「#グランドピアノ調律鎌倉」タグアーカイブ

思い出のLESTER PIANO

2023年4月、ようやくコロナ騒動も落ち着いて来て観光地鎌倉は、外国人観光客が一気に増えた。コロナの最中でも鎌倉小町通は、人で溢れていたが、どこもかしこも人人人!桜も綺麗で天気も良いとなれば出かけたくなる。賑わうって経済も何もかもが活気づくから気分が晴れる。どうかこのままずっと普段通りになってと心から願うばかりです。今回は、そんな春の近況をさらりと書き記したいと思います。

昨年12月に突発性難聴で入院をしたと記事にしましたが、どうにも今年になって調子が出ない。耳は、何ともないのですが異常な肩こりと首痛に体力の低下。とうとう3月後半は、ほとんど寝込んでしまった。昨年の秋辺りからの忙しさに加え年度末に向けての追い込み仕事などちょっと忙し過ぎたのだろうと多寡をくくっていたのですがどうにも調子が悪いので主治医の先生に経過を説明して診て頂いた。すると直ぐに胃カメラ検査の指示。そこで小さな潰瘍が見つかり原因が判明して処置して頂いた。どうやら入院時のステロイドの副作用で胃に小さな潰瘍が出来てそこから出血していた模様。その潰瘍は、1センチにも満たない物でしたが老人と言えどもまだまだ元気はつらつのおやじの気力体力を奪う程とは、ただただ驚きであった。思えば20数年前に尿管結石になった時もたった1.5ミリ程度の結石が大の大人を何日も何日も七転八倒させた訳ですから人間て痛みで気力体力がてき面に奪われるんだなぁ~とつくづく感じ入る。私の場合は、信頼できる主治医に巡り会えている事に心より感謝してこれからも先生を頼りに病院と仲良く健康で長生きしたいと心から願う。

そんな年度末に初めての私立学校からのピアノ調律依頼があった。年式の古いグランドピアノ2台の調律依頼だった。どちらも定期的に調律がされているが何とも今一つピンとこない音、かといって大きな問題がある訳では無い。まぁ~いつもの様にボランティアで出来るだけの事はやってあげちゃおうと奮起した。調律は、古い弦なので渋滞が酷くて苦労するが問題は、整調と整音。過去毎年調律されて弦合わせなどもきちんとされているのにその先の調整が一切されていなかった。時間が無かったのかな?と思うのだが跡形をみるとかなり長い期間この狂った調整のままで使用されて居た事が分かる。「よしよし、調子が悪かっただろうに!おじさんが治してあげましょうね~!」と話しかけて作業に取り掛かった。4時間以上の長丁場だったがあの古いピアノが良い音に蘇った。「どうよ、良い感じになっだろう!」と話し掛けると少し胸を張って堂々としてる様に見えた(笑)!

次の音楽室のピアノは、YAMAHAのS400Bだった。いや~さすが私立学校、こんな高級ピアノが入っているんだ!とちょっと驚いた。このピアノは、YAMAHAのサロンピアノとして贅を尽くした名器で兎に角良いピアノ。丁度同じころにKAWAIは、RXAというサロンピアノの名器を世に出している。楽器業界がまだまだ元気の良い頃でバブル時代の高級路線とでも言いましょうかどちらもあの当時400万円弱のこの2台のピアノに出会うと調律師は、訳も無くただただ嬉しい。すぐさま、音を出すと良い音はしている物のパワーはあるがキンキンしてうるさい。「いや~可愛そうにもっと福与かに音が伸びたらいいのになぁ~!しょうがないからおじさんが良い音にしてあげましょう!」と話しかけて作業に取り掛かった。と言っても元々素性の良いピアノだから調律はチャンチャンと直ぐに終えて整調・整音に多くの時間を割いた。ハンマーに針を刺すとその感触からして良いハンマーだなぁ~と分かる。今では、こんな良いハンマー作れないのかなぁ~とその感触を存分に楽しみながら徐々に音を仕上げて行った。ピアノが仕上がった所で音楽専科の先生に弾いて貰うと触った瞬間に驚いた顔をして「良いですね~!別のピアノになったみたい!」とピアノが良くなった事を直ぐに理解してもらえた。一日がかりの仕事だったがこの高級ピアノで授業を受けられる生徒達は幸せだなぁ~と私立学校の設備の充実さに感心しながら思い通りに仕上がった仕事に自己満足して上機嫌で帰路に着いたが肩と首の激痛は、増すばかりだった。

