「#ピアノ調律 神奈川」タグアーカイブ

営業自粛の様子NO.2

2020年7月は、梅雨前線の影響で熊本県南部を中心に今までに無い記録的豪雨による被害が発生した。この前線の影響は、岐阜県やその他の地域にも及んで多数の死者や行方不明者・浸水被害に土砂災害と未だ予断を許さない。この災害によりお亡くなりになられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げると共に被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。弊社は、微力ではありますが、各地の異業種の仲間達と力を合わせて活動の支援を行ってまいります。さて今回は、前回の続きで自粛中の様子を記事にしたいと思います。

ゴールデンウィークも自粛であっと言う間に過ぎて5月9日を迎え営業自粛宣言が終了した。しかし何だか世間の様子からしてお客様宅に電話を入れるにはちょっと気が引けて躊躇しているとお客様の方から続々と電話が入った。「ホームページで休業しているのを知っていたのでお電話するのもどうかなと思っていたんです。もう再開されましたか?」と「ホームページ見て頂いてありがとうございます。弊社もアルコール除菌の後にゴム手袋とマスクをしてお客様宅にお伺いする事にしておりますが、もしそれでよろしければ是非お伺いさせて下さい。」そんなやり取りしてご連絡頂いたお客様から徐々に仕事を再開する事にしました。そんな折にホームページからのお問い合わせで新規のお客様からの申込み重なりお伺いすると「在宅勤務で時間が出来たというより少しゆとりが出来てまたピアノを始めたいなと思って」また別のお客様は「またピアノを始めたいんですが近所に聞かれるのが恥ずかしくて消音ピアノユニット(サイレントピアノユニット)を取り付けて頂きたいんです。」または、以前私がお伺いしていたお客様で「ご無沙汰しております。またピアノを始めたので調律をお願いします。」などなど休業明けにお客様からのお電話やメールに私も徐々にエンジンが掛かって来て弊社はすんなり再開する事が出来ました。その新規のお客様の中に関西のご実家からアップライトピアノを運んで使える様にして欲しいとのご依頼があった。運んでいざピアノを見るとYAMAHA U3H。長年調律を行っていないので相当に音が下がっている。フレンジーコードは、想像通り沢山切れている。88鍵分全てのフレンジコードを交換して整調・整音・調律をする事にした。十分に休息は取ったので有り余るエネルギーで仕事がはかどるはかどる。やっぱり仕事は、良い物です。何よりどんどんピアノが蘇ってくると楽しくてならない。

休業中も弊社商品倉庫でピアノの入れ替えに伴い在庫ピアノの手入れや保管ピアノの出荷と完全に休業とは行かなく「今日出来る事は、今日やる!」の意気込みでモチベーションを保った。体をいたわりながらゆったりと休みを取り入れて仕事をこなしているとミスも無く意外に早く仕上がる。今までの集中して一気に短時間で仕上げる方法とトータル的には大きな時間の差は無い事に気づいた(笑)。性格なんでしょうね、集中すると終わるまで止めたくない性格。しかしゆっくりと取り組むと作業が進む毎に片づけをしながら掃除をしながらまた作業を進めるとかえって効率が良く気分も良く何より体が楽!この歳になるまで何やってたんだろう!とちょっと凹んだが、これも休業して時間のゆとりが出来て気持ちの上で見つめ直す良いきっかけとなった。

