kamakura のすべての投稿

横浜市立中学校で校内職業体験学習

3月16日に横浜市内の中学校で校内職業体験学習が開かれた。ピアノ調律の仕事がどういった物なのかを説明して実際に生徒達にピアノ調律を体験して頂くといった内容。日本ピアノ調律師協会の横浜地域を背負って準備万端で学校に乗り込んだ。以前、別の中学校で講師をした時は、男女生徒達とディスカッション形式の講話と体験で適度に笑いを取ってにこやかに時間が過ぎた記憶があるが、今回は、悪戦苦闘の2時間授業の様子と思わぬ人と人との繋がりを書き記したいと思います。

DSC_1737

今回の話は、私のお客様がこの中学校のベテラン先生で調律にお伺いした折に「もしよろしければ体験授業の講師を引き受けてくれませんか?」とお願いされました。「僕なんかでよろしいでしょうか?」と言うと「生徒達に今ここでなさっている様な面白いお話をしてあげてください。喜びますから」と。「お力になれるのであれば宜しくお願いします。」と快く引き受けて調律代金を受け取って意気揚々とお客様宅を後にしたのが昨年の2月でした。その年の12月に入り学校より依頼書類が郵送されてきて話が本決まりとなった。

その12月に三十年来のお得意様宅に定期調律にお伺いして何時もの様に雑談をしていると奥様から「今度、家の娘がお世話になります。ふつつか者ですが宜しくお願いします。」と突然切り出された。「???何の事ですか?」と聞き返すと「昨日娘が仕事から帰って来て、今度うちの学校に調律の先生が講師で来てくれることになってるの」と言うのよ。「職業体験の講師の中に梅根さんの名前があってビックリしちゃった!」ですって(笑)。お嬢さんが学校教員になったこ事は、知らされていましたが、まさかここの中学とは、知らなかった。しかも職業体験を担当している先生でこの先生が生まれる前からのお客様ですから何とも世間は、狭いものでとても喜ばしい出来事でした。

今年1月に入って間も無く調律のお客様であるパーマ屋さんに散髪に言った折に雑談の中で「3月に中学校で職業体験の講師をやるんですよ」とお話した所、「どこの中学ですか?うちの娘にも聞かせてあげたいわ~」と「え~~となんて中学だったかなぁ~六ッ川中学だったかな?」と答えると「そこ娘が行ってる中学ですよ。そうそう職業体験するって言ってたわ(笑)!ピアノ調律を選択しなさいって言っておきますね(笑)!」「宜しくお願いします」と言うと「いつもより恰好良く余計に刈り込んどくわね(笑)」とおいおい何だかサポーターが増えちゃったみたいで何とも気分が良なぁ~格好良くセットして貰っていつも以上に気分よくお店を後にした。

後日、参考の為に日本ピアノ調律師協会関係者が行った授業のDVDを見て、こんな専門的な話じゃだ~れも理解できないし、このしゃべりじゃなぁ~僕ならもっと上手く伝えられるな!とこのDVDを反面教師にして我社の社員を前に模擬授業なるものを何度か繰り返した。話の組み立てから黒板に書く図の構成など、ここぞとばかりに色々と指摘を受けて意気消沈しながらどうにか準備を終えた。当日は、朝8時45分に学校に集合。控室に案内されると既に数名の講師の方々が和気あいあいと話をしている。「おはようございます」と声を掛けて着席した。続々と講師の方々がやって来て9時15分に生徒達がそれぞれの講師を迎えに来た。音楽室に案内されて見渡すと全員女生徒で大半が吹奏楽部の生徒だった。その中にあのパーマ屋さんのお嬢さんの姿があった。「お母さんに調律選択しろって言われたの?」と聞くと「面白いから選択しなさいと言われました」と笑って答えてくれた。授業が始まると生徒達は、ピアノ調律について随分と勉強していて質問内容も的を得ていて僕も段々熱が入ってきた。ついつい専門的な内容になりすぎてしまい折角の模擬授業とは、全く内容が変わってしまった。気付いた時は既に遅し教室内は、静まり返ってしまい終了のチャイムを迎えた。生徒達は、このつまらなく難しい授業内容をノートして終始大人しく真面目に聞き入ってくれた。きっとこれが職人気質なんだろうなぁ~一所懸命した準備も空しくどっしりと肩にのしかかる疲労感と生徒達に対して申し訳無い気持ちに包まれて学校を後にした。

DSC_1719

前回アップしたピアノ講師のグランドピアノ納品が無事終えた。防音室にギリギリに収められたピアノ。早速、調律にお伺いして素晴らしい音に仕上げて万全を期してお宅を後にした。その帰り40分後に先生よりメールが届く???何かクレームかな?と嫌な予感が走った。読んでみると「梅根さ~ん、弾けば弾くほど音が綺麗でビックリして音に酔ってしまいそうです。嬉しい!!!!ありがとうございました!!!今後ともどうぞ宜しくお願い致します。」何とも嬉しい事です。精根込めて仕上げたピアノの良さが伝わったこの喜び。そして、ピアノ調律の仕事をしていて思わぬ所での人と人との繋がり。これもピアノ調律師として最高の喜びです。この喜びを生徒達に上手く伝えられたら。今更ながら悔いの残る授業だった。今回の事は、人に何かを伝える教える難しさを痛感させられた大きな課題を残す苦い思い出として心に刻まれたが、それでもあのDVDよりはるかには良かったはずだ・・・と気を取り直してまた頑張ります。