昨年より修理依頼を受けていたLESTERピアノ。本来ならば昨年末にお届け予定だったのですが入院騒ぎなどで今年に持ち越してしまった。初期の全館空調で過乾燥の為ピン板は割れて、響板も割れて調律が出来ない状態。以前の調律師が太いチューニングピンに数本交換していたがそのピンも留められない状態でとても弾ける代物では無かった。ピアノの状態と修理費用を鑑みて弊社での請負を一度はお断りしたがお客様は、「どうしても愛着のあるピアノを諦めきれない」と改めて修理のご依頼を受けたのが昨年の6月あたり。ピン板交換に響板木工修理に弦ピン交換に始まり外装の全塗装まで一台まるまる作り直し状態でかなりの時間を要した。象牙鍵盤は、黄色く黄ばんでいるので白く漂白したり劣化した部品は、全て新品に交換したりと細々した作業が昨年より続いていた。ちょっと専門的になるがこのピアノは、バットフレンジのブッシングクロスがナイロンみたいなプラスチックみたいな緑色の新素材になっています。一時期ニューヨークスタンウェイ社が形は違いますがテフロンを短期間使用していました。色々と問題があって今は全く見かけなくなりましたがこのピアノは、スタンウェイ社の物とは物も形状も全く別物なれど発想が同じなのかもしれません。ただかなりの数にガタがあってセンターピンを交換してたりして悪戦苦闘しながら全ての作業を完璧に終えた。椅子は、昔から使っている思い出の傷が詰まったトムソン椅子。お客様は、それを使いたいと仰るのでそのままお届けする事にしたがピアノは、誰が見ても新品の状態なのに椅子だけ傷だらけというのは、私的にどうにも気が済まない。お客様のお気持ちも理解出来るがピカピカのピアノにボロボロ(ちょっと失礼だが)の椅子じゃ~と内緒で新品の角椅子をお付けする事にした。お客様は「ピアノにはピカピカの新しい椅子を使います。古いトムソン椅子は、チェロを弾く用に使います(笑)。」と全てに満足して頂いた様子に安堵した。何より弦も何もかもが新品になっているのでこれからが長いお付き合いになります。私も信頼のできるピアノの主治医の様な存在に成れます様に更なる努力をしてまいります。もちろん健康に十分留意しながらですね(笑)!

 

 

12月に突発性難聴で入院

2022年12月も残すところ後2日。年を重ねると一年が早い早い。思えば2022年1月早々に関東地方にも雪が積もったその時に弊社のサーバーが漏電でパソコン共々内部のハードディスクが破損。大切なお客様のデーターが台無しになってしまった。高額を支払って業者にデーター復旧依頼もしたが全て無駄だった。この件に関してはもちろんバックアップをしたりと万全の対策をしていたが対策をしていたつもりになってしまっていて、いざトラブルが発生するとその対策の甘さが致命的な事態を招いてしまった。残念としか言いようがない新年のスタートになってしまったが音楽業界もようやく通常活動に戻って忙しくなってきた所にロシアのウクライナ侵攻や急激な円安と不安を煽る出来事が相次いだが一度通常に戻ってしまうと勢いがあってどんどん仕事が増えてピアノも売れてとかなり忙しくなっていた。ここ12月に入って更に忙しさが増した所にどうやら疲れが溜まってしまった様で突然突発性難聴を発症して緊急入院してしまった。ただでさえスケジュールが遅れに遅れているのに12月は、仕事をこなすこともままならずに大変ご迷惑をお掛けしております。また、創業以来毎年欠かさず元旦にお届けする年賀状の準備も出来ずに今回は、データー破損の問題もありまして初めて年賀状を失礼する事になってしまいました。皆様、いつも弊社を御ひいきにして頂いて誠にありがとうございます。弊社は、例年通りにピアノを通じて皆様と音楽業務に徹して活動を邁進しております。12月の入院騒ぎで皆様には、大変ご迷惑をお掛けしました事、大変心苦しく思っております。どうぞ来年も今までと変わらずによろしくお願いを申し上げる次第でございます。今回は、そんな入院のお話を記事にしたいと思います。