別の新期のお客様宅では、調律した後で「消音ピアノユニット取り付けて頂けますか?」と、ありがたい注文を頂いた。このユニットの取り付けについては、本ホームページの記事の中で何度となく取り上げていますが、どうやらお客様は、ちゃんと記事をお読みになっているらしく一日掛かりの仕事になりますがと申し上げると「その様ですね宜しくお願いします。」と十分に下調べをされてからのご依頼であった。ありがたい事にこの様なご依頼で立て続けに消音ピアノユニットの取り付けの仕事が続いた。また、「連絡しようしようと思いながらついつい忙しくて先送りになってしまって(笑)。」そんなお客様が多数これを機に電話くださって何年ぶりの再会と成ったりと休業明けの仕事は、想像と相反して忙しくなった。しかし申し訳ございませんが、3月から6月の調律予定のお客様に置かれましては、ちょっと予定が遅れて混乱しております。まだまだコロナウィルス騒動は、収まっておりませんので徐々にご連絡を差し上げまして感染防止のご了解を頂けましたらお伺いさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。今回の騒動で私も色んな会議は、全てZOOMインターネット会議になった。年齢が年齢なので会議となると多少の発言をする機会もある?いやどちらかと言えば発言は多い方ですが(笑)、ネット会議となると何だか噛み合いが薄れて空気感が読めずに発言する気持ちが起きてこない!これから世の中、どんどん在宅ワークに打ち合わせや会議はネットに移行するようですが、本当にそれで良いのかな?もちろん全てがそうなる訳では無いでしょうが、世の中の仕組みは、その方向性にシフトして行くのでしょう。最近お伺いしたお客様達皆さん口を揃えて「主人が毎日家で仕事しているともう大変なんですよ!」「朝・昼・晩3食、食事作らなきゃいけないし子供が居るのは良いんだけど早く会社に行って欲しいわ(笑)!」と段々エキサイトして来て「仕事しているとか言って覗いてみるとYouTube見てたりしてるんですよ(笑)」と「まぁまぁ、たまたま休憩してたんでしょう(笑)」と言うと「ほとんど休憩なのよ(笑)!」とお互い他愛無い話や美味しい物の話で盛り上がって「今日は楽しかったわ!久しぶりに大笑いしたわ!」と言って頂いた。ふと、僕も休業中は、そう思われていたのかな?いや休業中、家に居る時はお昼の支度は、豪華に全て僕が作ったし率先して食材の買い出しは行ったしなぁ~?と考え直した(笑)!次に自粛要請があった時は、晩御飯も作らなきゃならないかな?

コロナウィルスの影で!

世界中で猛威を振るっているコロナウィルス。オリンピックも延期になり不要不急の外出禁止要請。長年生きてきて初めての出来事です。全く先の見通しがつかないこの事態が一日も早く終息する事を願って最近の様子を時系列に沿って記事にしたいと思います。

例年通り2月は、普段の仕事に加え、学校調律の時期ですがいつもと様子が違う。体育館で調律をしていると先生方が卒業式の準備をしているが、パイプ椅子の数が少なくあっと言う間に準備が終える。「もう終わりですか?」と先生に聞くと「今年の卒業式は、生徒だけで行うんですよ。コロナウィルスの影響ですね!」卒業式や入学式にも影響を及ぼしてご両親にとっては残念でならないであろう。更に東関東大震災で入学式が中止になった子供達が9年経って中学の卒業式にこのような事態が起きようとは、誰にも予想出来ない事で可哀想でならない。どうか、この様な因果に負けじと明るく強く育って欲しいと心から願う。

今年の初めからポロポロと売れ続けたピアノの納品準備が連日続く。ピアノ買取価格の高騰の影響で中古ピアノ販売価格も当然上がり中古とは思えない金額になってしまっている。既に十分良い状態に仕上がっているピアノですが、購入が決まるとお届け前に再度調整を繰り返して飛びっ切りの良いピアノに仕上げてお届けするのが弊社の使命だと考えて連日作業に没頭する。一つ手を入れるとピアノが喜んでいる様でついつい大して減っても居ない部品もついでに交換しちゃおう、どうせなら高い部品に交換しよっと!と調子に乗って作業を進めるとあからさまに利益が減って「ちょっと安く売り過ぎたかなぁ~」と後悔するがどんどん良い音・良いタッチに変わって行くとそれだけで自己満足してまぁ~損はしてないから良いか!と心に言い聞かせる(笑)。実際そのピアノに掛かった作業時間も計算に入れると・・・考えただけで後悔するので考えない事に(笑)。

 

その作業時間ですが、経験と技量により差は出ますが、実際は使う工具や道具によって大きな差が出ます。もちろん調律師によっては、2~3カ所部品交換や調整はやった事があってもピアノ一台88鍵となるとやった事が無い調律師が多いかもしれません。経験は、それを何台も作業する事で養われます。何度も失敗してやり直したり作業効率を上げるために新たに治具を作ったり試行錯誤を重ねると経験と技量が上がると考えます。きっと沢山失敗した方が経験値があがりそれを克服するために色々考えぬいて技術が向上するのでしょう。また、新たな治具や工具を新調すると早く使ってみたくて、もうそれはワクワクして楽しくてたまらない。それを作業時間計算に入れるのは?ちょっと気が引けるので考えない事にしています。本当にそんなので良いのかな(笑)?ちょっと不安!