ピアノ調律師の仕事を伝える

3月の中旬に横浜市の中学校で「校内職業体験学習」が開かれる。その講師として2時間の授業をする事になっている。小学校には、「本物の音を広めたい」と題してピアニストを連れて活動を続けていますが中学校は、これが2度目。昔、ピアノ調律師の仕事の講話は、経験しているが2時間で体験となると???どうしよう?当日は、消防士から銀行員からツアーコンダクターなどなど多種多様な16名の社会人講師がやって来る。ツアーコンダクターの面白話や消防士は、消防車連れてくるんだもの僕が聞きに行きたい位だ!しかし「ピアノ調律は、面白くなかった!」何て事になるとピアノ調律師協会の古堅に関わるのでしっかりと準備しなければならないと思っております。そこで準備の一環として今年に入って楽しい仕事を思い出しながらここに一つ書き記したいと思います。

DSC_1664

昨年の夏にピアノの先生から「私の友人のピアノの先生がグランドピアノを私のピアノと同じ大きさの物にに入れ替えたいと言っているんだけど予算がが無いの…相談に乗ってあげて!」と話を持ち掛けられてた。今お持ちの小型グランドを買い取ってその値段に見合うグランドとなると結構古い物になるし商売的には、さっぱりな話。何よりピアノの先生が使うとなると音が良くてタッチも良くてあまり使われていないピアノ。そんなの中々無いよなぁ~と思いながら良い出物が出てくるまで待って貰う事にして、何台も何台も同じ大きさのピアノを買い取っては、見てみましたが良い物は、予算に合わなくてその他は、どれもこれも状態が悪い、音が悪い、そして弾き潰れたピアノばかりで中々条件に見合うものは出てきません。ようやく今年に入って1台見つかったので直ぐに外装の手入れをして1月に我社のショウルームに入れました。直ぐに先生に電話をして「良いピアノが見つかりましたよ・・・今月末には、全て仕上がりますので弾きに来てください」と告げると「ありがとうございます。1月は、ちょっと忙しくて2月○○日なら行けますのでよろしくお願いします。」とうれしそうな声。私もルンルンでピアノの調整に入った。

DSC_1659

本来ならば外装も塗装をしたいのですが、予算的に塗装を入れると大幅にに予算オーバーになるのでクリーニングで仕上げて内部に重点を置くことにした。以前の持ち主があまり上級では無かった様で使用頻度も大した事は無く部品の消耗も少ない。音の鳴りは良いが、以前の管理があまり良くなかった様で音色は、さっぱりである。全部をバラシて全調整して見違える音に仕上げる・・・これは、ピアノ調律師の仕事として労力は、大変ですが最も楽しい仕事。まずは、ピアノと対話をする意味もあって、ざっと調律をして鍵盤調整からハンマーファイリング整調、整音、摩耗部品の交換、そしてまた整調して調律してまた整音。作業が進むにしたがって見る見る内に音が良くなって笑いが止まらない。するとピアノの先生から電話が入り「2月○○日は、都合が悪くなって行けなくなりました。申し訳ございません、もしどなたかそのピアノが欲しいと言う人がいたらどうぞそちらに売ってもらって構いませんから」とテンションの低い電話が「解りましたでも、先生の為に探したピアノですから買う買わないは、一度弾いてみてからそれから考えれば良いじゃないですか。気に入らなければ断っても大丈夫ですよ。無理やり売りつけたりしませんから安心して弾きに来てください」と告げると「解りました○○日に変更してください」とちょっと様子が変でした。まだ一度しかお会いしていない先生なので不安になるのもうなづける。まぁ良い音に仕上げて是が非でも欲しいと思う様に仕上げれば問題無し!まぁこのピアノなら直ぐに売れるな!と気を取り直して調整を始めた。調整の最終日は、朝から一日掛かりで調律から整音まで夜までかかった。弾くと輪郭のはっきりとした気持ちの良い音に仕上がりフォルテで弾くと迫力がありピアニシモで弾くと暖かく粒立ちの良い音が立体的に広がる。「あぁ~良い音だ!俺って天才!」と有頂天になって一日の疲れが一気に吹き飛んだ。

DSC_1665

2月の約束の日に先生が来店した。えっこんなに若くて綺麗な先生だったかな?まぁ半年前に一度お会いしただけだからなぁ~と思い直して早速ピアノを弾いて頂いた。「わ~良い音~!弾きやすい!それに綺麗ですね」と頬が緩んでいる。ピアノの説明や色んなお話をすると先生が言いにくそうに「本当の事、言って良いですか(笑)。実は、私の持っているピアノと交換となると凄く古くてボロボロのピアノになるんじゃないかと色んな人に言われて心配になっちゃって・・・でも、この音大好きです。このピアノ欲しい(笑)!」こう言って無事に商談が決まりました。帰り際に「今日は、ありがとうございました。今日来て良かったです。」とペコリと頭を下げて帰る姿が目にしみた。ピアノ調律師として目利きをしてピアノを仕入れて修理をしてお客様に納得して頂ける状態に仕上げて、販売と一連の業務が報われた訳です。今後、末永く良い状態で使って頂ける様にピアノを管理してピアノの先生の要求に応える。ピアノ調律師の仕事の一部分ですが楽しくてやり甲斐のある仕事です。この楽しくてを中学生にどうやって伝えようか頭を抱えてこれから悩める日が続くんだろうなぁ~!生徒に仕事で辛かったことは?何て聞かれたら、この日を迎えるに当たって辛くて眠れませんでした(最近よく眠れるが)・・とでも言って笑いを取りに行こうか?若くて綺麗な女性ピアニストやイケメン男性ピアニストと仲良くなれて楽しいですよ~とでも言っておこうか~いやいや、そんな適当な事言ってると若くて綺麗なモンスターペアレントからクレームが来るな!誠心誠意、眠れない日々を存分に楽しもう!