天井が高くて残響音が長い円形の会場

ステージが広くてピアノの位置決めが難しい会場

12月13日の夜。突然かなり大きな音で耳鳴りがしだした。何時もの様に自分流の処置をしたがちょっと様子が違う強烈な耳鳴りに不安を感じて殆ど眠れずに朝を迎えた。朝になっても耳鳴りの音は、まったく変わっていなかったのでスケジュールを全てキャンセルして耳鼻咽喉科に行く。診察をして聴力検査などをして先生から「耳を使うお仕事をされているので直ぐに入院をして治療をした方が良いと思います。今日、明日に入院出来ますか?」と聞かれて「明日は、コンサートの仕事がありますので明後日ならいや来週からなら」というと「早い方が良いので明後日に入院で紹介状を書きますので今からその病院に行って手続きをしてください」と言われて急ぎ病院に向かった。そこで新たに診察を受けると「いわゆる突発性難聴といわれるもので原因は、血流が悪くなって起きるとかストレス・睡眠不足色々言われますがちゃんと原因が分かっている訳ではありません。ただステロイドがとっても効果があるという事が分かっています。右の耳の聴力が全般に下がっているので入院して治療をします。高ステロイドとお薬を点滴で入れて様子を見ながら脳の検査もして10日くらいの入院になりますから退院は、12月25日ですね。如何でしょうか?」と綺麗な女医さんに言われたので「どうぞよろしくお願いします。」と全てをお任せする事にした。「今日明日分の薬を処方しておきます。」と言って診察を終えたがそれから入院の手続きに説明やら色々とやたらと時間のかかる事が多くて私の場合は、耳鳴りはしているが体はいたって健康なのでまぁ~良いがこれ具合の悪い人は、この時間で病状悪化するなぁ~とか考えながら時間を費やして綺麗な女医さんにも診て貰ってとっても気分が良いのか入院を覚悟した安堵感か耳鳴りの音がすこし小さくなって来た様な気がした。

鍵盤の小口を全てはぎ取った所

入院前に全てのブッシングクロスと小口を貼り終えて安心した所。

退院の翌日に総仕上げをして完成。後は梱包してお届け。

翌日、朝起きるとほぼ耳鳴りは収まっていた。今日は、随分前から指名で入っていたコンサートの調律。左耳は、まったく問題なく聞こえるので左耳で調律すれば問題ないのですが万一何かあるといけないのでチューナーを持って出かけた。会場は、響きの大きい、残響音の長い天井の高い会場で右耳の具合も問題無く普通に調律が終えた。チューナーを使うとかえって時間が掛かってしまうので普通に短時間で作業が出来る事が確認出来て何より良かった。するとピアニストとクラリネット奏者がやって来て早速、音合わせを始めた。しばらくその音を聞いていたが。とっても良い調律が出来て安心した。急ぎ会社に戻ってお客様からお預かりしている鍵盤修理をある程度やっておかないと年内にお届け出来なくなっちゃう。

体育館は、室温5℃でとっても寒かった。

通常学校のピアノではありえない最高級ピアノ。毎年弊社が手を入れて管理しているので抜群に良い音がする(笑)。

鍵盤のフロント・バランスのブッシングクロスの交換と鍵盤の小口交換の仕事。この修理は、ピアノ調律師の交換修理としては一番多いと思う。現にほぼ毎月この修理をしない月はありませんしこの12月も既に一台修理してお届けしているもっともポピュラーな仕事ですが綺麗に仕上がるとすごく高級なピアノに生まれ変わって弾くと直ぐに判るのでお客様には、とっても喜んで頂ける。鍵盤小口交換もこれは黄色く汚く変色した鍵盤の一部が新品に変わる訳ですから誰でも一目で綺麗になった事が確認できます。入院の前日にこれだけはと思っていた事をやり遂げてなお、耳もほとんど回復しているので入院しなくても良いかなぁ~とも思うのですが、ここは、覚悟を決めて休暇だと思って沢山の本を持ち込んで金曜日から入院した。その日からステロイドの点滴が毎日始まり月曜日に聴力検査をするともうすっかり回復していた。先生は、「もう聴力回復していますね。ただ脳のMRIの検査とステロイドは、徐々に量を減らしていく必要があるので今週の金曜の退院にしましょう。」と早めの退院を素直に喜んだ。入院中は、朝から美味しくないが量は多い食事で苦しんで体は元気なので毎日スクワットを何セットもこなして本を4冊読破した。コロナでお見舞いも一切なく病室のWi-Fiでパソコンは使えるので事務仕事は難なくこなせた。電話で異業種の友人曰く「ここの所、梅根さん仕事詰め込みすぎてるなぁ~と思っていたんですよ。働き過ぎですよ!もうそんなに稼がなくても(笑)!」彼の言葉をそのまま妻に伝えると「だって週休二日にするって言ってたのに全然休みが無いじゃない。働き過ぎなんじゃないの?もう年なんだから無理は効かないって警告ですよ!」とやんわりと叱られた。退院の日から仕事の手配など事務処理を終えて翌日には、あの鍵盤修理を完成させて26日にお届けした。その後、毎年の冬休み学校調律のスタートで年内やれる事は全てやりこなしてどうやら2023年をお迎えする準備を整えました。この一年色んな事がありましたが皆様に支えながら一年を過ごすことが出来ました。また、つたない内容のこの記事も多くの方々に読んで頂きまして心より感謝申し上げます。来年度は更に健康で更なる質の高い仕事を追求する事で皆様の信頼にお応えしてまいります。今後とも鎌倉ピアノ芸術社をよろしくお願い申し上げます。