 

 

そんな折に仕事先の観光協会の方々との話で旅館関係は、中国人観光客のキャンセルが立て続けで当然日本人もキャンセル。開店休業状態と深刻な様子。弊社の仕事もコンサートの中止の連絡が軒並み入り加えて2月から4月までの結婚披露宴の延期の連絡が入る。そんな3月の3連休は、山梨県に仕事で出かけた。コロナウィルスの影響で高速道路も空いているだろうと思いながらも早めに家を出たが連休の初日だったせいかはたまたお彼岸なのか大大大渋滞。天気に恵まれた事も重なり最初のお客様宅に1時間30分遅れの到着。遅れたにも関わらずお土産まで頂いて上機嫌で友人と待ち合わせしたレストランへ。3~4年前に知り合った山梨に住む実業家であり学者でもありオーデイオのプロである大先輩に会いに遅れて到着した。そのイタリアンレストランは、キングスウェルといって落ち着いた雰囲気に上質なサービスと美味しい贅沢な料理が振舞われる。手入れの行き届いたイングリッシュガーデンにコンサートホールを併せ持つ。珍しく木造建築で品の良い自然な響きが心地良いホールには、ベーゼンドルファーとパイプオルガンが鎮座している。大先輩の計らいでオーナー自らが案内して頂いてベーゼンドルファーとパイプオルガンを触らせて貰った。今まで触ったどのベーゼンドルファーよりも音がふくよかで伸びる。あ~良いピアノだ!ホールの響きも相まって思わず調律したくなる(笑)。パイプオルガンは、正しく楽器の王様。少し鍵盤を押さえるだけでホール中に響き渡る大迫力に圧倒され身も心も清められていく感じがした。大先輩と友人と共に楽しい時間を過ごして上機嫌で帰路に就いた。帰りも当然大渋滞でしたが如何せん上機嫌なので全く疲れ知らずにちょっと遅くに帰宅した。「世の中、コロナウィルスで大変なのに大渋滞だったよ。驚くよ!」と妻に報告すると「あなたも遊びに行ったんでしょ?同じじゃない(笑)!」と一喝され、あいなく撃沈された。

 

 

 

ピアノ調律師として嬉しかった事

気付いたらもう12月、今年も残す所3週間余りになってしまった。こうやってあっという間に歳を重ねて行くんでしょう。慌ただしく過ぎ去る日々でも一日一日は、色んな出来事や新しい出会いがあって充実した日々が送れている。今回は、長年現役ピアノ調律師をやってきてとても嬉しかった事、そんな様子を記事にしたいと思います。

現在、政府指導により推し進められているキャッシュレス。弊社も早々に対応してピアノ調律にお伺いしたお客様宅で手続きが出来ます。それに合わせて経済産業省による消費者還元事業、キャッシュレス5%還元は、11月21日よりようやく対応となりました。これにより来年6月末までは、電子決済をして頂くと5%が返金されると増税どころかかえって減税状態。特にピアノ代金など高額な決済ですとその金額は、大きくなります。私も車のタイヤ交換をクレジット決済してカード会社からの請求書に5%還元と思いもよらぬ金額がプラスされていて凄く得した気分になった。あのタイヤ屋さんで交換して良かった!とあそこが還元してくれた訳では無いのに(笑)。どうぞ弊社のお客様も是非ご利用ください。※但し一部のクレジット会社や決済方法には還元されない場合がありますので弊社にお問い合わせください。

