で音大ピアノ科卒で学校の音楽専科の先生だった方から「退職したのでまた真面目にピアノの練習をしたいんだけどお隣さんに気を使うからサイレントていうの取り付けできます?」と問い合わせ。早速お伺いしてお話をする事に。長年通っているお客様ですので家の様子から部屋の状態など良く判っているつもりなので、どうしたのかな?苦情でも出たのかな?と疑問を抱えながらお伺いした。一軒家の立派なお宅でピアノ室は、建築時に大工さんに言って防音している。窓は、二重サッシ開口部は、道路に面している。ほぼ問題無いのでは?と思う。お伺いしてまず外にどのくらい音が漏れるのか先生に弾いてもらって家の周りをうろつく。まぁ音は聞こえるが苦情が出る様な音量ではない。先生、大丈夫ですよ。この程度では、苦情なんてでないでしょ!と言っても先生は、「何だか気が引けるのよ」とピアノは、かなり古いデアパーソン。このピアノに取り付け可能なユニットは、KORG消音ユニットかその他のメーカーか韓国製になるが我社は、性能と故障時の対応を考えるとやはりちゃんとした会社のKORG消音ユニットのを取り付けを薦める事となるが、如何せん金額が高い。消音ユニットを取り付けて満足するかな?サイレント・消音ユニットは、基本的に同じ方法でスイッチを入れて音を消すとヘッドホーンから電子ピアノの音が聞こえると言ったもの。いやいやヘッドホーンからコンサートグランドのサンプリング音が聞こえると言った方が正確です。商売を考えると先生に取り付けを薦めるのが一番儲かるがアンチョコに薦めて取り付けてその後に「これあまり良くないから使ってないのよ」なんて言われると申し訳ない。もう少し先生に話を聞いてみようと思い尋ねると「近所の事も気になるけれど実は、主人が完全に定年して自宅にいる事が多いのよ。ピアノを弾くとうるさいとは、言わないけれど私としては、気にしてしまうのよ」それじゃ~先生もう一回思いっきり弾いて下さい。僕がリビングに行って音を聞いて来ますから。確かにリビングでは、はっきりと音は聞こえるが、一応防音しているのでほぼ問題ないレベル。テレビも普通のボリュームで大丈夫。先生大丈夫ですよ。ご主人様も気にならないと言ってますよ。と伝えると「でも気になるわ~」と浮かない顔。先生、消音ユニットは、グランドタイプになると途端に高いのでそれは、止めてピアノの裏に取り付ける吸音パネルて言うのがありますよ。値段は、確か11万円でパネルが上下する物。大きな音で気分良く弾きたい時は、ハンドルを回すとパネルが下がり音が出る、音を小さくしたい時は、ハンドルを回して上に上げると音が小さくなる。弦の所には、吸音材を入れてこれが11万円しますが消音ユニットよりは、はるかに安くて良いんじゃないですか?と伝えると眼の色が変わって「それにするわ、お願い着けて」と決定しました。このシステムは、KAWAI楽器に工場取り付けのピアノマスクという商品があります。今の所、新品を購入する時に取り付けてもらう10万円位の商品がありますがそれと同じような物です。KAWAIの商品は、一見してもピアノマスクが取り付けてあるのかどうなのか判らない位にすっきりとしている。弊店で過去販売したKAWAIグランドのお客様に随分取り付けをして貰いました。この商品の効果は、ピアノの大屋根を最大に開けた状態で効果を試しても効果が全く理解できません。お客様に説明する時には、ピアノマスクを全て閉じた状態から譜面台奥の扉を開けて弾いて音を聞く下のマスクをレバーで開けると順番に一つずつ開けながら効果を確かめるとこの手の商品の良さが判ります。そんなこんなで、スーパーエコパネルという商品を取り付けることになりました。新聞紙でピアノの型を取って段ボールに正式に型紙を作り、後日、先生宅にもう一度合わせる。それをメーカーに送る。2週間後に注文生産のパネルが送られてきて取り付け。私がピアノを弾いてどのくらいの効果があるのか先生は、リビングから家の周りを歩き回ってその効果に大喜び。当初の予算の3分の1以下で収まり八方丸く収まりました。何より先生が「これで気兼ねなく練習出来るわ」喜ぶ顔が何より嬉しい。我々の仕事は、目先の利益に目がくらんで闇雲に高額な商品を売り付けるそんな仕事ではありません。その後、調律にお伺いした時にお客様に「これもう使ってないのよ」なんて言われて残念な顔をされた時には、申し訳ないでは済まされません。お客様との信頼関係が崩れる事が何より残念な事。お客様が本当に望んでいる事が何か親身になって考える事は、商売の鉄則です。我々の仕事は、お客様と長いお付き合いで成り立つ訳ですから、買って本当に良かったわと喜んで頂かないと次に合わせる顔がありません。そんな甘い事言ってるから儲からないんだ・・なんて言われそうですが、お客様に喜んで頂ければ又何か買ってくれるかも?いやいや、またどなたかお知り合いを紹介してくれるかも!