9月の増税前は、ピアノ納品で大忙しで10月以降は、きっと静かになるんだろうと思っていましたが何故か10月に入ってもポコポコとピアノが売れた。お1人は、コンクールがあるので急ぎ納品であったりもう一方は、弊社の在庫で外装は、仕上げていたものの忙しくて内部に手を入れていない商品。ただそのピアノは、昔弊社で販売したピアノで私が毎年調律管理をしていたピアノなので何ら問題が無いものの新たなお客様のお宅に嫁ぐとなると消耗部品の交換など十分に手を入れないと気が済まないのでまたまた嬉しい楽しい仕事で大忙しです。どのピアノも最終的に私が弾いて聞いて満足のいく状態に仕上がってから嫁ぎ先へお届けするのですが毎度出荷の時は、ちょっと心配で寂しい気持ちになる。ちゃんと丁寧に使ってもらえるだろうか?乱暴に扱って傷とかつけられないだろうか?とか良い歳した親父がちょっとセンチになる瞬間です(笑)。

そんな中、弊社のお客様宅に調律にお伺いした時の事です。最初は、長女が小学生1年子供3人の為に購入したピアノ。毎年調律にお伺いして25年。ここ数年は、皆さん社会人になられてピアノに向かう事がとても少なくなっていました。当然です、人生の中で一番美しく麗しい時期に休日の度に家でピアノに向かわれると逆にこっちが心配になってしまう。今回も、夕方のちょっと遅い時間に調律にお伺いするとピアノが何時もの状態じゃない!お母さんに「何か凄く弾いてるじゃないですか(笑)」と云うと「ここの所、姉妹3人が一生懸命練習してるんですよ」「え~どうしたんですか(笑)」と聞くと「やっと長女が結婚する事になったんですよ。長女の結婚式で皆で連弾すると言って最近3人が練習してるんですよ。」「それは、おめでとうございます!良いですね披露宴で姉妹で連弾なんて姉妹仲良くて僕が嬉しくなってしまいますね~(笑)」「今日、梅根さん来るから早く帰ると言ってましたよ!」「じゃ~お会いして詳しく聞きましょうね(笑)」と言って作業に入った。全ての作業が終えてお母様と雑談をしていると「ただいま~」とお嬢さんが帰って来た。「こんにちは!車があったから間に合ったと思って(笑)」と言って肩で息をしている。ちょっと雑談をしてお嬢さんが「私、結婚する事になったんです。」「いや~おめでとうございます。良かったね!披露宴で姉妹で連弾するんですって?随分ピアノ弾いてるなぁ~と思ってビックリしたよ(笑)。」「はい!上手く弾けないからもう皆で必死です。」と言って演奏する楽譜を見せてくれた。「良いですね。とても思い出に残る良い披露宴になりますね!なんだかオジサンも嬉しいですよ。ところで式は何時なんですか?」と聞くと「来年の〇月〇日なんです」と「もうすぐじゃん(笑)いや色々と忙しいだろうけど練習も頑張ってね(笑)!ところで結婚式は、どちらで東京ですか横浜?」と聞くと「鎌倉です!」すると一緒にいたお婆ちゃんが「鎌倉で結婚式あげるというんだけど今時鎌倉と言ってもねぇ~そんな所あるんですか?」というので「鎌倉ってもしかして海の真ん前の○○?」と云うとお嬢さんが「そうです!知ってます~?」というので「よ~く知っていますよ!海の真ん前でとってもロケーションが良くて料理もとても美味しい所です。なんと当日の披露宴のピアノは、オジサンが調律するんでよ(笑)」「え~(笑)!そうなんですか?」「創業時からずっとオジサンがあそこのピアノを管理しているんですよ。いや~なんだか嬉しいなぁ~だって子供の頃から一年に一回だけどずっと知っていて今度は、人生の晴れ舞台もオジサンが調律やるんだから何だかとっても嬉しいなぁ~!」お婆ちゃんが「そうなんですか、それならば安心です。宜しくお願いします」と言うと皆が「よろしくお願いします(笑)」と言って大笑いをした。ピアノ調律師の仕事をしていて今回の様な不思議な縁がもっとも嬉しい瞬間です。長年お世話になったお客様のお子さんが立派になられて成人して関りは薄くてもその成長をずっと知っている訳ですからこんな喜ばしい事はありません。世の中に色んな職業がありますが長年のお付き合いが出来る仕事は、そうそうないのでは無いかな?とも思う。この仕事を続けて一番嬉しい事かもしれません。そろそろ引退が見えて来た歳になりましたがまだまだ現役調律師にこだわってもっと頑張りたいと思った嬉しい出来事でした。