DSC_0387

DSC_0386

DSC_0385

ピアノは、ずわい蟹よ!

お客様より電気ピアノを譲って頂くので運送と調律をお願いします。と電話が入る???デジタルじゃなくて電気ピアノですか?と問い直すと電気なんですヤマハの。運送の手配と調律の日取りを決めて先日その電気ピアノに会ってまいりました。いやはや、久しぶりの電気ピアノ。僅かに1件だけ管理しているお客様がいますが、今回の電気ピアノは、さらに古くおよそ30数年前のヤマハ電気ピアノです。中身は、まさにピアノ。響板が無く代わりに駒の部分に88鍵分88個のマイクが組み込まれて弦の音をマイク(マグネットのバッキングマイクとか何とか言ってた記憶が?)で拾ってスピーカーより音が出るといった楽器です。タッチは、ピアノと同じ。音は、いかんせん古く調律を随分やっていないのでガタガタ。各所に虫食いの跡があり作業というより掃除に時間が掛かり電気部分の接点復活剤の散布で無事完了しました。この楽器に会うと昔ピアニストとの会話を思い出します。ピアニスト宅の調律が終わりお茶を飲みながら雑談をしていた所に一流メーカーの営業マンがやってきました。3人で話をしていると営業マンが最近は、デジタルピアノが売れて売れて生ピアノが売れないんですよ。ピアニストは、デジタルピアノて言うのは、お幾ら位するの?25万円位しますよ。当時は、10万以下のデジタルは、まだ無い頃の話です。すると先生は、もう少し出すと中古のピアノが買えるじゃない、あなた方の努力不足なんでしょ?とけんもほろろ。営業マンは、先生今は、住宅事情や騒音問題があって大変なんですよ。とそこで私が中古ピアノがダメならばせめて電気ピアノにしたいね、と言うと先生は、小さな子供が弾くのよ3歳から本物の音を聞かせるのが本当の教育よ偽物のピアノで上手くはならないでしょ。とちょっと興奮気味。騒音問題は、上手くなれば騒音じゃないのよ教える方も問題があるのよ!とテンションが上がってくる。営業マンが、でもデジタルピアノは、ピアノと変わらない位良くなっているんですよ。と言うとピアニストの先生は、「あーたねデジタルは、蟹かま よ!どんなに上手く作っても所詮偽物、ピアノは、ずわい蟹!本物よ!」いやいや上手い事言うなぁ~~と関心した所に営業マンが「ずわい ですか?タラバ じゃだめですか?」と軽口を叩くと先生は、冷静に「タラバは、ヤドカリの仲間なのよだから ずわい と言ったのよ。そろそろお帰りになって」と気まずい雰囲気で営業マンが退散。私もそろそろと言うと先生が「あなた、まだお支払してないのよ。お茶を入れ替えるわ」と随分昔の思い出です。DSC_0267

DSC_0268